いちょう切りの方法の画像

いちょう切りの方法

野菜や果物のいちょう切りの方法について動画でご紹介します。

今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~ 今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~

  いちょう切りの方法

「うちのご飯は世界イチ」の番外編、お料理の基本をご紹介するミニレッスンへようこそ。第11回は、「いちょう切りの方法」です。見た目もきれいで食べやすい、いちょう切りの方法をご紹介します。


マユ先生、ちょっと聞きたいことがあります!
先日、豚汁を作ってみたのですが、にんじんだけ火が通りづらくて…
長めに煮込んだら、今度はほかの野菜がやわらかくなってしまったんです
どうすれば、均等に火が通るようになるのでしょうか?

野菜はそれぞれ硬さが違うから、火加減調整だけだと難しいですよね
ちなみに、にんじんはどんな切り方で入れましたか?

えっと…なんとなく一口大になるように切って入れたので
きれいに揃った切り方ではなかったです…

なるほど!それでは、確かに火が通りづらいと思います
豚汁に入れるにんじんは、火も通りやすく見た目もきれいな
「いちょう切り」がおすすめですよ♪
さっそく今から、いちょう切りの方法をご紹介しますね!

マユ先生のHow to|いちょう切りの方法

いちょう切りの方法

普段食べている料理によく使われている「いちょう切り」。いちょう切りは、丸く輪切りにした野菜をさらに半分に切って(半月切り)、それをさらに半分にした形(元の輪切りの1/4サイズ)です。切り口がいちょうの葉に似ていることから名付けられたこの切り方には、以下のメリットがあります。

  • 短時間で火が通る
  • 一口大で食べやすい
  • 煮汁が染み込みやすい
マユ先生のHow To にんじんのいちょう切り

簡単な手順でできるので、多くの料理に用いられています。半月切り輪切りとともに、料理を始めたら、まずマスターしておきたい基本の切り方です。
今回は、にんじん、だいこん、りんご、じゃがいものいちょう切りの方法をご紹介します。

にんじんの場合

マユ先生のHow To|いちょう切りの方法
真ん中で2等分に切ったにんじんを、縦半分に切ります。平面を下にしてさらに縦半分に切り、4等分にします。
すると、横から見たときの切り口がいちょう形になるので、端から2mm~1cmの厚み(料理に合わせて変える)に揃えて切れば、いちょう切りの完成です。

だいこんの場合

マユ先生のHow To|いちょう切りの方法
皮をむいてから、にんじんと同じ手順で切っていきます。

りんごの場合

マユ先生のHow To|いちょう切りの方法
一個を8等分のくし形切りにします。Ⅴ字に切り込みを入れて芯を取り、端から2~3mm幅に薄く切ってください。

じゃがいもの場合

マユ先生のHow To|いちょう切りの方法
じゃがいもの場合は、ちょうど真ん中のあたりに十字に包丁を入れ、4等分(四つ割り)にします。それぞれ端から料理に応じた厚みに切ってください。

いちょう切りはどんな料理によく使われる?

いちょう切りは、短時間で火が通り、厚さを変えることで食感に変化を出しやすいため、多くの料理に使われています。中でもよく使われるのが豚汁などの汁物や、煮物、炒め物です。
汁物や煮物のように長時間火を通す料理であれば、厚めに切って食べ応えを出すことができます。一気に加熱する炒め物の場合、薄めに切れば下ゆでなしでも火が通りやすくなります。

マユ先生のHow To|いちょう切りの方法

また、いちょう切りは野菜だけでなく、果物にも適している切り方です。
ご紹介したりんご以外だと、レモンやキウイ、パイナップルなどによく用いられます。食べやすくなるだけでなく、見た目も華やかになるのでおすすめですよ。

ちゃんと厚さを揃えていちょう切りにしたら、
にんじんもすぐ火が通るようになりました!

それはよかったです!
お料理や野菜の種類によって適した切り方は変わるので、
基本の切り方は一通りできるようにしておくとベターですね
輪切り半月切りなど、ほかの切り方も覚えていきましょう!

監修 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。