包丁の使い方・動かし方の画像

包丁の使い方・動かし方

料理の基本となる包丁の使い方・動かし方を動画でご紹介します。

今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~ 今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~

第17回 包丁の使い方・動かし方

「うちのご飯は世界イチ」の番外編、お料理の基本をご紹介するミニレッスンへようこそ。
第17回は、「包丁の使い方・動かし方」です。正しく包丁を使うことで、安全に手際よく料理をすることができます。


うーん…やっぱりマユ先生のように
上手くいかないなぁ

ニンジン切りながらどうしたんですか?
わっ!ミエさん、添える手が危ないですよ!

え?!違うんですか?
切る際に添える手は丸めてって本に書いてあったんですけど

確かに添える手は、丸めるのですが
この丸め方だと、親指を切ってしまいます!
添える手は“猫の手”を意識してみましょう

“猫の手”ってよく聞いたことはあるのですが
ちゃんと理解していないかも…

それでは正しい猫の手の形と
包丁の動かし方を学んでいきましょう

マユ先生のHow to

食材の手の添え方について

マユ先生のHow To
素材を持つ手は、しっかり固定しつつも力を入れすぎず、軽く持ちます(「猫の手」と言われます)。人差し指や中指の第一関節を食材につけます。

こんな添え方は危険!

マユ先生のHow To
親指が人差し指や中指より出ている
マユ先生のHow To
指を伸ばしている
マユ先生のHow To
食材を強く握っている

正しい包丁の動かし方

マユ先生のHow To
包丁の腹を人差し指の第一関節につけて、ガイドにします。
マユ先生のHow To
包丁は手前に引いたり、奥に押したり、前後の動きで切ります。上から下へ力を入れて切るのではなく、引く、押すの動作で切りましょう。
マユ先生のHow To
みじん切りのときもトントンと包丁を打ちつけているわけではなく、素早く包丁を前後に動かしています。包丁の刃を大きく動かすことで、素材の繊維をつぶさずにきれいに切ることができます。

うぅ…ちょっとぎこちなくなっちゃうな…
でも、マユ先生みたいに
スムーズに包丁を使えるようになりたい!

最初は、切りづらいかもしれませんが
正しい包丁の持ち方、使い方は料理の基本ですよ!
頑張って練習しましょうね

監修 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。