特集

長谷工の建物無料診断

マンション建物診断のエキスパート、住優師がおうかがいします

 マンションも人間と同じ。ていねいにメンテナンスしていくと建物の寿命は延び、大切な資産価値を維持・向上することができます。部分改修、大規模修繕、建替えを検討するためには、まず建物の現状を把握しましょう。マンション施工実績No.1の長谷工が組織した建物診断のエキスパート「住優師」が無料で皆さまのマンションを診断いたします。

住優師チーム(基本形)

2名/チーム で 2チーム

無料建物診断のメニュー

●目視点検:
屋上、外壁、廊下、エントランスなど建物全体の外観について目視調査をします。
・屋上防水のひび割れ・はがれ・浮き・ふくれの有無、漏水痕跡の有無、塗装膜の劣化・浮きを点検
・コンクリートのひび割れ・浮き・鉄筋露出の有無、仕上材・シーリングの変退色、金属部の腐食状況を点検

●機械調査:
目視点検を補完する機械を使った調査でマンションの状態を数値化します。
・コンクリート中性化深さ調査…コンクリートのサンプルを採取し、中性化の進行度合いを調査
・塗膜付着強度調査…外壁の塗装のコンクリートへの付着力を調査
・給水管調査…メーターボックス内の給水管にファイバースコープを挿入し、管内のサビの状態を調査

ご利用の流れ

ミスター住優師に実際の体験をお聞きしました。

Q.
人間の健康診断結果は数値で出ますが、建物診断の結果はわかりやすいですか?
わかりやすいように三段階評価をしています。ひび割れや浮き、サビなど目視点検の結果は現状写真を添えて三段階の評価をします。
機械調査の結果は実際の数値をお知らせするとともにわかりやすく評価をします。

 

Q.
マンション建物の劣化には何が影響するのですか?
ご存じだと思いますが、環境の影響が大きいんです。築年数の経過によって建物は劣化していきますが、マンションの立地条件や建てられた年代によっても劣化の状況は違いがあります。
また、海に近いマンションは塩化物の影響も受けます。
Q.
立地環境のほかにマンションの劣化に影響するものはありますか?
もちろん、あります。大切なのは住んでいる皆さまの意識です。居住者の方の意識が大きく影響します。お住まいのマンションの資産価値に関する意識が高い方は建物のメンテナンスにも高い関心をお持ちです。管理会社やコンサルティング会社に任せきりではなく居住者が率先垂範してメンテナンスに取り組んでいるマンションは非常に手入れが行き届いて、よい状態が保たれています。
逆に関心が低く、建物の声に耳をふさいでいるマンションは、築年数の割に老化(劣化)が進んでいます。専有部分だけでなく共用部分にも関心を持っていただけると全然違います。
Q.
建物の声はどうやって聞けばよいですか?
とても良い質問ですね。まず屋上に行ってみましょう。ほとんどの居住者の方は自宅の玄関前の廊下は見ても、屋上に行く人はいないと思います。
ところが直接紫外線を受け、風雨にさらされている屋上は最も劣化が早い場所です。管理組合の理事の方々に、「たまに見てみよう」と思っていただければ、建物の声が聞こえると思います。
また、外壁には雨だれなどの線がつくのは普通の汚れですが、手でさわって塗装がコナのようについてきたら、それは塗装の劣化です。それから目で見て「なんか変だな」と気付くところ、例えばひび割れから水が入って石灰分が流れ落ちてくると通常あるはずのない「シミ」ができます。またエントランスのひさしなど、漏れ出したサビが原因の汚れがでてくる場合もあります。新築時になかった汚れやシミについても見逃さないでいただきたいですね。
Q.
建物診断の理想の実施間隔は?
理想を申し上げるなら、“5年”というのが目安です。マンションはコンクリートの建物なのでどうしてもひび割れがおきてきます。10年程度を目途に大規模修繕を行うマンションが多いのは、屋上防水など保証期間が10年で切れるという事情があります。
ただ、塗装やシーリングの保証期間はもっと短く、早目のメンテナンスを行えば10年は機能が維持できるとうたっているメーカーもあります。理想的には5年に1度を目安に建物の調査をおすすめします。
Q.
建物診断実施後はどう対応してくれますか?
ここが肝心です。皆さまに理解・納得していただく必要があります。調査後、一カ月ぐらいで報告書を提出しますが、その際にできるだけ説明する時間をとっていただいています。ご説明すると建物の悪いところをよく理解していただけます。給水管などもファイバースコープ検査によって管内のサビを見ていただくと、実際の飲料水と直結するので劣化を実感していただけます。修繕工事のタイミングについても、アドバイスを求められることが多いのでご説明しています。
お見積りが必要であれば無料でお見積りを作成、さらに修繕工事施工も承ります。
これはマンションに関する全てのサービスをワンストップで提供している長谷工の強みです。
Q.
長谷工施工のマンションでなくても無料診断はしていただけますか?
もちろんです!どのマンションでもお任せください。私たちはマンション建物についてはテクニカルエキスパートなので、他社施工のマンションについても図面を見れば建物の中身がすぐにわかります。実際に数多くの他社施工のマンションから無料診断のお申し込みをいただき、その結果、大規模修繕や建替えを行った例もあります。
Q.
住優師さんの今後は?
チーム増強、さらにパワーアップします!最近マンションの資産価値に関する意識の高まりからか、建物無料診断を申し込まれるケースが非常に増えています。マンション施工の技術に精通した有資格者で、しかも的確なアドバイスを提供できるスキルを持った住優師のチームを増強することも考えていますので、是非お気軽にお申し込みください。

住優師のホームページはこちら