白髪ねぎの作り方の画像

白髪ねぎの作り方

シャキッとした白髪ねぎの作り方を動画でご紹介します。

今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~ 今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~

  白髪ねぎの作り方

「うちのご飯は世界イチ」の番外編、お料理の基本をご紹介するミニレッスンへようこそ。
第36回は「白髪ねぎの作り方」です。料理の飾りや食感・味のアクセントになる白髪ねぎの作り方をご紹介します。


マユ先生、見てください!
この間、豚の角煮を作ったのですが
上手にできたので、つい写真を撮っちゃいました

わぁ~!とても美味しそうですね
甘辛くて、やわらかい豚肉…
豚の角煮って美味しいですよね!

あとちょっとで100点満点だったのですが
上にのせた白髪ねぎがしんなりしてしまって…
シャキシャキ感がなくて、少し物足りなかったんです

白髪ねぎのシャキシャキ感、大事ですよね
今回は白髪ねぎの作り方をご紹介しましょう!
いろいろな料理に活用してくださいね

マユ先生のHow to

白髪ねぎの作り方

和食はもちろん、中華料理のトッピングとしてもよく使われる白髪ねぎ。料理に盛るだけで、ぐっと華やぐのが魅力の一つです。シャキシャキとした食感の、白髪ねぎの作り方とコツをお伝えしましょう。

白髪ねぎを切る手順

マユ先生のHow To 「白髪ねぎの作り方」長ねぎの白い部分を使用します。
長ねぎの白い部分を使用します。
マユ先生のHow To「白髪ねぎの作り方」4~5cmの長さに切ります。
4~5cmの長さに切ります。
マユ先生のHow To「白髪ねぎの作り方」縦に切り込みを入れて、芯を取り除きます。
縦に切り込みを入れて、芯を取り除きます。
マユ先生のHow To「白髪ねぎの作り方」外側の白い部分だけ重ねます。
外側の白い部分だけ重ねます。
マユ先生のHow To「白髪ねぎの作り方」繊維に沿って千切りにします。
繊維に沿って千切りにします。
シャキシャキした食感かつ、見た目をきれいにするコツは、なるべく細く切ることです。
マユ先生のHow To
5分ほど水にさらします。
マユ先生のHow To
キッチンペーパーなどで、しっかりと水気を切ります。

白髪ねぎの保存方法

白髪ねぎは冷蔵庫で3~4日間ほど持ちますが、たくさん作り置きしたい人は、冷凍保存しましょう。
白髪ねぎを冷凍保存する場合は、水にさらさず、そのまま保存します。水気があると霜で凍ってしまうので、キッチンペーパーなどで事前によく拭き取ってください。
一回分ごとに小分けしてラップに包み、密封容器やファスナー付きの保存袋に入れて冷凍します。保存期間は、約1ヶ月です。

また白髪ねぎは、レンジなどを使わなくても、冷凍庫から出して常温の場所に置けば自然解凍できます。凍った状態のまま温かい料理に盛って、料理の温度で解凍してもOK。時短につながります。

簡単に白髪ねぎが作れる!便利グッズ

白髪ねぎを作るのって時間がかかりそう…、と思う人は、簡単に白髪ねぎを作れる便利グッズを使うのがおすすめ。グッズを取り入れて、時短クッキングを楽しみましょう。

フォーク

まず、いつも使っているフォークを一本用意します。
ねぎの端から5cmほどの位置にフォークを刺し、引っかくようにフォークをスライドさせます。長ねぎを回転させながら、5回ほど繰り返します。裂けた部分を包丁で切り落とせば、白髪ねぎの完成です。なお、フォークをねぎに深く差し込むとスライドしづらくなり、裂くのに時間がかかってしまいます。そのため、まずはねぎの表面から3~5mmだけ刺し込み、スライドする回数を増やして裂くようにしましょう。

専用スライサー

白髪ねぎ専用のスライサーが市販されています。このスライサーを使うと、ねぎの表面をスーッと軽く走らせるだけで、きれいな白髪ねぎが作ることができます。

白髪ねぎを使ったおすすめレシピ

いつものお料理に白髪ねぎをトッピングするだけで、味にアクセントが付くだけではなく、ひと手間かかった豪華な雰囲気に大変身します。簡単にできるおすすめレシピをご紹介!

のせるだけでOK!レシピ

マユ先生のHow To

白髪ねぎを乗せるだけでお店の料理のような雰囲気に仕上がるのは、牛丼や担々麺などの麺類です。ラーメンに白髪ねぎをたっぷり盛れば、あっという間にねぎラーメンのできあがりです。

マユ先生のHow To

また、金目鯛などの魚の煮付けや、豚の角煮、豚汁や水餃子などに盛ると、ねぎの辛味がこってりした味付けのアクセントになり、より美味しくなりますよ。

シンプル白髪ねぎサラダ

醤油、酢、砂糖、ごま油、鶏ガラスープの素、にんにくのすりおろし、ラー油、すりごまをボールに入れて、混ぜ合わせておきます。水気を切った白髪ねぎをよく和えたら、できあがりです。

白髪ねぎスープ

たっぷりの白髪ねぎを用意します(2人分で長ねぎ3本)。鍋に水を入れ、沸騰したら鶏ガラスープの素を入れます。塩をお好みで入れ、白髪ねぎを投入。10~15秒ほど煮たら、器に盛って召し上がれ。体が温まりますよ。

ささみとザーサイの白髪ねぎ和え

味付けは塩だけの簡単なレシピです。おつまみにもぴったりですよ。
最初に、鶏のささみ3本分の筋を引いて耐熱容器に並べ、酒を振りかけます。塩こしょうをして、ふんわりとラップをかけ、電子レンジ(600W)で1分30秒~2分加熱。そのまま余熱で中まで火を通してください。火が通ったらささみは食べやすい大きさに裂き、ザーサイは細切りにしましょう。
ボウルに、ささみ、ザーサイ、白髪ねぎ、塩、ごま油を入れて混ぜ合わせ、器に盛った後、ラー油と白ごまをかけたら完成です。

ねぎチャーシュー

豚のブロック肉をファスナー付きの保存袋に入れます。味付けは、市販のすき焼きのたれを使います。たれ(300gの豚肉に対し、100~150ccほど)を袋の中に注ぎ、刻んだにんにくを投入し、袋の上から軽く揉みこみます。空気が入らないようにジッパーを閉め、冷蔵庫で半日~1日置きます。その後、お肉を漬け汁と一緒に鍋に移して、落とし蓋をして中火で煮詰めます。煮詰まったら、お肉を取り出し、薄く切って器に盛ります。白髪ねぎを盛って完成です。

白髪ねぎって、外側の白い部分だけを使うのですね!
今まで、ねぎをそのまま切っていました…

白髪ねぎは、水に5分ほどさらして
水の中で揉むと辛みを抑えることができますよ
いろいろな料理に取り入れてくださいね!

監修 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。