2017年10月05日

 当社では、“マンション特化”と“設計・施工比率の高さ(※1)”という特徴を活かすべく「長谷工版BIM」の水平展開と関連技術の開発を進めておりますが、今回の開発により、BIM(※2)で設計したマンションの住戸全タイプを‘迅速かつ安価、そして綺麗に’3次元CG化することができるようになります。3次元CG化されたデータは、VR(ヴァーチャルリアリティ)体験機器を利用してマンションの販売ツールやホームページ等BtoC領域での援用が期待できます。
第1号物件として、「ルネ八王子トレーシア」への採用が決まりました。今後は、マンションの新たな販売手法として、当社が設計・施工する物件の事業主に対し、グループ会社の(株)長谷工システムズが積極的に導入提案をしてまいります。
(※1)2017年3月期(2016年4月1日~2017年3月31日)の設計施工比率は95.0% (※2)「BIM」(Building Information Modeling)・・・コンピューター上にパーツを組み上げて作成した3次元の建物のデジタルモデルに、仕上げや管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベース。

【「長谷工オリジナルBIMビューワー」の概要】

■BIMで設計した住戸全タイプを「迅速かつ安価、そして綺麗に」3次元CG化するアプリケーション・ソフトウェア
■VR体験機器を利用したマンションの販売ツールとして活用
■長谷工グループによるインテリアオプション「アイセルコ」や「E-label」などの情報を追加すれば、内装や家具のシミュレーションも可能 

[「長谷工オリジナルBIMビューワー」による3次元CG画像]

【マンション購入希望者のメリット】
「長谷工オリジナルBIMビューワー」」採用により、マンションの住戸全タイプをVRで内覧することが可能となるため、お客様一人ひとりが、希望の住戸を見て・感じて・納得して購入することができます。(従来、販売センターに展示されているモデルルームは1~2タイプ)


<VRによる内覧のイメージ>
■ HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使用し、バーチャル空間を自由に動き回れます。
  オプション機能により、インテリアのカラーコーディネート体験も可能。

■ WEB上に立体図面を表示。パソコンや、スマートフォン、タブレットを操作し、部屋の中を360度見ることができます。
        ①立体図面上の見たい部屋をクリック         ②マウス操作で部屋の隅々まで確認

【「長谷工版BIM」の特長】
マンション建設において設計・施工比率が100%近いというアドバンテージを活かし、当社では2012年よりBIM活用を推進し、品質・生産性の向上や意思決定の迅速化、多角的な設計実施を目指してきました。当社設計・施工案件による「長谷工版BIM」採用の実施設計案件は着実に増加しており、更なる普及へと取り組むと共に、管理や修繕等グループ各社における活用も順次図っています。
(1)設計図書(意匠・構造・設備・外構など)、販売用図面、施工図などの図面データを一元化
(2)マンション建設最大手ならではの設計・施工ノウハウを規格化し、BIM部品として整備
(3)作業効率化のため、オリジナルツール(マス自動配置、地盤地形作成、概算コスト連携、改正省エネ対応、積算数量出力、仮設積算出力など)を開発
(4)マンションの企画から設計・施工・販売・管理・修繕まで、長谷工グループのビジネスモデル全域での活用可能性

【第一号採用物件「ルネ八王子トレーシア」の物件概要】
所在地:東京都八王子市八日町2-8(地番)
交通:JR中央線「八王子」駅徒歩10分、京王線「京王八王子」駅徒歩14分、JR横浜線「八王子」駅徒歩10分
総戸数:86戸
敷地面積:1338.88m²
建築面積:751.32m²
構造・規模:鉄筋コンクリート造 地上15階建
専有面積:68.11m²~80.34m²
販売価格:2,900万円台~4,600万円台
販売開始:2017年10月下旬販売開始予定
竣工:2019年1月予定
引渡:2019年2月予定 
売主:総合地所株式会社
設計・監理:株式会社長谷工コーポレーション
施工:株式会社長谷工コーポレーション
販売提携(代理):株式会社長谷工アーベスト
管理:総合ハウジングサービス株式会社

ホームページ:http://www.sgr-sumai.jp/mansion/r-hachioji86/

[完成イメージ]
Get ADOBE® READER®
PDFファイルをご覧いただくためには、
Adobe Readerが必要です。