職種紹介

もどる

意匠設計

マンション建築の企画・設計・監理等のコンサルティング業務を行っています。グループ全体からフィードバックされる顧客ニーズが大きな強みとなり、機能性・居住性はもちろん、トレンドに応じた空間構成やランドスケープデザインを求めてゆきます。個々人が、マンション設計における専門家として業務にあたります。

Leaders.17

長谷工コーポレーション

エンジニアリング事業部
第2設計計画室

2013年

環境学研究科 都市環境学専攻

住まいづくりに興味があり、住宅設計ができる会社ということでハウスメーカーを中心に就職活動をしていました。戸建住宅で育ったこともあり当初は特にマンションに目を向けてはいませんでした。しかし、「視野を広げてみれば」という先輩のアドバイスを受けて長谷工の説明会に参加。そこで、設計と現場が一つになってより良いマンションをつくろうとする長谷工の仕事を知り、興味を持つようになりました。考えてみれば、マンションは一つの街のようなもの。そのコミュニティを考えることも設計の役割の一つです。大学院でコミュニティ形成を研究テーマとしていた経験から、「集合住宅の設計」を通して研究したことが活かせると感じて入社を決意しました。

現在所属する設計計画室では、長谷工の強みである土地持込みによる特命受注において、事業主に提示するプランの検討や改善、土地入札の際のプラン提案を行っています。事業主の要望・土地のポテンシャルを相互に読み解きつつ、商品価値の高いマンションを企画するというやりがいのある仕事であり、長谷工の設計部隊における最も川上の仕事を担当しています。

仕事をする上で日々、心がけている点、大切にしている点

設計計画室で扱う案件は、総戸数100戸の物件から1000戸を超える物件まで様々であり、マンションが建つ土地の与条件や関連する法律・条令・厳守事項も多種多様です。マンションの企画に当たり、それらの膨大な条件を一つ一つ整理し、丁寧に確認し、プランを幾通りも検討しながら、その土地に建てることのできるもっとも良いマンションのかたちを探っていく過程は、苦労する反面大変やりがいがあります。特殊な条件の案件を担当することもありますが、悩んで悩み抜いた後に問題を解決できるプランニングの糸口を見つけることが出来た時には、何とも言えない快感があります。

これまでの仕事で印象に残っているエピソード

初めて超高層タワー案件の企画に携わった際には、今までの設計手法と全く違うことに戸惑いましたが、若年次ながらも規模の大きい案件に携わることで新しい知識を得ることができ、非常に嬉しく感じました。また、設計コンペに参加した際には、土地の情報をもとに様々なプランを検討していましたが、そのコンペでは、商品性の高いプランを提案することはもちろん、土地代や建設費、工期等を勘案した事業性の高さも評価の一端となっていたため、ただ敷地に納まるプランを描いているだけではだめだということに気付かされました。初めての経験で戸惑いましたが、上司の方々から知恵を頂き、形にすることが出来ました。

 

仕事で得たこと

設計の仕事はデスクでずっと図面に向かっているイメージがありますが、設計計画室では企画設計をするに当たり、設計の合理性を確認してもらうために役所協議を行う場面が多くあります。自分の企画したプランがどういった条件で成立しているのか、どう合理的なのか、今後どのように展開していくか等をプレゼンする中で、コミュニケーション能力や折衝能力が鍛えられました。

今後の目標を教えてください

これからも多くのプロジェクトを通して経験を積み、知識を高めていきたいと思います。入社年数や経験に関係なく、共にプロジェクトを推進する方々からは一設計者としての意見を求められます。その時に、裏付けのある的確な答えを自分の言葉で伝えられるような設計者になりたいと思います。また、マンション設計者として、ご購入されるお客様の立場に立って商品性を考えることはもちろんのこと、事業主の立場に立って計画の事業性を考える、近隣の立場に立って周辺地域との調和を考える、等、多角的な視点を持って設計できるようになりたいです。

学生の皆さんへメッセージ

社会人という経験のしたことのない自分をイメージすることは、簡単ではないと思います。でも、「自分のやりたいこと」を明確にすることで、「会社に入ったらその仕事ができるんだ」という前向きな思考が生まれると思います。「就職できるかどうか」ではなく、「やりたいことができるか」という考えで就職活動を頑張ってほしいと思います。


ページ上部へ

ID/Passをお持ちの方はこちら長谷工グループエントリーはこちら