信頼される組織風土
生物多様性保全活動

#社会貢献活動推進

⻑⾕⼯グループ⽣物多様性⾏動指針

基本理念

長谷工グループは、「都市と人間の最適な生活環境を創造し、社会に貢献する」をグループ理念に掲げ、企業活動を行っています。人や企業は、自然環境からの様々な恵みを享受していることを認識し、生物多様性に配慮した企業活動を行うことにより、この保全並びに改善に資するよう努め、より快適で持続可能な地球環境を目指して参ります。

行動指針

  1. コンプライアンス
    生物多様性保全に関する法令等を順守するとともに、関連政策や社会的要請を把握し、その知見を事業活動に反映するよう努めます。
  2. 教育啓蒙
    生物多様性の保全活動のために必要な知識・法令等の情報を、社内教育等を通じて普及展開し、生態系の価値に対する社員の認識を高めます。
  3. 建設事業における配慮
    生物多様性に配慮した計画・設計・提案の実施、工事による影響の回避・低減に努めます。
  4. 研究開発
    生態系に関する情報や技術的知見の集積を行い、関連する技術研究開発を進めます。
  5. 社会との協調
    地域の環境保全活動や学会・協会活動への参加を通じて、社会への貢献に努めます。
#社会貢献活動推進

「⻑⾕⼯の森林(もり)」プロジェクト

「長谷工の森林(もり)」プロジェクトは2017年2月に迎えた80周年記念事業の一環で、“社会貢献”“未来志向”“地域との連携”をテーマに2017年に長野県茅野市、2018年に和歌山県田辺市で活動が始まりました。これからも地域の皆様とともに、グループ全体で森林整備活動に積極的に取り組んでいきます。

長野県茅野市「長谷工の森林(もり)」第5回森林整備活動

2019年10月5日、長野県茅野市の「長谷工の森林」にて第5回森林整備活動を実施しました。参加したグループ社員とその家族86名は、森林内を散策して自然に親しんだ後、長谷工の森林七ヶ耕地財産区をはじめ長野県林務部、長野県諏訪地域振興局などのご協力のもと、往復約700mの道のりの中で3つのエリアに分かれて小木伐採や枯れ木の片づけなどの作業を行いました。当日は雲一つない快晴で、子どもも大人も一緒になって作業に取り組み、生い茂っていた木々がすっきりとしたことを実感できました。

長谷工の森林ひろばへの道
森林内の散策
小木伐採の様子

和歌山県田辺市「長谷工の森林(もり)」第2回森林整備活動

2019年6月1日、和歌山県田辺市の「長谷工の森林」にて第2回森林整備活動を実施しました。長谷工グループ社員とその家族73名で苗木500本と、「令和」への改元に合わせた“令和のサクラ”30本の植樹を行いました。
イベント当日は絶好の植樹日和で、地元の方のご指導の元、活動を行い、参加者と地元の方の交流の場としても大いに賑わいました。

集合写真
苗木の植樹
令和のサクラ植樹
#社会貢献活動推進

東京グリーンシップ・アクションへの参加

東京都が指定する保全地域において、都・NPO法人・企業が連携して行う自然環境保全活動「東京グリーンシップ・アクション」に2012年から参加しています。

⼋王⼦滝⼭⾥⼭保全活動

2019年5月25日、長谷工グループとしては7回目となる八王子滝山里山保全地域での里山環境復元活動を行いました。
長谷工グループ社員とその家族55名で竹の伐採、下草刈り、倒木処理、薪割り、道作り、畑作業、池の整備、樹名札づくり、竹細工体験を行いました。
参加者は汗をかきながら真剣に作業を行い、子どもたちも里山の自然を満喫しながら大人に交じり作業をしました。

集合写真
竹の伐採
畑づくり

清瀬松山緑地保全活動

2019年11月16日、長谷工グループとして8回目となる清瀬松山緑地保全地域での里山環境復元活動を行いました。参加したグループ社員とその家族58名は、東京都環境局とNPO法人環境学習研究会、清瀬の自然を守る会の協力のもと、自然観察、草地草刈り、笹刈り、落枝・落木整理や木柵交換、自然工作を行いました。保全地域内は、2019年9月・10月に日本各地に甚大な被害をもたらした「台風15号・19号」の影響で落枝・落枝が大量に発生しており、参加者全員で協力してこの片付け作業に取り組みました。参加者からは、「自然の保全は多くの人の手と時間が必要だとわかった」「木柵交換は大変な力仕事だったが、地元の方に喜んでいただけたし、達成感があった」といった声が寄せられました。

自然観察の様子
笹刈りの様子
笹刈り後のひろば
#社会貢献活動推進

藤前干潟周辺での清掃活動に参加

藤前干潟は、多くの渡り鳥が訪れる国際的に重要な湿地としてラムサール条約に登録されています。プラスチックによる海洋汚染が世界的な課題として大きな話題となっていますが、藤前干潟周辺でも、大量のプラスチックごみの長期残留が深刻な問題となっています。
2019年10月26日、藤前干潟クリーン大作戦実行委員会主催「秋の藤前干潟クリーン大作戦」に長谷工グループ社員とその家族39名と建栄会関西5名を含む約1,570名の市民ボランティアが参加し、岸辺に漂着したプラスチック等を家庭用ごみ袋(45L)約1,500袋分回収しました。非常にやりがいのある活動を実施することができました。

集合写真
清掃活動
清掃活動
#社会貢献活動推進

大阪府堺市「堺第7-3区 共生の森」にて森林整備活動を実施

2019年11月30日、長谷工グループは大阪府堺市「堺第7-3区 共生の森」にて森林整備活動を実施しました。この活動は多様な生き物がすむ自然豊かな「共生の森づくり」に取り組むため、府民・NPO・企業・行政等が協力して植樹を行うものです。
当日はグループ社員とその家族、協力業者86名が参加し、苗木276本を植樹しました。参加者からは「“育てる”ことができるのが魅力に感じる」といった声が寄せられ、楽しみながら森林整備活動を実施することができました。