• TOP
  • CSR
  • 理念体系と4つのCSR取り組みテーマ

理念体系と4つのCSR取り組みテーマ

長谷工グループのCSR

長谷工グループ企業理念

都市と人間の最適な生活環境を創造し、
社会に貢献する。
私たちは、住まいと暮らしの創造企業グループとして、企業理念の実現に向け
以下のCSRビジョンのもとに、CSRへの取り組みを推進していきます。

CSRビジョン

大切な暮らしを、もっと、ずっと。 私たちは、一人ひとりの暮らしに寄り添い、よりよい毎日を創っていきます。未来を想うまちづくりに、人びとと共に挑戦していきます。
暮らしを取り巻く社会課題領域
  • 気候変動対応
  • 生態系保全
  • 安全・安心
  • 防災・災害対応
  • 地域活性化
  • 人口動態変化・高齢化社会への対応
  • ダイバーシティ推進
  • 女性活躍
  • 健康・医療・介護
  • 職業教育・雇用機会創出
  • 保育・子育て
  • 持続可能な消費
  • 資源循環

CSRビジョン策定

グループ各社の若手〜中堅社員を中心に集まったワーキンググループ(WG)での議論を通じて、CSR取り組みへの共通理解を深めるとともに、グループとしての目指す姿(CSRビジョン)を明文化しました。CSRビジョンの議論は、並行して実施したマテリアリティ特定の結果も考慮しながら進めました。

WGメンバーから出された意見
  • 従来の「長谷工らしさ」を大切にしつつも、新しいチャレンジの可能性も考慮に入れたCSRビジョンが策定できました
  • CSRの意義や「本業を通じたCSR」への社員の理解はまだまだなので、社員への浸透が今後の大きな課題です

CSR方針

私たち長谷工グループは、CSRビジョンの実現に向け、次の方針のもとに、
CSRへの取り組みを推進していきます。
  1. 住まいと暮らしに関わる幅広い事業を通じて、持続可能な社会の実現に貢献します。
  2. 環境や社会に配慮した事業プロセスの実現に向けた取り組みを、ステークホルダーと協働して推進します。
  3. 生活者をはじめとする様々なステークホルダーの期待に応え、社会に新たな価値を生み出し続けていくために、グループ総合力を最大限に活かすマネジメントを強化します。
  4. 企業活動のすべてにおいて、高い倫理観のもとに、法令遵守を徹底します。
  5. CSR取り組みの継続的な改善を図っていくとともに、情報開示を積極的に進め、組織としての透明性を高めます。
CSRへの取り組み推進の核となるのは、
私たちが大切にしている
「グループ総合力」です。
人・組織と
連携力
チャレンジ精神と行動力にあふれる人材が、社内の様々な部署、グループ会社、取引先、地域の皆様とともに、社会の期待に応える新しい価値を創出します。
生活者目線
私たちは、日本のマンションの歴史を生活者とともにつくってきました。 住まいと暮らしの現場の最前線で、生活者のニーズを常に開拓し、長谷工の総合力を活かした商品・サービスを形にします。
住まいと暮らしの
技術・ノウハウ
住まいと暮らしに関わる幅広い技術とノウハウを基盤に、さらなる社会・環境課題の解決を後押しする技術開発や事業提案に積極的に取り組んでいます。

4つのCSR取り組みテーマ

4つのCSR取り組みテーマ決定の背景

「4つのCSR取り組みテーマ」決定にあたっては、グループ各社の若手~中堅社員を中心に集まったワーキング・グループでの議論を通じて、今後の長期的な成長を図るうえで重要なESG:環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の要素と、長谷工グループの強みを取り纏め、テーマを決定しました。

