耐震の流れ

予備調査

マンションの基本的な内容を確認します。

  • (1) 設計図書の確認(意匠図・構造図・構造計算書)
  • (2) 増改築履歴・大規模修繕履歴等
現地調査

マンションに担当者がお伺い致します。

  • (1) 履歴調査(増改築・用途変更・大規模修繕工事等の内容確認)
  • (2) 図面照合(目視・計測にて)
  • (3) 建物の外観劣化目視調査
  • (4) コンクリートコア抜き(圧縮強度試験及び中性化深さ試験)
診断・解析

耐震診断・解析を行います。

  • (1) 準備計算(建物重量・柱軸力・地震力等)
  • (2) 診断用図面の作成
  • (3) 電算モデル作成・入力
  • (4) 耐震診断実施・Is値※1・Ctu・SD値※2の算出
  • (5) 耐震補強案の検討(耐震補強が必要な場合)
  • (6) 二次壁等の耐震性検討(高架水槽等、含む)
  • (7) 耐震診断報告書作成
ご報告会の開催

報告書についての説明会を行います。

耐震診断・耐震改修により耐震基準への適合が確認されると耐震マークが公布されます

(東京都のマンションの場合)

耐震性のある都内すべての建築物を対象にマークが交付されます。

※1. ls値とは構造耐震指標のことをいい、地震力に対する建物の強度、靭性(じんせい:変形能力、粘り強さ)を考慮し、建物の描く方向(X・Y方向)について階ごとに算出します。

※2. Ctu・SD値:地震によって水平方向の力に対して耐えられる建物の強さの指標です。

印刷用ページを開く

ウィンドウを閉じる