屋外実験ヤード

リアルな現場でなければ、測れない品質がある。

たとえば、屋外実験ヤードでの実物を使った試験。これは、材料や部材が施設内ではなく、屋外の実際の環境にあった時にどのような影響を受けるかをその場で検証し、また経年変化の状況も確認するもの。
私たちは、リアルな環境で実物を、永い時間かけて検証し続けることに、価値を見い出しています。

Be-NextII扁平梁実大施工公開実験

建物の躯体である柱・梁や壁などの安全性を確認するために、実物大の部材を使って実験をします。

中性化試験

耐久性の指標であり、数十年かけ進行するコンクリートの中性化を判定します。