んでいたい空間
  • 安心・安全・快適
  • 多様なライフスタイル
  • コミュニティ
  • 暮らしの環境配慮
いていたい場所
  • 多様な人々の活躍
  • 労働環境・安全衛生
  • 人材育成・技術継承
  • サプライチェーン
大切にしたい風景
  • 資源循環
  • エネルギー・CO2
  • 汚染予防・周辺環境配慮
  • サプライチェーン
信頼される組織風土
私たちが大事にしているグループ総合力
生活者目標/住まいと暮らしの技術・ノウハウ/人・組織と連携力
  • 企業論理・法令厳守
  • 人権尊重
  • CSR教育・啓発
  • 情報開示・対話の強化
  • 社会貢献・活動推進
  • グループ総合力強化
  • んでいたい空間

    様々なひとが安心して暮らし、成長し、それぞれのスタイルで活き活きと過ごす空間をつくっていきます。保育、教育、介護、福祉など、暮らしの質を上げていくための事業を推進していくとともに、さらなる安全・安心と環境配慮を暮らしのスタンダードにしていきます。

  • いていたい場所

    多様な人びとが活躍する、安全で生産性の高い職場をつくっていきます。住まいと暮らしに関わる技術とノウハウを備えた人材が、熱意溢れるチームワークの広がる職場で、協力会社とともに今と未来のまちづくりに挑戦していきます。

  • 切にしたい風景

    住まいをつくり、暮らしのサービスを提供するプロセスの環境配慮を推進します。生態系への影響に配慮し、資源・エネルギー効率の向上を追求し、協力会社とともに自然を大切にする現場・職場をつくっていきます。

  • 頼される組織風土

    ステークホルダーから信頼され、ともに価値を生み出すグループであり続けるために、組織として果たすべき取り組みを着実に実践していきます。また、グループの総合力を活かすマネジメントを強化し、住まいと暮らしの新たな社会・環境課題を的確にとらえ、事業を通じた社会貢献の領域を常に開拓していきます。

長谷工グループのCSR取り組みと関連性の深いSDGs 10目標

SDGs(国連の持続可能な開発目標)の17目標のうち、長谷工グループの事業と関わりの深い10目標を特定しました。
長谷工グループの事業は世界の社会・環境課題と密接な関わりがあることを認識し、事業を通じた課題解決によって、社会価値の創造と長谷工グループの成長を両立させていきます。

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
  • SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標

長谷工グループのマテリアリティ

マテリアリティの特定プロセス

マテリアリティ(重要課題)の特定にあたっては、GRI スタンダードやISO26000 などのグローバル基準や長谷工グループの事業環境を踏まえ、74項目からなるマテリアリティ項目リストを作成しました。次に、社会軸(ステークホルダーにとっての重要度)と、事業軸(長谷工グループにとっての重要度)の関連性に基づき、マテリアリティ項目の評価、重み付けを実施しました。
最終化にあたっては、WG メンバーの意見を反映した上で役員レビューを実施し、26 項目の重要課題を特定しました。

  1. Step01
    マテリアリティ項目リスト策定
  2. Step02
    社会軸・事業軸での重みづけ
  3. Step03
    レビューを踏まえ最終化

長谷工グループのマテリアリティ・マトリックス

※マテリアリティ・マトリックスで明らかになった、重要性の高い社会・環境課題項目に関しては、4つのCSR取り組みテーマの要素としてすべて盛り込んでいます。

CSR推進体制

長谷工グループでは2019年、CSRを組織的に推進していくことを目的としたマネジメント体制を発足しました。併せて、「CSR委員会 委員」「CSR担当役員」「CSR推進リーダー」を長谷工コーポレーション各部門および長谷工グループ各社から選出し、グループ全体でCSRに取り組む体制を整備しました。

マネジメント体制図

各会議体の役割

CSR委員会
  • CSRの方針や重要事項の審議・決定、活動の進捗報告、情報開示事項の承認を行う。(年1回定期開催)
CSR推進会議
  • CSR委員会への提案の事前協議、同委員会決定事項の具体的な方向づけ、活動の進捗管理を行う。(年3回定期開催)
CSR推進事務局
  • 各組織体での活動を牽引し、事務局として取り纏めを行う。(年4回定期開催)
CSR戦略ワーキング・グループ(WG)
  • CSR取り組みの方向性や具体的な課題と対応策に関する提言を行う。(随時開催)