職種紹介

もどる

設備設計

マンション建築の企画・設計・監理等のコンサルティング業務を行っています。グループ全体からフィードバックされる顧客ニーズが大きな強みとなり、機能性・居住性はもちろん、トレンドに応じた空間構成やランドスケープデザインを求めてゆきます。個々人が、マンション設計における専門家として業務にあたります。

Leaders.20

長谷工コーポレーション

エンジニアリング事業部
第1設備設計室

2014年

理工学研究科 建築学専攻

建築業界の中でも人々の生活に密着した仕事に携わりたいと考えていました。長谷工は、マンション業界ナンバーワンで大規模な物件に携われること。また、OBの方から具体的な仕事内容や職場の雰囲気をお聞きし、社員の皆さんの働き方が自分のイメージと一致していたことが、入社の決め手になりました。

設備設計担当として、給排水衛生や換気、空調、ガス、消火設備等の設計業務を担当しています。マンションは、意匠設計が全体のコンセプトを策定した後、構造設計や電気設計、そして私たち設備設計が打ち合わせを繰り返しながら建物を造っていきます。作成した図面や計算書を基に、各行政と協議をしたり、また、工事がスタートすると、現場からの問い合わせもあるため、設計は単に図面を描くだけの仕事ではなく、実際は社内外の調整・打ち合わせの多い業務です。

現在携わっている仕事の魅力、仕事で面白さを感じる点

ものづくりに携わる人間として、自分が設計した図面から実際にマンションが建ち上がるのを見られるのは、とても魅力的なことです。設計段階では、意匠・構造・設備・電気の各設計者が何度も打ち合わせを行いますが、専門家として意見をぶつけ合いながら1つの建物を造り上げていく瞬間は、設計の仕事の醍醐味だと感じています。皆で協力し合い苦労したぶん、建物が竣工して、灯りがともり、マンション購入者の方々の幸せな生活を見たときは感慨深いものがありますね。

これまでの仕事で印象に残っているエピソード

担当した案件が初めてでき上がったときは感動しました。長谷工の標準仕様の理解に加え、多大な事業主仕様を理解し、設計内容に反映していく難しさ、特殊な地形により、設計手法に制限があったりと、とても苦労した分、余計に嬉しかったことを覚えています。自分にとっては全てが新しいことでしたが、困難に直面したとき、間違いが発生したときなどに、先輩や上司、他の設計部門の方に助けていただいたことが印象に残っています。

仕事で得たこと

コミュニケーション能力です。設計業務は様々な人たちとの密なコミュニケーションが必要な仕事です。設計部門だけでなく、開発や建設部門とも積極的に会話し、より良い提案をしていくことが重要です。学生時代とは比較にならないほど多くの人たちと話をし、様々な知識や考え方を知ることができました。

今後の目標を教えてください

大規模案件や高層マンション、海外案件など様々な案件に携わっていきたいと思います。そのために、分からないことはそのままにせず、逐一解決していくと共に、メーカー視察や技術展示会への積極的な参加により、最新の技術や知識を得ながら、更なるスキルアップをしていきたいと思います。

学生の皆さんへメッセージ

会社説明会への参加も大切ですが、その他にも情報を得られる機会はたくさんあります。私はOBの方とお話しできたことが長谷工を目指すきっかけになりました。自分からアプローチすれば、いろいろな機会がつくれるはずです。その一つひとつの機会を大切にして、自分を見つめ直してください。皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。


ページ上部へ

ID/Passをお持ちの方はこちら長谷工グループエントリーはこちら