環境保全活動を定量的に把握し、効率的に推進していくために2004年度より環境会計を導入しています。

基本的事項

集計範囲

株式会社 長谷工コーポレーションの活動

  1. 1.完成工事123作業所(新築:98、解体:25)
  2. 2.オフィス(東京地区:芝本社ビル・横浜支店・埼玉支店、関西地区:大阪平野町ビル、名古屋支店・京都支店)

対象期間

2016年4月1日~2017年3月31日

集計方法

「環境会計ガイドライン2005年版(環境省)」、「建設業における環境会計ガイドライン2002年版(日建連)」を参考に、以下の項目について集計しました。

  1. 1.事業エリア内コスト
    1. (1)公害防止コスト:大気汚染、水質汚濁、騒音・振動防止対策等の費用を集計しました。
    2. (2)地球環境保全コスト:温暖化防止、省エネ、オゾン層破壊防止対策等の費用を集計しました。
    3. (3)資源循環コスト:廃棄物の分別・リサイクル、適正処理等の費用を集計しました。
  2. 2.上・下流コスト
    環境配慮設計提案に要した人件費を集計しました。
  3. 3.管理活動コスト
    環境保全管理活動費及びISO14001:2015運用・維持費を集計しました。
  4. 4.研究開発コスト
    環境保全に関連する研究・技術開発費を集計しました。
  5. 5.社会活動コスト
    環境関連団体・地域への寄付、支援等の費用を集計しました。
  6. 6.環境損傷コスト
    周辺環境補修費及びマニフェスト伝票購入費(基金分)を集計しました。

環境保全コスト

※ この画像はピンチアウトで拡大できます。

環境保全効果

※ この画像はピンチアウトで拡大できます。
  • 事業エリア内の効果、オフィス活動:電力使用量は2015年度より横浜、埼玉、名古屋、京都支店を加えています。
  • 上・下流の効果、グリーン調達:Hfインバータ方式照明器具・長尺塩ビシートは2013年度より、押出し発泡ポリスチレン・鋳鉄管は2016年度より算出しています。

集計の結果

  • 2016年度に支出した環境保全コストの総額は、4,849百万円でした。2015年度と比較して1,039百万円(27.3%)増加しました。
  • 環境保全コストの86.4%が「事業エリア内コスト」で、そのうちの90.3%を「資源循環コスト」が占めました。資源循環コストは2015年度と比較して679百万円(21.9%)増加しました。
  • 建設廃棄物排出量は、2015年度と比較して103千t(24.7%)増加しました。
  • 施工活動のCO2排出量(新築工事)は、28.9千t-CO2でした。2015年度と比較して6.4千t-CO2(18.1%)減少、原単位での比較では10.43t-CO2/億円で0.61t-CO2/億円(5.5%)減少しました。
  • オフィス活動によるコピー用紙使用量は、1,813万枚でした。2015年度と比較して185万枚(9.3%)減少しました。
  • オフィス活動のCO2排出量は、2,113t-CO2でした。2015年度と比較して32t-CO2(1.5%)減少しました。