特集

共用部リフォームの成功事例

長谷工リフォームは、公益財団法人リフォーム・紛争処理支援センター主催の2012年度「第29回住まいのリフォームコンクール」において、高齢者対策だけではなく、資産価値の向上というキーワードで考えられている点が評価され、「優秀賞」を受賞しました。

マンション建物診断のエキスパート、住優師がおうかがいします


居住者様の情熱と
長谷工リフォームの技術と自信が生んだ
「作品」と呼ぶにふさわしい共用部リフォーム



マンションの管理組合と長谷工リフォームが、同じ目的に向けて限られた予算のなかで最高の結果を引き出そうと努力した事例です。関係する全員の情熱が理想的なリフォームを生み出した非常にユニークなケース。リフォームのコンセプトや本プロジェクトの経緯、営業および設計の担当者の思いなどを紹介します。

グレードアップリフォームのコンセプト

スロープの増設など高齢者に配慮したバリアフリー対応。また、経年劣化している部分の改修には時の経過と共に風合や趣が増幅していく天然素材をチョイス。そして活用されることが少なかったアスレチックルームを、ユニバーサルデザインを考えたパーティールームに仕様変更し、居住者や近隣住民などのコミュニケーションの場を造りました。さらに、照明は全てLEDに替えECOと経済性にも配慮。素材、工法ともにホンモノにこだわり、時の流れとともに味わいを深めていく空間とし、資産価値の向上とともに居住者の住まいへの満足を同時に実現しました。

情熱と智の集合

大規模修繕工事に引き続き、玄関前のアプローチから、エントランス、パーティールームにいたるまでグレードアップ工事を行いました。このプロジェクトを成功させたのは、他ならぬ居住者の方々の情熱でした。新築マンションの設計を行っているN氏をプロジェクトリーダーとして、照明デザイナー、植栽デザイナー、ポップアートアーティストと居住者のなかに各分野のプロフェッショナルがおり、惜しまずに知識、ノウハウ、スキルを情熱をもって発揮しました。

長谷工リフォームとのコラボレーション

本マンションの修繕委員長はマンション管理士の資格をお持ちでした。自分たちの住まいは業者任せではなく、自分たちの責任で守るべきだという強い自覚をお持ちで、元施工であり、技術とスキルには信頼を置いていた長谷工に施工依頼をすることに躊躇はありませんでした。ゆえに工事に関しては一切他業者が入ることはありませんでした。

居住者の合意形成

本プロジェクトの進め方は、専門的な分科会がありその合意形成を修繕委員長が行うという手法を取りました。もちろん万事スムースに運んだわけではなく、各分科会同士意見が衝突することもありました。ただ皆が「自分のため」ではなく「居住者全員のため」に専門的な意見をぶつけあっているので、プロジェクトリーダーの圧倒的牽引力とあいまって、各専門部会が有機的に機能しました。また、修繕委員会と居住者との間では、総会や説明会を多数開催し、工事のプロセスを丁寧に説明、今回の投資が将来プラスになるときちんと説明することによって、気持ちがひとつになっていきました。
担当者インタビュー
営業担当 牛島
通常は営業として居住者の方の改修・修繕に関するモチベーションを高める役割を担うのですが、本ケースではその必要がありませんでした。意匠デザインに携わる方のプロとしての強い意識が、本リフォームを成功へ導き、素晴らしい空間作品を創造するくベクトルになり、それを支える分科会の方々の熱意を牽引、私たちも必死についていきました。
設計担当
ダイナミックに新しい価値を創造するグレードアップリフォームとして、理想的なリフォームの集大成だったと言えます。お住まいの方々と長谷工リフォームが同じ目的に向かって『こころ』をあわせて共同作業を行った結果です。今後も居住者の思い入れを個々のパーツに組み入れて、長谷工リフォームの技術と自信をかみあわせ、長くご満足いただけるリフォームをご提案していきたいと思います。
 

イメージ画像

※クリックすると大きな画像が見れます。

アイラインのゾーニング
新しいアプローチと建物を、植え替えた植栽がやさしく包む。
人間が主役という考え方
車寄せをスロープの歩道にして誰にとっても歩きやすいアプローチに。
帰宅者を温かく迎えるエントランス
劇場の雰囲気で居住者を迎える照明の演出。
扉へのこだわり
テンキー操作付きのオートドア。マンションでは珍しいガラスのしつらえ。
天然石が魅せる空間演出
それぞれの場所でのおさまりが天然石ならではの魅力的な空間をつくる。
バリアフリーも徹底して(1)
建物内にも車イス対応のスロープ設置。
バリアフリーも徹底して(2)
パーティールームに設置した車いす対応トイレ。
空間の陳腐化を避けるために
視線がエントランス空間に留まるための木目ルーバーの演出。

住まいのリフォームコンクール (外部リンク)

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターが主催するコンクール。全国各地で施工された住宅リフォームの事例から優秀事例について、建築主(施主)・設計者・施工者を表彰し、消費者や事業者に広く紹介、住宅リフォームの促進とリフォームの水準の向上を図ることを目的としている。