資源調達の際、環境負荷の小さいものから優先的に選択する取り組みがグリーン調達です。
2016年度のグリーン調達の取り組みは、グリーン調達資材14品目について調査し、数量を把握しました。
今後対象品目については、グリーン調達の実績・社会情勢を考慮して、随時見直し・追加していきます。

※ この画像はピンチアウトで拡大できます。
  • Hfインバータ方式照明器具、長尺塩ビシートは2013年度より、押出し発泡ポリスチレン・鋳鉄管は2016年度より算出しています。

高炉セメントB種

高炉セメントB種は、ひび割れの抑制、耐化学性に優れており、主に杭コンクリートに採用しています。また、セメント製造時に発生するCO2は、セメントの中間製品であるクリンカの製造過程で最も多く発生しますが、高炉セメントB種は、普通セメントに比べ、クリンカの構成比を大幅に引き下げることができCO2の削減に繋がります。 2016年度の当社の高炉セメントB種の採用実績は、255,000m³で約28,500tのCO2削減となりました。

杭コンクリート打設

パーティクルボード

建設作業所から発生した木くずは、再資源化施設に持ち込み、パーティクルボードに再生されます。再生されたパーティクルボードを再び作業所で二重床の材料として使用する、循環型マテリアルリサイクルを行っています。また、原木からの製造過程に比べ、CO2の削減にもなり、森林の保護やCO2の削減等、環境負荷の低減を図っています。
2016年度のパーティクルボードの納入実績は1,160tで、約770tのCO2削減となりました。