お悩み別Q&A

マンションの修繕・改修、建て替えについて、皆さまからのご質問や疑問にお応えします。
ご相談・ご質問の無料相談も承っておりますので、ぜひお問い合わせください。

Q1建替えを行う場合の費用負担はいくらくらい必要になりますか?

現マンションの状況、新しく建てることのできるマンションの規模、その建設費用や分譲価格等の経済条件等により費用負担額が変わります。

弊社では、費用の概算算出のお手伝いも行っておりますのでご相談ください。

Q1建て替えプランは、どのように策定しますか?

間取り、設備、外観イメージなどお住まいの設計に対するご希望は、区分所有者の方々により様々です。皆様に満足していただける計画案を作るには、企画設計のプロである建て替えパートナーが必要です。

弊社は、アンケートや個別面談で皆様の意向を把握して、ひとつに集約する作業をさせていただきます。

Q3建て替え後の各々の住まいはどのように決めるのですか?

新しい住まいの設計は、現在お住まいの方々の希望を十分に伺った上で、ご希望の住戸を取得していただけるようプランを作成致しますが、希望する住戸が重なる場合も生じます。その場合には、お互いにゆずり合うなどの調整が必要です。

最終的に住戸選定の方法は、皆様方で決めていただくことなりますが、抽選で決定することもその一例です。

Q4建て替え期間中の仮住まいは、用意してもらえますか?

皆様のご希望をお聞きし、弊社グル-プ会社の賃貸部門にて公的な住宅も含めてご紹介をさせていただきます。

Q5残っているローンは、完済しなければならないのですか?

「マンション建替法」を利用した場合には、建て替え前のマンションに設定されていた抵当権を建て替え後の住まいへ移行することが可能です(権利変換)。

但し、この場合は、金融機関の同意が必要です。

Q6住戸を他人に賃貸しています。建て替えの際には契約解除が必要ですか?

建て替えは解体工事までに仮住まいが必要になるため、借家人には退去してもらうことが必要です。

借家人とスムーズに契約解除ができるように、建て替えの検討が始まったら、建て替え決定時には退去してもらう旨の事前了解を取り付けておく、賃貸期間に制限をつけた定期借家契約を結んでおくなど早めにお知らせしておきましょう。

Q7建て替え期間中に相続問題が起こったら、どうなるのでしょうか?

事業期間中に相続が発生した場合には、遺産分割協議により相続人を確定していただき、被相続人の権利を承継していただきます。事業や他の住民の方に過大な影響を与えないようスムーズな対応が必要です。

Q8ご高齢者も多く、不安をもつ方や反対の方にはどのように対応すればよいですか?

費用の負担や仮住まいへの不安は勿論のこと、住み慣れた環境が変わることに不安を感じる方も多くおられます。ご高齢の方々にとっては、事業計画についてご家族やご友人を同席され説明を受けたいとのご希望もございます。

個々のケースに応じた必要資金や借り入れ方法などについても説明と情報提供が必要です。

Q9建て替え後の住戸を取得しないこともできますか?

建て替え後の住戸を取得せず転出をご希望される方は、マンションの権利を売却することになります。補償金を受け取ることができます。

Q10マンション敷地売却制度とはどのような制度ですか?

マンション敷地売却制度とは、マンション再生の新たな選択肢となるもので区分所有関係を解消して敷地を売却し資産を現金化することを、区分所有者の特別多数の決議で可能にした制度です。

以前に建て替え検討が進まなかったマンションでも是非ご検討いただきたいと思います。詳細はご相談下さい。

理事会での検討資料にお使いいただけます。

マンション再生の流れをまとめたロードマップです。

マンション再生ロードマップ

お気軽にお問い合わせください

長谷工コーポレーション  マンション再生事業部では、 マンション再生を検討されている管理組合様をサポートする様々なお問い合わせを承っております。ぜひご相談ください。

  • 無料相談
  • 無料出張勉強会
  • 資料請求

東京地区
0120-095-356
関西・名古屋地区
0120-875-600

ページ上部へ