1960年代

第1次マンションブーム [1963-1964年]

驚異的な高度成長を遂げる中、所得も大幅に増加し生活水準も著しく上昇した結果、より広く質の高い住まいへの欲求が高まりました。

1964年の東京オリンピックを前に公団・民間の相次ぐ供給によって、マンションが急速に普及していく中でブームが訪れました。背景には都心部の地価上昇に見合うだけの経済力をつけた購買力と区分所有法制定があげられます。この法律の制定により、共同分譲住宅に住むことがより強い法的な保護を受けられることになり、分譲マンションをより増加させたと考えられます。

ブーム時の年間供給戸数は1000~2000戸で現在の供給ペースより少ないですが、平均分譲価格は800万円などと当時の平均年収40~50万円の約15~20倍と非常に高額なものが多く、平均面積も約75㎡と広めでした。会社経営者・医者・弁護士などが主力購買層で当時のマンションは非常にハイクラスな住まいでした。

所謂デザイナーマンションの先駆け
「ビラ・ビアンカ」1964年築

第2次マンションブーム [1968-1969年]

オリンピック投資の終息とともに不況へと向かい、“ポストオリンピック不況”が訪れ、分譲マンションの供給は大幅に減少しましたが、“いざなぎ景気”により再び活況に転じました。

1968年に実施した住宅土地統計調査では、日本で初めて住宅戸数が世帯数を上回り、住宅供給も“量から質”の時代へと入っていきます。

このブームの特長は“マンションの大衆化”で販売不調に陥った民間デベロッパーが都心から近郊エリアへの拡散、専有面積の圧縮、実用的な設備・居住性の重視を行いました。

また、“住宅ローン付き”マンションの供給もこの時期からとなります。

1969年には長谷工自社事業第1号物件「芦屋松浜ハイツ」が建設されました。

長谷工自社事業第1号物件
「芦屋松浜ハイツ」1969年築
長谷工コーポレーション施工

印刷用ページを開く

ウィンドウを閉じる