職種紹介

もどる

不動産営業

マンション事業の基礎となる土地情報を収集します。土地情報に関するネットワークを構築し、情報の収集と土地の見極めを行います。事業化決定後は土地売買契約から事業主への引渡しまでを担当します。マンション事業はこの不動産営業が切り拓きます。

Leaders.01

長谷工コーポレーション

東海営業部門 名古屋支店
不動産部

2013年

経済学部 経済学科

「大きく形に残る仕事をしたい」という漠然とした思いを持っていた私は、就職活動ではデベロッパーやゼネコンを志望していました。その中で長谷工を選んだのは、とにかくマンション業界で1番であるという印象を持っていたこと。そして、長谷工はデベロッパーも兼ねているので、文系の社員でも現場でどんどん活躍できるということを知ったからです。面接やリクルーター面談を通して社員の方と接する中で、この会社はきっと自分に合っていると感じたので、知識や経験がなくてもこの環境と社風があれば頑張れるのではと思うことができました。入社後は、現在まで不動産部に所属。毎日多くの不動産業者さんを訪問しています。

私の仕事は、主に不動産業者さんに訪問し、マンション用地に必要な土地の情報をいただくことです。また、その土地がマンション用地に適しているか役所調査などを行ない、成約が決まれば契約手続きまで担当します。長谷工では、入社後すぐに一人で業者さんを訪問し、新規開拓を行ないます。既存の業者や銀行への訪問ではなく、宅建業協会に加盟している業者さんを中心に訪問し、業者さんと長谷工をつなぐ役割を担っています。

現在携わっている仕事の魅力、仕事で面白さを感じる点

マンション事業は、用地の情報を入手するところからスタートします。つまり、不動産部は、マンションプロジェクトの基盤をつくる仕事でもあるのです。そのため、マンション用地として検討できる物件の情報を得た時は、やりがいを感じる瞬間でもあります。さらにその情報を数ある競合他社ではなく、長谷工に在籍する他の営業担当者でもなく、業者さんが私を選んでくれて一番に提供してくれたのだとわかると、本当にうれしく思います。

これまでの仕事で印象に残っているエピソード

自ら開拓した業者さんから情報をいただき、その物件を成約できたことです。実はこの物件は私の力不足もあり、成約できないまま一度見送ったことがある物件でした。しかし、その後も業者さんから何かとお力添えをいただき、私自身もこれに応えて絶対に決めたいと思っていました。諦めずに努力した結果、成果につなげることができた時はうれしかったです。業者さんは、私より年上の方が多く、仕事以外のことなど、いろんなことを教わることができます。新入社員の頃から訪問しているので、ここまで育てていただいたと言っても過言ではありません。社内だけでなく、社外の経験豊富な方々と接することができるのも、この仕事の醍醐味です。

仕事で得たこと

長谷工では、早い段階から仕事を任せてもらえます。上司や先輩が丁寧に教えてくれるのはもちろんですが、4年経った今では、自分である程度シナリオを描きながら動けるようになりました。この「考える力」が向上したことで、仕事の効率も良くなり、対応スピードも速くなっているので、成長を実感しています。

今後の目標を教えてください

「あなたがいなかったら、できなかった」と、周囲から思っていただける仕事をすることです。これまでは、上司や先輩に言われたことだけをすることも多かったのですが、今後はもっと自分の力で成果につなげていきたいです。この積み重ねが評価され、重要かつ大きな仕事をどんどん任せてもらえるようになりたいです。

学生の皆さんへメッセージ

マンション用地を探しても、成果が出ないことの方が多いです。しかし、先輩が丁寧に指導してくれますし、職場全体で応援してくれる社風があります。営業の際も、長谷工の認知度が高く、業者さんも話を聞いてくれる方だと思います。知識がなくても、前向きに動ける人であれば挑戦できる仕事なので、是非一緒に働きましょう!


ページ上部へ

ID/Passをお持ちの方はこちら長谷工グループエントリーはこちら