2017年01月26日

 株式会社長谷工コーポレーションは、家族構成やライフスタイルと将来の変化に合わせて、居室と収納の広さを変えて使い勝手を向上することができるオリジナルの可動収納ユニット「UGOCLO(ウゴクロ)」(※1)(特許出願中)を開発しました。

 昨今のマンション市場において、購入者世帯の家族人員は、2~3人が主流となっています(※2)。一方で、マンションの間取りについては、3LDKが主流で、居室をリビング・ダイニングルームと一体的に利用できる“ウォールドア”やリビング・ダイニングルームの拡張メニュープランが採用される傾向が多くみられます(※2)
 そこで、家族構成やライフスタイルの変化に合わせて、移動可能な収納ユニットを2つの居室の間に“自由”に配置することで、“手軽”に居室と収納の広さと、使い勝手を変えることができる「UGOCLO」を開発しました。
 第1号物件として、東京都内2件のマンションに採用が決定しました。今後も当社が設計・施工する新築分譲マンションへの導入を積極的に提案してまいります。

(※1)“動くクローゼット”から「UGOCLO(ウゴクロ)」という名称を決定しました。
(※2)株式会社長谷工アーベスト調べ


【「UGOCLO」の特長】
 住まう方が、一人暮らしでも、ファミリーでも、それぞれの家族構成やライフスタイルに合わせて、手軽に、自分たちの手で、自由に居室・収納の広さと使い勝手を変えることが可能
■可変性

 ・ライフスタイルに応じて居室と収納の広さをフレキシブルに変更可能
 ・中央部は収納又は通路利用可
■デザイン性
 ・システム収納と同様なシンプルなデザイン
■操作性
 ・軽い操作性により女性一人でも簡易に移動可能
 ・天井、床への固定しやすさにも配慮

[ 中央部を通路とした状態の「UGOCLO」(左)、「UGOCLO」を移動している様子(右) ]

【「UGOCLO」の概要】
 「UGOCLO」の寸法は、幅が部屋サイズに対応(2,440mm~2,570mm)、高さが天井高さに対応(2,500mm~2,600mm)、奥行が約630mm。基本カラーはホワイト。
移動する際は、足元のキャスターにより、女性一人でも簡単に移動させることができます。固定する際は、キャスター用ストッパーと天井への突っ張り金具により固定します。
 中央部の収納を通路とすることで、ウォークスルークローゼット、納戸スペース、クローゼット、フリースペースと使い勝手や広さを変えることができます。また、配置により居室の広さも変えることが可能となり、夫婦2人の生活から、お子様の誕生・成長・独立など、家族構成やライフスタイルの変化に対応できます。

[ 家族構成やライフスタイルの変化に対応した間取りの変更例 ]

【第一号採用物件の概要】
 ■「ルネ北綾瀬」

 所在地:東京都足立区東和5丁目74-6(地番)
 交通:東京メトロ千代田線「北綾瀬」駅 徒歩6分
 総戸数:58戸
 構造・規模: RC造地上7階建て
 売主:総合地所株式会社
 施工:株式会社長谷工コーポレーション
 竣工予定:2017年12月末予定
 販売開始:2018年1月予定
 

[ 「ルネ北綾瀬」の外観予想パース ]

 ■「(仮称)江戸川区東葛西9丁目計画」
 所在地:東京都江戸川区東葛西9丁目3-56(地番)
 交通:東京メトロ東西線「葛西」駅 徒歩17分
 総戸数:439戸
 構造・規模:RC造地上14階建て
  売主:新日鉄興和不動産株式会社、総合地所株式会社
 施工:株式会社長谷工コーポレーション
 竣工予定:2019年11月末予定
 販売開始:未定

Get ADOBE® READER®
PDFファイルをご覧いただくためには、
Adobe Readerが必要です。