代表取締役社長 範明

住まいと暮らしの創造企業グループを目指してまいります

日頃は当社グループに格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

当社は「都市と人間の最適な生活環境を創造し、社会に貢献する」を企業理念に、グループ一丸となってマンションに関わる様々な事業を行っております。新築マンションにおいては、昭和43年に自社施工の第一号を着工して以来、おかげさまで施工累計は61万戸を超えております。この数は日本の分譲マンションストックのおよそ1割に相当するものであり、マンションというひとつの居住形態を広く普及させ、業界に先駆けた技術開発で今日のマンションのスタンダードを築いてまいりました。

一方、我が国においては、人口減少、少子高齢化、環境問題など住宅政策を取り巻く環境が大きく変化しており、「良いものを作って、きちんと手入れして、長く大切に使う」ストック重視社会への移行が重要な課題となっております。 そのため私共、長谷工グループは、2015年3月期より6年間の経営計画「newborn HASEKO(略称:NB計画)」をスタートし、マンション建設を中心とする建設関連事業と、管理やリフォーム・大規模修繕・建替え、中古仲介、賃貸、高齢者向け住宅などのサービス関連事業の両方に軸足をおく経営の確立を目指しております。

昨年4月より、後半3年間の「Jump Up」期間(NBj計画)がスタートいたしましたが、建設関連事業における土地情報収集力や商品企画力、施工品質や工期遵守に対する姿勢などを高くご評価いただいたことと、サービス関連事業における利益の着実な積み上げやグループ連携による収益機会の創出によって、お陰様で先期は過去2期に続いて最高益を更新する予定です。今期も引き続き、お客様のニーズに対応したメニューの拡充とサービスの向上に努めるとともに、国内外において、新しい事業エリア・事業分野の拡大に向けた取組みを展開してまいります。

また、これまでも地球環境にやさしい住まいづくりや、環境保全・改善を目指した様々な活動に取り組んでまいりましたが、新たに「長谷工の森林(もり)」(長野県茅野市・和歌山県田辺市)への取組みや、奈良県明日香村の産業および地域の活性化、「長谷工テクニカルセンター」(東京都多摩市)に参加型コミュニケーションの場としての「長谷工マンションミュージアム」を併設するなど、“未来を創る・つなげる”プロジェクトを展開してまいります。

これからもご支援頂いている皆様に深く感謝いたしますとともに、グループ各社の連携をさらに高め、総合力を発揮することで、マンションに住まう方々の人生全体をサポートする「住まいと暮らしの創造企業グループ」へと飛躍することを目指してまいりますので、今後とも引き続き、より一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2018年4月
株式会社 長谷工コーポレーション
代表取締役社長 範明

Get ADOBE® READER®
PDFファイルをご覧いただくためには、
Adobe Readerが必要です。