火災保険・地震保険

イメージ画像

火災保険は火災や落雷、風水災などの自然災害から、建物・家財の損害を補償するための保険です。近年異常気象によると思われる自然災害も増加傾向にあり、火災保険の重要性はますます高まっています。

またマンションライフでは、類焼損害や、上階の火災の際の消防・消火活動に伴い発生する放水による水ぬれ被害についても、火元に対する賠償請求が多くの場合認められないなど、ご自身の財産を守るためにも火災保険は必要です。さらに地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災や損壊、流失による損害は、火災保険では補償されないため地震保険への加入が必要になってきます。ただし火災保険では地震火災費用保険金が支払われることがあります。(地震火災費用保険金は、地震等を原因とする損壊・埋没・流失による損害に対しては支払われません。)

地震保険は単独で加入することができないため、必ず火災保険にセットする形で加入します。地震保険加入時は、建物・家財それぞれに地震保険をセットするか検討します。

その他「自室から水漏れを起こしてしまい階下に被害を与えてしまった」「自転車で他人にケガをさせてしまった」など、日常生活における法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合に備え、個人賠償責任保険(個人賠償特約)への加入をお勧めいたします。その他マンションライフにおけるリスクに対応した各種特約などの補償も充実しておりますので、火災保険加入に際してはご検討ください。

商品紹介はこちら
  • あいおいニッセイ同和損害保険
  • 損保ジャパン日本興亜
  • AIG損保

お電話でのお問い合わせはこちら