2017年08月22日

 長谷工コーポレーションは、建築を志す若手の人材育成を目的に、学生を対象とした第11回『長谷工 住まいのデザインコンペティション』を実施します。
 本デザインコンペティションは、社会貢献活動の一環として2007年から継続して実施しています。毎回異なるテーマ設定で、昨年の第10回は「日本の集合住宅」というテーマを設定。全国の学生から発想豊かな作品が数多く寄せられました。
 今年のテーマは「空き家とつながる集合住宅」です。現代の都市では、マクロな視点で見たときに、マンションが開発されている一方で空き家が増えていき、開発のプラスとマイナスが同じエリアにまだらに起きていることが指摘されています(※)。そのような中、空き家のスペースを介護や子育てのために活用する事例も出始めています。空き家がマンション内部の機能を補完するものになり、集合住宅が地域のコミュニティのエンジンになるような、集合住宅と空き家をつなぐ新しい集合住宅の提案を期待しています。
 (※)首都大学東京教授 饗庭 伸氏「都市をたたむ」(花伝社)に著述。今回のゲスト審査委員として参加予定。

(1)第11回 「長谷工住まいのデザインコンペティション」概要
課題:「空き家とつながる集合住宅」

応募資格:2017年12月31日時点で学生であること(大学院、大学、短期大学、高等専門学校、高等学校、専修学校など)(複数人で応募する場合は全員該当のこと)
賞金:最優秀賞1点100万円/優秀賞3点各50万円/佳作10点各10万円(すべて税込、賞金総額350万円)
登録・作品提出締切:2017年11月14日(火)必着(送付のみ受付、バイク便不可)
※応募登録はデザインコンペティションホームページから http://www.japan-architect.co.jp/haseko/2017/
審査講評・表彰式:2018年1月14日(日)開演14:00 於・東京プリンスホテル 鳳凰の間(東京都港区芝公園3-32-1)
結果発表:『新建築』2018年2月号および当コンペティションホームページ上にて発表
主催:㈱長谷工コーポレーション
後援:㈱新建築社
審査体制:
*審査委員長) 隈 研吾 (隈研吾建築都市設計事務所代表・東京大学教授)
*審査委員)   乾 久美子(乾久美子建築設計事務所代表・横浜国立大学大学院 Y-GSA 教授)
*審査委員)   藤本 壮介(藤本壮介建築設計事務所代表)
*審査委員)   池上 一夫(長谷工コーポレーション取締役専務執行役員)
*ゲスト審査委員) 饗庭 伸(首都大学東京教授)

(2)第10回の応募状況
課題:「日本の集合住宅」
募集期間:2016年7月4日~10月20日
登録総数:627件 応募総数:166点
(3)第10回の入賞作品
【最優秀賞】(1点、賞金100万円)
「耕す群景」廣田竜介(立命館大学大学院)
【優秀賞】(3点、賞金各50万円)
「常の樹 -伝え紡ぐ暮らし-」 杉森大起(立命館大学大学院)、奥浩(立命館大学)
「Physical City」 中田寛人(横浜国立大学大学院)
「ごみ主大家族」 大橋貴洋、秋山怜央、高橋沙織、川合豊(千葉工業大学大学院)
【審査員特別賞】(5点、賞金各20万円)
隈研吾賞:「奥の小路」 丸山航(東京理科大学)、宮田典和、大野智佳(東京大学大学院)
乾久美子賞:「The Puzzle of Housing Complex」國清尚之、伊達一穂、窪田早希(東京藝術大学大学院)
藤本壮介賞:「光付く群れ」 西里正敏(東京大学大学院)
大栗育夫賞:「気配を纏う集合住宅」 中村絵理子、内田久美子(早稲田大学大学院)
池上一夫賞:「アノニマスな暮らし」 志甫景(東京藝術大学大学院)
【佳作】(10点、賞金各10万円)

[最優秀賞作品「耕す群景」]

(4)第10回 長谷工 住まいのデザインコンペティション SPECIAL FORUM
日時
:2016年12月4日(日)
場所:ザ・プリンスパークタワー東京 ボールルーム(東京都港区芝公園4-8-1)
参加者:受賞者を含めた学生約400名
内容:
[第10回「長谷工 住まいのデザインコンペティション」入賞作品発表・表彰式・審査委員講評]

*審査委員長)隈 研吾 (隈研吾建築都市設計事務所代表・東京大学教授)
*審査委員)乾 久美子 (乾久美子建築設計事務所代表・横浜国立大学大学院Y-GSA教授)
*審査委員)藤本 壮介 (藤本壮介建築設計事務所代表)
*審査委員)池上 一夫 (長谷工コーポレーション取締役常務執行役員)
*特別審査委員)大栗 育夫 (長谷工コーポレーション代表取締役会長)

[創業80周年特別企画]
◇特別講演「今、学生のために」 隈 研吾氏 、乾 久美子氏、藤本 壮介氏
◇パネルディスカッション「日本の集合住宅~これからの集合住宅について~」
 隈 研吾氏 、乾 久美子氏、藤本 壮介氏、大栗 育夫会長、池上 一夫取締役、
 高池 葉子氏(高池葉子建築設計事務所代表、「第1回 長谷工住まいのデザインコンペティション」最優秀賞受賞者)

[左:表彰式の様子/右:パネルディスカッションの様子]
Get ADOBE® READER®
PDFファイルをご覧いただくためには、
Adobe Readerが必要です。