昆布だしの取り方の画像

昆布だしの取り方

昆布だしのお湯での取り方と水出しの方法を動画でご紹介します。

キーワード
今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~ 今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~

第5回 昆布だしの取り方

「うちのご飯は世界イチ」の番外編、お料理の基本をご紹介するミニレッスンへようこそ。
第5回は、「昆布だしの取り方」です。素材の美味しさを引き立てる上品な昆布だし。正しいだしの取り方を学んで、料理の幅を広げていきましょう。


マユ先生~…
私、何だか自信をなくしてしまいました…

ミエさん!
どうされたんですか!?

会社の何でもできる先輩が、家事や子育てをこなしながらも
和食の時は“だし”をちゃんと取ってる話を聞いて…
私…だしなんて、仕事していない時も取ったことないです!

だしを取ると聞くと、なんだかすごく手間のように感じますよね
でも、実はそんなに大変じゃないんですよ!
浸けておく時間がかかるだけで、作業自体はすごく簡単なんです

本当ですか!?

では、今日はだしの基本とも言える
「昆布だし」の取り方をレッスンしていきましょう

マユ先生のHow to

昆布だしの取り方
昆布だしの取り方をご紹介します。

マユ先生のHow To
分量例
昆布:20g
水:2リットル
マユ先生のHow To
分量の水に、昆布を30分以上浸けておきます
マユ先生のHow To
浸けた後、弱めの中火にかけ、沸騰直前に昆布を引き上げます。昆布の周りに小さな泡がついてくるタイミングが目安になります。
マユ先生のHow To
冷蔵庫で、3~4日間保存することができます。
マユ先生のHow To
水出しでつくる場合は、同じ分量を容器に入れふた(またはラップ)をして冷蔵庫でひと晩浸けるだけで、できあがりです。

本当だ!作業自体はあっという間ですね
そして、昆布のいい香り~

品のあるだしなので、お鍋やお豆腐料理にもオススメです

なんだか料理上手になった気分です!

そうですね、時間にゆとりがある時や
事前に和食をつくると分かっている時には
ぜひ、だしを取るところから始めてみてくださいね

監修 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。

バックナンバー

第47回 簡単&きれい!お弁当の詰め方の基本とコツ

第46回 ブロッコリーの正しいゆで方

第45回 ごぼうのささがきの方法

第44回 海苔巻きの巻き方のコツをご紹介!

第43回 簡単!酢飯の作り方

第42回 すまし汁の作り方

第41回 魚の三枚おろし

第40回 新鮮な魚の選び方

第39回 味噌汁の作り方

第38回 お餅の焼き方

第37回 錦糸卵の作り方

第36回 白髪ねぎの作り方

第35回 包丁の研ぎ方・お手入れ方法

第34回 まな板のお手入れ方法

第33回 野菜の冷凍保存方法

第32回 肉・魚の冷凍保存方法

第31回 かぼちゃの下ごしらえ

第30回 蒸し器の使い方

第29回 土鍋でご飯を炊く方法

第28回 新米の炊き方

第27回 きのこの下ごしらえ

第26回 りんごのむき方・切り方

第25回 お刺身の盛り付け方

第24回 お刺身の切り方

第23回 ピーラーの使い方

第22回 調味料のさしすせそ

第21回 おにぎりの握り方

第20回 お米の炊き方の基本

第19回 肉の下ごしらえ

第18回 キャベツの千切りの方法

第17回 包丁の使い方・動かし方

第16回 玉ねぎのみじん切りの方法

第15回 乱切り・くし形切りの方法

第14回 あさりの砂抜き・塩抜き方法

第13回 千切りの方法

第12回 計量の仕方

第11回 輪切り・半月切り・いちょう切りの方法

第10回 ゆで卵の作り方

第9回 揚げ物の基本

第8回 卵の割り方、卵黄と卵白の分け方

第7回 にぼしだしの取り方

第6回 かつお昆布だしの取り方

第5回 昆布だしの取り方

第4回 アクの取り方

第3回 野菜の皮のむき方

第2回 弱火・中火・強火って何度?火加減の正しい調整方法とは

第1回 料理のプロに教わる!包丁の正しい持ち方・姿勢