住宅性能試験棟

住まいを実感し、暮らしを豊かにする。

人が感じる心地よさや快適さも、日々の実験や検証の積み重ねによってつくり出すことができると考えます。

そんな住まいにおけるリアルな環境について研究するため、長谷工技術研究所では、実際のマンションを「住宅性能試験棟」として再現し、研究・開発にあたっています。

住戸内で音がどのように伝わるのか、配管はどのように劣化するのか、さらに太陽光発電など自然エネルギー利用や将来のリフォームに活用するアイデアなど。
常に実際の住まいと同じ環境で、暮らしに直結する技術を磨いています。

内外装に於ける住宅性能向上テクノロジー

  • 可変性を向上させる内装システムの開発
  • 耐久性と更新性を考慮した外装システムの開発
  • 遮音、断熱、換気等の住宅性能を向上させる技術開発
  • 利便性や快適性を向上させる商品開発
  • 設備配管の更新、更生工法の開発
  • 自然エネルギー利用への取り組み
  • 内外装のリフォーム技術の開発

床衝撃音実験

マンションの内装仕様を再現した実験室において、下階に伝わる床衝撃音の大きさを試験します。

通風利用実験

マンション内の間取りを再現した実験室内で風速や通風量を測定し、開口条件別の通風効果を確認します。

繰り返し実験

扉の開閉や敷居などの磨耗状況等、日常生活の中でくり返し行われる行為に対して試験します。