ストックビジネス強化へ 介護付有料老人ホーム事業を積極展開 新ブランド゙を立ち上げ、千葉県で初展開「センチュリーポート西千葉」〜非常用飲料水生成システム「WELL UP」を初採用〜

ストックビジネス強化へ 介護付有料老人ホーム事業を積極展開 新ブランド゙を立ち上げ、千葉県で初展開「センチュリーポート西千葉」〜非常用飲料水生成システム「WELL UP」を初採用〜

 長谷工グループの有料老人ホーム運営会社である株式会社センチュリーライフ(本社:東京都港区、社長:北村嘉孝)は、この度、老人福祉法に基づく設置届を完了し、介護付有料老人ホーム「センチュリーポート西千葉」事業(以下、「西千葉」)に着手致しました。2006年6月のオープンに向けて、常時介護が必要な方や日常生活で何らかの支援を必要とされる方を対象に、来春より入居者を募集していく予定です。(来年4月に施設完成予定)
 「センチュリーポート」は、これまでの有料老人施設運営で培ったサービス理念「ジェントルサービス」を基本に、暮らしに必要な選りすぐった介護サービスを提供する新ブランドで、入居費用の低減を図り、入居者の対象層拡大を目指してまいります。今後は西千葉を皮切りに積極展開してまいります。


[背 景]
 長谷工グループはその総力を結集して、21世紀に相応しい都市型新産業の具現化を目指して、住まいに関するさまざまな事業を推進しております。中でも急速な高齢化社会を迎えつつある我が国の需要をにらんで、「高齢者のための住宅整備および住まい方提案」に取り組んでまいりました。1985年にセンチュリーライフを業界に先駆けて設立し、長谷工がもっとも得意とするマンションづくりの技術とノウハウを活かして、医療施設とは異なる“住まい”という視点に立った介護付有料老人ホームを企画・運営してまいりました。1989年に「センチュリーシティ大宮公園」(さいたま市、総戸数106戸)を開設、2000年には要介護者専用の「介護館」(総室数30室)を増設しました。また、2003年には県内初の改修型施設「センチュリーシティ北浦和」(さいたま市、総室数58室)を開設しております。これらの施設運営に対しては行政より高い評価を頂くとともに、高い入居稼働率(90%)を誇っています。


[「センチュリーポート西千葉」について]
  今回の「西千葉」は、築14年の企業独身寮(70室)の土地・建物を取得し、1人用居室64室と共用施設をもつ介護付有料老人ホームに改修するもので、長谷工がもつマンションづくりのノウハウを結集し、企画・設計・インテリアなどにおいて要介護者に対する安全性と住まいやすさを徹底追求しました。国内外で大地震が頻発し、その甚大な被災状況によって生活インフラの確保に対する社会的関心が高まっていることから、非常用飲料水生成システム「WELL UP(ウエルアップ)」※を国内の有料老人ホームとしては初めて設置致します。入居者のみならず、近隣の方々の日常生活への安心感を向上できるものと期待しております。
また、本物件はJR「西千葉」駅徒歩6分の閑静な住宅地に建ち交通の利便性や住環境に優れており、入居者の家族等の訪問や近隣との交流が育まれ、高齢者の住まいの重要な要素である”社会性の維持”が保たれる環境にあります。

※「WELL UP」:長谷工コーポレーションが開発した、震災時等における上水道の断水時に飲料水を供給  するシステム。河川や防火水槽、プールに備えた水を汲み上げ純水に近い水に生成します。
  1台の給水能力は24時間15トンで、被災時に約4800人が必要とする飲料水をカバーできます。これ  までマンションなど国内外で9件の採用実績があります。


[今後の展開]
 長谷工グループは、今年4月より「新中期経営計画(
年度~2007年度)をスタート致しました。同計画では、フロー(建設関連事業グループ)とストック(サービス関連事業グループ)の両輪体制を確立し、本業収益力の強化を目指しております。介護付有料老人ホーム事業は、ストックビジネスを支える柱の1つに位置づけられており、今後は「センチュリーポート西千葉」を皮切りに、年間3件程度(経営計画期間中10件程度)の着手を目標に推進強化してまいります。

 


【介護付有料老人ホーム「センチュリーポート西千葉」概要】

 [建物概要]

 所在地 千葉市中央区松波2-21-6
 交通 JR総武線「西千葉」徒歩6分
 敷地面積 1,178.60㎡
 延べ面積 2,356.36㎡
 建築面積 545.84㎡
 構造規模 鉄筋コンクリート(RC)造 6階建て
 設計・施工(改修) 株式会社長谷工コーポレーション
 改修施工日 2006年4月<予定>(建物竣工日:1991年3月)
 開業日 2006年6月<予定>

 [主な改修内容]

戸数の変更
全館バリアフリー化
共用部分に冷暖房新設
スプリンクラー設置
共用部(リビング・浴室など)新設
エレベーターのストレッチャー対応
入り口前スロープの設置
ヘルパーコール設置
床、クロスの張替えなど
専用居室のトイレ・洗面の新設
専用居室の扉の変更(開き戸から引き戸)

 [施設概要]

 専用居室
64室(全室個室 2~4階各17室、5階13室)
 居室面積
14.8㎡
 共用施設
健康管理室、機能訓練室、リビングダイニング、一般浴室、個浴室、特別
 
特別浴室、ヘルパーステーション、会議室、理美容室ほか

 [入居システム]

 権利形態
終身利用権
 入居一時金
未定
 月額費用
未定
 入居募集
2006年春開始<予定>

 

【センチュリーライフの概要】

 設立
1985年11月19日
 資本金
1億円
 所在地
東京都港区芝2丁目32番1号
 事業内容
有料老人ホームの経営およびコンサルタント事業
    介護保険事業(特定施設入所者生活介護・訪問介護・居宅介護支援・訪問介護・
 
福祉用具貸与)




【「センチュリーポート西千葉」外観完成予想図)】