CSRビジョン・CSR方針・
4つのCSR取り組みテーマ
社内での議論と
マテリアリティ特定
CSR担当役員
メッセージ

長谷工グループ企業理念

都市と人間の最適な生活環境を創造し、
社会に貢献する。

私たちは、住まいと暮らしの創造企業グループとして、企業理念の実現に向け
以下のCSRビジョンのもとに、CSRへの取り組みを推進していきます。

CSRビジョン
大切な暮らしを、もっと、ずっと。

CSR方針のもと、長谷工グループの一人ひとりが
日々の業務においてCSRを実践していきます。

CSR方針

私たち長谷工グループは、CSRビジョンの実現に向け、次の方針のもとに、
CSRへの取り組みを推進していきます。

  • 住まいと暮らしに関わる幅広い事業を通じて、持続可能な社会の実現に貢献します。
  • 環境や社会に配慮した事業プロセスの実現に向けた取り組みを、ステークホルダーと協働して推進します。
  • 生活者をはじめとする様々なステークホルダーの期待に応え、社会に新たな価値を生み出し続けていくために、グループ総合力を最大限に活かすマネジメントを強化します。
  • 企業活動のすべてにおいて、高い倫理観のもとに、法令遵守を徹底します。
  • CSR取り組みの継続的な改善を図っていくとともに、情報開示を積極的に進め、組織としての透明性を高めます。

CSRへの取り組み推進の核となるのは、
私たちが大切にしている「グループ総合力」です。

■ 4つのCSR取り組みテーマ

4つのCSR取り組みテーマ
    • 住んでいたい空間
    • 様々なひとが安心して暮らし、成長し、それぞれのスタイルで活き活きと過ごす空間をつくっていきます。保育、教育、介護、福祉など、暮らしの質を上げていくための事業を推進していくとともに、さらなる安全・安心と環境配慮を暮らしのスタンダードにしていきます。
    • 働いていたい場所
    • 多様な人びとが活躍する、安全で生産性の高い職場をつくっていきます。住まいと暮らしに関わる技術とノウハウを備えた人材が、熱意溢れるチームワークの広がる職場で、協力会社とともに今と未来のまちづくりに挑戦していきます。
    • 大切にしたい風景
    • 住まいをつくり、暮らしのサービスを提供するプロセスの環境配慮を推進します。生態系への影響に配慮し、資源・エネルギー効率の向上を追求し、協力会社とともに自然を大切にする現場・職場をつくっていきます。
    • 信頼される組織風土
    • ステークホルダーから信頼され、ともに価値を生み出すグループであり続けるために、組織として果たすべき取り組みを着実に実践していきます。また、グループの総合力を活かすマネジメントを強化し、住まいと暮らしの新たな社会・環境課題を的確にとらえ、事業を通じた社会貢献の領域を常に開拓していきます。

■ 長谷工グループのCSR取り組みと関連性の深いSDGs 10目標

SDGs(国連の持続可能な開発目標)の17目標のうち、長谷工グループの事業と関わりの深い10目標を特定しました。
長谷工グループの事業は世界の社会・環境課題と密接な関わりがあることを認識し、事業を通じた課題解決によって、社会価値の創造と長谷工グループの成長を両立させていきます。

SDGsアイコン