働いていたい場所
働きやすい職場づくり

#多様な人々の活躍

「働き方改革」の推進

一人ひとりの社員が持てる能力・技術を最大限に発揮して活躍するためには、社員の努力だけでなく、働きやすい職場の実現や、生産性の向上に向けた会社のサポートも不可欠です。
長谷工グループでは、業務改革や生産性の向上、時間外勤務の縮減、休日・休暇取得等の実現を目指した「MOSt(モス)活動」に加え、グループ各社・各部門で自発的な取り組みを進めています。2018年7月に「働き方改革」関連法が成立したことも踏まえ、今後も積極的に取り組みを進めていく考えです。

#多様な人々の活躍#労働環境・安全衛生

多目的スペース『MOSt Place』がオープン

芝本社ビルおよび平野町ビルに、多目的スペース「MOSt Place(モスプレイス)」がオープンしました。“生産性向上”“コミュニケーションの活性化”をコンセプトに、新たな発想や閃きを創出できる空間、多様な社員と交流ができる空間、ちょっと一息つける空間としました。ミーティングやサテライトワーク、アフター5のイベントなどフレキシブルな活用ができ、社員一人ひとりの可能性を広げ、イノベーションが生まれる場所を目指しています。

「プライベートラウンジ」は、
少人数や一人で集中したいときに
「ブラウジングスペース」は、
情報収集の場
「フレキシブルスペース」は、
自由にテーブルレイアウトの変更が可能です
#多様な人々の活躍#労働環境・安全衛生

価値創生部門におけるクリエイティブオフィス

長谷工グループの将来事業を創出・実証し、商品・サービスの競争力向上と労働生産性の向上を目指す「価値創生部門」では、イノベーションを創出する拠点として、オフィス空間を長谷工グループ初の「クリエイティブオフィス」としました。
コンセプトは、「Road Trip/旅するオフィス」。イノベーション推進を担う「FIT(フィット)開発部」の社員が核となって検討を重ね、旅をするように働くエリアを自由に歩き、偶然のコミュニケーションを活かして確かな成果をあげることを目指したオフィス空間を設計しました。
加えて、自主運営組織「オフィスデザイン委員会」を発足し、美観維持、コミュニケーション促進、オフィス改善への意見や提案の見える化等に取り組み、クリエイティブオフィスの維持に努めています。

オフィス中心部のカフェスペース:
偶発的なコミュニケーションを演出する
「マグネットポイント」
TEDスペース:
コミュニケーションから生まれたアイデアをすぐに書き出せる
「スケッチポイント」
月に一度全員でオフィスの清掃を行う
「クリーンデー」

価値創生部門におけるクリエイティブオフィス

#多様な人々の活躍

4週8閉所の実現

日建連では「週休二日制推進本部」を設置して「週休二日実現行動計画」を定め、2021年度末までに4週8閉所の実現を目指しています。長谷工コーポレーションにおいても、2002年から建設作業所での土曜日一斉閉所の取り組みを開始、2006年からは年間5日間の土曜日一斉閉所を設定推進してきました。2018年度からは4週6閉所の実施を推進。2019年度の4週6閉所の実施率は81.6%でした。今後も建設業界の課題解決に向け引き続き取り組んでいきます。

#多様な人々の活躍#労働環境・安全衛生

グループ全体で職場環境の改善を目指す「MOSt(モス)活動」

長谷工グループでは心身の充実を図り、能力を発揮できる業務環境の創出を目指して、2005年度より「MOSt活動」を展開しています。「MOSt」は「Move On Step」の頭文字をとったもので、「一歩ずつ地道に活動する」という思いが込められています。
「MOSt活動」の具体的な推進については、長谷工コーポレーションの各部門やグループ内の各会社毎に組成した委員会が中心となっています。労使それぞれの立場から選出された委員が、自らの職場特有のテーマ・課題を設定して、解決策を検討・実践しています。それぞれの活動状況は各委員会の事務局間で定期的に共有を行っているので、効果の高い施策は随時水平展開され、グループ全体の職場環境の改善にもつながっています。

2019年度の取り組み

2019年度は前年に引き続き「業務効率化・生産性向上に取り組み、実感できる働き方改革を!!」をスローガンに掲げ、活動をスタートしました。 各委員会の活動の成果として、モバイルPC・仮想デスクトップの導入によるモバイルワークの推進や、現場作業所におけるICT機器・アプリ等の展開、RPAの適用業務の拡大など様々な施策が実行されました。特にモバイルPC・仮想デスクトップの導入については、コロナウィルスの感染拡大防止と事業継続の両立を図らなければならない中でも、有効に機能することとなりました。 各委員会を中心とした活動以外にも、年2回のグループ統一早帰りデーや部門毎に実施する部門早帰りデー、各委員会の活動内容の共有・水平展開、役職員の意識啓発を目的としたMOStレポートの発行(月1回の頻度で発行)などグループ全体に渡る活動も行っています。