1950年代

“分譲マンション”が登場したのがこの時期。

それに先立って戦前からの同潤会アパートが1949~1953年頃に掛けて従来からの賃貸居住の方々に払い下げられました。

当時の分譲マンションの特色はそこに住むことがステータスシンボルだったという点にあり、「宮益坂ビルディング」「四谷コ-ポラス」を初めとして、戸建てより高額でした。

そのため、分譲マンションを購入することは社会的な地位の象徴と言え、民間分譲マンションは立地も青山・原宿・赤坂などの都心一等地が中心でした。

また、国の持家政策の本格化とともに、日本住宅公団による「団地型」マンションが近郊・郊外を中心に多く供給されました。

「宮益坂ビルディング」(1953年築)

「四谷コーポラス」(1956年築)

印刷用ページを開く

ウィンドウを閉じる