海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!の画像

海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!

海苔巻きの巻き方を動画でご紹介します。

キーワード
今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~ 今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~

  海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!

「うちのご飯は世界イチ」の番外編、お料理の基本をご紹介するミニレッスンへようこそ。
第44回は「海苔巻きの巻き方」です。海苔巻きの巻き方のコツをご紹介します。


この間、マユ先生に教えてもらった酢飯
ママが作ってくれました!
なので、酢飯を使って海苔巻きを作ってみたんですけど
海苔巻きって上手に作れないものですね~

マサキさん、さっそく酢飯を作ってみたのですね!
海苔巻きは、ご飯の量と広げる位置がポイントです
また、切り方もひと工夫加えることで、きれいな仕上がりになります

そうそう!なかなかきれいに切ることができなくて、
海苔や具がぐしゃっと潰れてしまったんです

では、今回は海苔巻きの巻き方や
仕上げの切り方を一緒にやってみましょう!

マユ先生のHow to

基本的な海苔巻きの作り方

シンプルな細巻きも、具だくさんの太巻きも、お店のようにきれいに仕上げる作り方のコツをご紹介します。

用意する道具

巻き簾(まきす)

海苔巻き、伊達巻きなどを作るための道具です。多くは竹製ですが、最近ではプラスチック製やシリコン製のものも見られます。

マユ先生のチェック

巻き簾がないときの代用品は?

巻き簾がないときは、ラップで代用できます。ラップだけだと薄くて不安な場合は、ラップの代わりにアルミホイルを2~3枚重ねて使うと崩れにくくなります。

まな板
海苔巻きを巻く作業をするときに使います。大きめのまな板を縦向きに置くと、巻きやすくなります。
包丁
巻き終わった海苔巻きを食べやすく切るときに使います。よく切れるように、きちんと研いでお手入れしておきましょう。
ふきん
海苔巻きを切った包丁の刃を拭くときに使います。切る度に絞ったふきんで拭き、刃を湿らすことで、ご飯が付きにくく、切りやすくなります。

細巻きの作り方

マユ先生のHow To 「海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!」海苔の長編を二つ折りにして切り離します。
海苔の長編を二つ折りにして切り離します。
マユ先生のHow To「海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!」巻き簾を広げ、海苔をのせます。このとき、光沢のある方を下にします。海苔の上に、酢飯70~100gを広げます。海苔の巻き終わりが1cmほど残るようにしてください。
巻き簾を広げ、海苔をのせます。このとき、光沢のある方を下にします。海苔の上に、酢飯70~100gを広げます。海苔の巻き終わりが1cmほど残るようにしてください。
マユ先生のHow To「海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!」広げた酢飯の中央に、具を置きます。
広げた酢飯の中央に、具を置きます。
マユ先生のHow To「海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!」巻き簾ごと、二つ折りにするように巻いていきます。1周巻いたら、片手で巻き簾を握って手前に軽く引きつつ、もう片方の手で奥の巻き簾を持って押し、しっかりと巻いてください。巻き終わりの海苔が下になるように巻き簾を外し、5分ほど置きます。
巻き簾ごと、二つ折りにするように巻いていきます。1周巻いたら、片手で巻き簾を握って手前に軽く引きつつ、もう片方の手で奥の巻き簾を持って押し、しっかりと巻いてください。巻き終わりの海苔が下になるように巻き簾を外し、5分ほど置きます。
マユ先生のHow To「海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!」ふきんなどで包丁の刃を濡らしながら、押し出すように切っていきます。
ふきんなどで包丁の刃を濡らしながら、押し出すように切っていきます。

太巻きの作り方

マユ先生のHow To 「海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!」海苔の長編を二つ折りにして切り離します。
巻き簾を広げ、海苔をのせます。このとき、光沢のある方を下にします。海苔の上に、酢飯200gを広げます。海苔の巻き終わりが2cmほど残るようにしてください。
マユ先生のHow To 「海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!」海苔の長編を二つ折りにして切り離します。
広げた酢飯の中央より少し下に、具を置きます。
マユ先生のHow To 「海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!」海苔の長編を二つ折りにして切り離します。
海苔の手前を巻き簾ごと持ち上げ、巻き終わり部分まで一気に持っていきます。
マユ先生のHow To 「海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!」海苔の長編を二つ折りにして切り離します。
1周巻いたら、片手で握りつつ、巻き簾ごと自分の方に軽く引き寄せます。もう片方の手で、巻き簾の巻き終わりを自分の方へ引き寄せ、固く巻いていきましょう。
マユ先生のHow To 「海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!」海苔の長編を二つ折りにして切り離します。
ふきんなどで包丁の刃を濡らしながら、太巻きを2cm幅に切ります。

細巻きと太巻き、それぞれおすすめの具は?

細巻きにおすすめの具材は、かんぴょう、きゅうり、ネギトロ、納豆など。切り口の華やかさも楽しみたい太巻きは、彩りになる卵焼きや桜でんぶ、三つ葉などがおすすめ。
そのほか、煮穴子やアボカドサーモン、カロリー控えめのカニかまぼこや鶏の胸肉など、お好みでいろいろな具材を使って作ってみてくださいね!

