【公式】共用部修繕・リフォーム

提案から、施工まで細かくサポート。

小規模な修繕から、各種更新工事まで一貫したサービスをご提供いたします。マンションの共用部に関わる改修、設備機器の補修・更新などを通じ、これまで培ってきた実績とノウハウを生かして、多彩な工事を幅広く行っています。


外壁塗装工事

※imagePhoto

建物を太陽や雨、排気ガスから守り、可能な限り劣化を防止するのが塗料の役割です。外壁の塗り替え時期は、塗装の状態がチョーキング(白亜化)・亀裂・浮きなど生じていたら塗り替えを検討する時期であり、一般的に10年前後と言われています。

鉄部塗装工事

※imagePhoto

建物に付帯している鉄部は扉、扉枠、手すりなど各所に見受けられます。鉄部のサビ、腐食などを防ぐには塗装をしなくてはなりません。塗り替え時期は、塗装の状態がつやが無くなり手に粉がつく状態やサビが発生しているようであれば検討する時期であり、一般的に4~5年前後と言われています。

防水工事

※imagePhoto

新築時の屋上やベランダ・廊下等に防水処理は施されていますが、防水層は一般的に約10年~15年で経年劣化が発生し、下階の室内やベランダ・廊下の天井に漏水を引き起こす可能性があります。このような漏水事故を防ぐ為にも、定期的な改修工事を行う必要があります。

廊下床改修工事

※imagePhoto

廊下床改修工事で用いられる、塩ビシートは水に濡れても滑りにくい防音性と優れた吸音性を備えており、靴音などを軽減します。また、仕上がりも美しく殺風景になりがちな廊下を洗練された雰囲気にいたします。

エントランス改修工事

※imagePhoto

エントランスは、マンションの「顔」のようなもの。経年劣化による改修のみならず、バリアフリー対応や、防犯対応、全面的なリフォームなどを行い、居住者様に安心と明るく、暖かみのある「顔」をご提供します。

玄関扉改修工事

玄関扉は、「住戸の顔」とも言えます。劣化等に合わせて、扉だけでなく枠ごと取り換えたり、デザインの変更や、ピッキング対策、開け閉めしやすいレバーハンドル等も行っています。お出かけの気持ちよさにもつながります。