くっつかないお餅の焼き方の画像

くっつかないお餅の焼き方

香ばしいお餅の焼き方を動画でご紹介します。

今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~ 今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~

  くっつかないお餅の焼き方

「うちのご飯は世界イチ」の番外編、お料理の基本をご紹介するミニレッスンへようこそ。
第38回は「お餅の焼き方」です。トースター/フライパン/網(コンロ)を使ったお餅の焼き方をご紹介します。


マユ先生、お餅って美味しいですよね
僕、お餅が大好きで、お正月の間はずっと食べちゃうんですよ
コウちゃんもすっかりハマってしまいました

“もちもち”おもち~♪

お餅、美味しいですよね!
焼き方はいろいろありますが、
フライパンで焼くのがおすすめですよ

え、フライパンでも焼けるんですか!いつも、トースターで焼いていました
フライパンならたくさん焼けそうですね

そうなんですよ
他の焼き方もあるので、
いろいろな方法で美味しいお餅を焼いていきましょう!

マユ先生のHow to

お餅の焼き方

トースター、フライパン、網(コンロ)、魚焼きグリルを使った美味しいお餅の焼き方をご紹介します。

トースターを使った焼き方

マユ先生のHow To 「くっつかないお餅の焼き方」事前に1~2分予熱をして、お餅をのせて4分ほど焼きます。
事前に1~2分予熱をして、お餅をのせて4分ほど焼きます。
マユ先生のHow To「くっつかないお餅の焼き方」表面に焼き色が付いたら、そのまま1~2分置きます。
表面に焼き色が付いたら、そのまま1~2分置きます。

マユ先生のチェック

お餅がくっつかないようにするコツ

お餅を焼くたび、トースターの網にお餅がこびりつく…。そんな失敗をなくす方法は2つ。まず、先に予熱でトースターを温めておきましょう。アルミホイルを敷くのであれば、アルミホイルも先に温めておきます。また、油を染み込ませたキッチンペーパーで網を軽く拭き、コーティングしておくのもおすすめの方法です。それだけで、お餅がくっつきにくくなります。

フライパンを使った焼き方

テフロン加工されたフライパンをお使いください。テフロン加工以外のフライパンの場合は、お餅がくっつきやすいので油を引くかオーブンシートを敷いてから焼きましょう。

マユ先生のHow To「くっつかないお餅の焼き方」熱する前のフライパンにお餅をのせ、中火で5分ほど焼きます。
熱する前のフライパンにお餅をのせ、中火で5分ほど焼きます。
マユ先生のHow To「くっつかないお餅の焼き方」裏返してさらに3分ほど焼きます。
裏返してさらに3分ほど焼きます。

網(コンロ)を使った焼き方

マユ先生のHow To「くっつかないお餅の焼き方」コンロに網をのせて、事前に1~2分温めます。お餅を網にのせ、お餅に直接火が当たらないように火加減を調整します。
コンロに網をのせて、事前に1~2分温めます。お餅を網にのせ、お餅に直接火が当たらないように火加減を調整します。
マユ先生のHow To
表裏を返しながら7~8分焼きます。

魚焼きグリルを使った焼き方

魚焼きグリル(片面グリル)の網にアルミホイルをのせて、先に2~3分予熱しておきます。
十分に温まったらお餅をのせて、弱火で2分焼きましょう。裏面も1分30秒ほど焼いて、好みの焼き色が付いたら取り出してください。

焦げないように焼くコツは、お餅が途中で膨らんだら、菜箸などで押さえて平らにすること。膨らんで火に近付くとそこだけ黒く焦げてしまうので、注意しましょう。

つきたてのようなやわらかいお餅にするには?

つきたてのとろりとやわらかいお餅が食べたい!というときは、電子レンジを使ってお餅を加熱しましょう。お餅が重ならずに入る大きさの耐熱容器に、お餅を2個入れます。そこに、お餅がギリギリ浸るくらいの水を加えてください。その状態で、600wに設定した電子レンジで2分ほど加熱しましょう。まだお餅がかたい場合は、10秒ずつ加熱していきます。お餅全体が膨らんだら取り出すようにしましょう。加熱し過ぎるとお餅が溶けてしまいますから、ご注意を。

お餅の保存方法

マユ先生のHow To
ファスナー付きの保存袋に入れて冷凍します。保存期間の目安は、約1ヵ月です。

冷凍したお餅を上手に焼くには?

冷凍したお餅も、そのままトースターで焼くことができます。冷凍していないお餅の場合と同様に、予熱したトースターで焼きましょう。途中で焦げ付きそうな場合は、アルミホイルをかぶせてください。

焼き時間は、通常よりも少し長くします。正確な時間はお餅の大きさやワット数によるので、様子を見ながら調整しましょう。

お餅を使ったおすすめレシピ

年末年始、餅つき大会のおすそ分けなどで余りがちなお餅。醤油を付けるシンプルな食べ方も美味しいですが、何日も続くと飽きてしまいますよね。少し手を加えるだけでより美味しく食べられる、お餅のアレンジレシピをご紹介します!

お雑煮

マユ先生のHow To「くっつかないお餅の焼き方」お雑煮

鍋の水を沸騰させてかつお節を入れ、弱火にして3分ほどで火を止めます。かつお節が底に沈んだら、ザルでこしてください。だし汁を鍋に戻し、沸騰したら鶏もも肉を入れて煮ます。肉に火が通ったら、酒、醤油、塩で味付けましょう。器に焼いたお餅とかまぼこを入れて、汁を注ぎます。三つ葉、ゆずをのせて完成です。

からみ餅

マユ先生のHow To「くっつかないお餅の焼き方」からみ餅

大根をすり下ろして軽く汁気を切り、醤油とかつお節を混ぜます。お餅は熱湯でゆでるか、電子レンジで加熱してやわらかくしておきます。お餅に大根おろしを絡めて、器に盛ります。仕上げに青ねぎや七味唐辛子を振っても美味しいですよ。

お餅ピザ

フライパンに油を引いて、お餅を並べます。水を少量入れて、蓋をして弱火でじっくり焼いてください。お餅がぷっくりと膨らんできたら、チーズ、トマトやベーコン、ピーマンなどお好みの具材をのせましょう。蓋をして、弱火で3~5分程度焼いたらできあがりです。

きな粉餅

マユ先生のHow To「くっつかないお餅の焼き方」きな粉餅

お餅は熱湯でゆでるか、電子レンジで加熱してやわらかくしておきます。仕上げにお餅にきな粉と砂糖をまぶしたらできあがりです。

おかき

マユ先生のHow To「くっつかないお餅の焼き方」おかき

お餅を小さくカットします。天日干しするか、レンジで加熱してよく乾燥させます。ひび割れができるぐらい乾燥させると、カリッと仕上がりますよ。170~180℃ほどの油で、きつね色になるまで火を通しましょう。

揚げたてのうちに味付けをします。塩を振れば塩おかきに。醤油と砂糖を混ぜ合わせて絡めれば、甘辛醤油おかきの完成です。

パパみて~!おもちのびた~!

もちもちお餅美味しいね!
トースター以外でも、美味しくお餅を焼くことができました

お好みの焼き方でお餅料理を楽しんでくださいね~!
お餅はカビが生えやすいので、早めに保存しましょう!

監修 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。