海苔巻きレシピのおすすめをご紹介!

おもてなしやお弁当に活躍する、アレンジ海苔巻きにチャレンジ!1歳前後の小さなお子さまでも、食べやすく工夫してあげると一緒に海苔巻きを楽しめますよ。

韓国風海苔巻き

韓国風海苔巻き

ごま油の風味が香ばしい、韓国の海苔巻き「キンパ」を家庭で簡単に。
海苔の上に、ごま油と塩少々を混ぜたご飯を広げ、ごま油で軽く炒めたにんじん・たくあん・牛肉、茹でたほうれん草と厚焼き卵をのせて太巻きにします。
お好みでキムチやナムルなどを巻いてもよいですね!

お花の太巻き

お花の太巻き

ひなまつりやお花見で人気の、花模様の切り口がかわいらしい太巻きです。
梅や桜でんぶ、鮭フレークを混ぜてピンク色にした酢飯で、極細の細巻きを5本作ります。同じように、刻んだたくあんを混ぜて黄色にした酢飯で、極細の細巻きを1本作ります。黄色の細巻きを中心に、ピンク色の細巻き5本を並べ、まとめて太巻きに。

薄焼き卵の太巻き

薄焼き卵の太巻き

海苔の代わりに、ほんのり甘い薄焼き卵で巻いた太巻きです。チーズやハム、チキンなど洋風の具材とも相性ピッタリで、小さなお子さまにもおすすめ。
片栗粉を少し混ぜて破れにくくした薄焼き卵を、巻き簾に置きます。その上に酢飯を広げ、普通の太巻きと同じ要領でお好みの具を巻きましょう。

離乳食後期から食べられる海苔巻き

歯ごたえのあるものも食べられる離乳食後期の1歳前後からは、海苔巻きを食べられるお子さまもいるようです。親子一緒に、節分の恵方巻を楽しんでみてもよいですね。

酢飯の代わりに軟らかめの白ご飯を使うと、お子さまでも食べやすくなります。具は生ものやわさびを避け、刻んだブロッコリーや鶏肉のそぼろなどを巻きましょう。海苔は噛み切りやすいように細かく刻んでお米の周りに付けると安心です。

お弁当箱に海苔巻きをきれいに詰めるには?

細巻きも太巻きも切り口が見えるように詰めると、具材が分かりやすく見た目も華やかになります。細巻きはお弁当箱の高さに合わせて切り、具材が見えるように立てて詰めましょう。太巻きは斜めに傾けるように詰めるとよいですよ。

やっぱり、巻くときの力加減は難しいですね…
まだまだ特訓が必要です!

力加減は、徐々に慣れていきましょう!
海苔巻きは日本人に親しまれている伝統的な料理です。
節分の恵方巻やひなまつり・子どもの日など
お祝いごとの際には主役料理となりますから、きれいに作れたらかっこいいですよ!

そうですね…!
お花見の季節も近付いてきたし
お花の太巻きもきれいに作れるようになって
みんなをびっくりさせるぞ!

監修 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。

バックナンバー

第47回 簡単&きれい!お弁当の詰め方の基本とコツ

第46回 ブロッコリーの正しいゆで方

第45回 ごぼうのささがきの方法

第44回 海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!

第43回 簡単!酢飯の作り方

第42回 すまし汁の作り方

第41回 魚の三枚おろし

第40回 新鮮な魚の選び方

第39回 味噌汁の作り方

第38回 お餅の焼き方

第37回 錦糸卵の作り方

第36回 白髪ねぎの作り方

第35回 包丁の研ぎ方・お手入れ方法

第34回 まな板のお手入れ方法

第33回 野菜の冷凍保存方法

第32回 肉・魚の冷凍保存方法

第31回 かぼちゃの下ごしらえ

第30回 蒸し器の使い方

第29回 土鍋でご飯を炊く方法

第28回 新米の炊き方

第27回 きのこの下ごしらえ

第26回 りんごのむき方・切り方

第25回 お刺身の盛り付け方

第24回 お刺身の切り方

第23回 ピーラーの使い方

第22回 調味料のさしすせそ

第21回 おにぎりの握り方

第20回 お米の炊き方の基本

第19回 肉の下ごしらえ

第18回 キャベツの千切りの方法

第17回 包丁の使い方・動かし方

第16回 玉ねぎのみじん切りの方法

第15回 乱切り・くし形切りの方法

第14回 あさりの砂抜き・塩抜き方法

第13回 千切りの方法

第12回 計量の仕方

第11回 輪切り・半月切り・いちょう切りの方法

第10回 ゆで卵の作り方

第9回 揚げ物の基本

第8回 卵の割り方、卵黄と卵白の分け方

第7回 にぼしだしの取り方

第6回 かつお昆布だしの取り方

第5回 昆布だしの取り方

第4回 アクの取り方

第3回 野菜の皮のむき方

第2回 弱火・中火・強火って何度?火加減の正しい調整方法とは

第1回 料理のプロに教わる!包丁の正しい持ち方・姿勢