美味しいハンバーグの作り方の画像

美味しいハンバーグの作り方

ジューシーに仕上がる、美味しいハンバーグの作り方をご紹介します。

  美味しいハンバーグの作り方

「うちのご飯は世界イチ」の番外編、お料理の基本をご紹介するミニレッスンへようこそ。
第112回は、「美味しいハンバーグの作り方」です。家族みんなから人気のハンバーグを美味しく仕上げるコツをご紹介します。


先週お店で食べたハンバーグ、美味しかったな~。肉汁が口いっぱいに広がって…

おいしかった~!

あんな美味しいハンバーグが家で作れたら最高なのにな~

家でも美味しいハンバーグは簡単に作れるぜ!
ポイントを押さえれば、プロ顔負けのハンバーグだって夢じゃないぞ!

ええ~?僕でも作れるかな~?

大丈夫、俺に任せろ!ジューシーで美味しいハンバーグの作り方を教えてやるぜ!

How to

美味しいハンバーグの作り方

子どもから大人まで、幅広い世代に人気のハンバーグ。ふっくらジューシーな食感が魅力ですが、プロのように上手に作るのはなかなか難しいですよね。「ひび割れてしまった」「パサパサになってしまった」という経験がある方もいるのではないでしょうか?でも、実はコツを押さえるだけで、美味しいハンバーグを簡単に作ることができるのです!今回は、美味しいハンバーグの作り方を詳しくご紹介します。

材料(2人分)

<ハンバーグ>
合びき肉
250g
玉ねぎ
1/2個
パン粉
1/2カップ
牛乳
大さじ3
1個
小さじ1/2
こしょう
少々
ナツメグ
少々
サラダ油
大さじ1
<ソース>
ケチャップ
大さじ3
赤ワイン
大さじ2
中濃ソース
大さじ1
バター
10g

手順

玉ねぎをみじん切りにします。フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を入れて中火にかけ、みじん切りにした玉ねぎをしんなりするまで炒めてください。炒め上がった玉ねぎは、バットに取り出して冷まします。|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」
玉ねぎをみじん切りにします。フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を入れて中火にかけ、みじん切りにした玉ねぎをしんなりするまで炒めてください。炒め上がった玉ねぎは、バットに取り出して冷まします。
ボウルに合いびき肉、炒めた玉ねぎ、パン粉、牛乳、卵、塩、こしょう、ナツメグを入れて、手でぎゅっぎゅっとつかむようにして混ぜます。|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」
ボウルに合いびき肉、炒めた玉ねぎ、パン粉、牛乳、卵、塩、こしょう、ナツメグを入れて、手でぎゅっぎゅっとつかむようにして混ぜます。

フラッキーのチェック

材料はより冷たい状態で!

肉だねをこねる際に、体温や室温で肉だねが温まると肉から油が溶け出て、パサっとした仕上がりになるおそれがあるぞ。できるだけ、食材は使う直前に冷蔵庫から出すようにしよう!また、夏場は氷水や保冷剤で手を冷やしてからこねるのもおすすめだぜ!
全体が混ざったら、指先でぐるぐると練り混ぜます。|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」
全体が混ざったら、指先でぐるぐると練り混ぜます。

フラッキーのチェック

ひび割れしないためのポイントは”粘り”と塩!

ハンバーグを焼いたときに、ひび割れを起こすことがあるよな。あれは、ハンバーグの肉だねがよく混ざっていないことが原因なんだ!肉だねの材料をボウルに入れたら、しっかりとこねて、粘り気を出すことが重要だぜ。肉だねを粘りが出るくらいこねると、材料がよくまとまってひび割れしづらくなるんだ!そして、忘れちゃいけないのが塩!塩は肉のタンパク質を分解して、粘りを出す効果があるぞ。
肉だねを2等分にします。肉だねを右手と左手でキャッチボールするように20回程度投げて、中の空気を抜いてください。|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」
肉だねを2等分にします。肉だねを右手と左手でキャッチボールするように20回程度投げて、中の空気を抜いてください。

フラッキーのチェック

空気を抜くのは何のため?

肉だねの空気を抜くのは、焼いたときに崩れるのを防ぐためなんだ!肉だねに空気が入った状態で焼くと、加熱によって空気が膨張して、肉だねの中に空洞ができたり形が崩れてしまったりするんだ。ハンバーグが崩れると、見た目が悪くなるだけでなく、肉汁があふれ出て美味しさが半減する原因になるぜ。空気を抜くことは、仕上がりのよさと美味しさ、両方にかかわると覚えておこう!
手のひらにサラダ油(分量外)を塗り、肉だねを1.5cm程度の厚さの楕円形に成型します。形を整えたら、中央を軽く押さえてへこませましょう。|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」
手のひらにサラダ油(分量外)を塗り、肉だねを1.5cm程度の厚さの楕円形に成型します。形を整えたら、中央を軽く押さえてへこませましょう。

フラッキーのチェック

中央をへこませるのは何のため?

焼く前に肉だねの中央をへこませるのは、生焼きを防いで、美味しく焼きあげるのに欠かせない工程なんだ!
肉は焼くと内側に向かって収縮するから、そのまま焼くと肉だねの中央が盛り上がってしまう。すると、厚みが変わって均一に火が通らなくなってしまうんだ。でも事前にへこませておけば、中央だけ厚くなるのを防いで、火の通りを均一にすることができるんだぜ!
フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を入れて、中火で熱します。肉だねをそっと入れて、焼き色が付くまで約3分焼きます。|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」
フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を入れて、中火で熱します。肉だねをそっと入れて、焼き色が付くまで約3分焼きます。
ハンバーグを裏返したらフライパンに蓋をして、弱火で10分程度蒸し焼きにします。|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」
ハンバーグを裏返したらフライパンに蓋をして、弱火で10分程度蒸し焼きにします。
ハンバーグに竹串を刺して、透明な肉汁が出れば焼きあがりです。焼きあがったハンバーグを皿に移します。|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」
ハンバーグに竹串を刺して、透明な肉汁が出れば焼きあがりです。焼きあがったハンバーグを皿に移します。
ハンバーグを焼いた後のフライパンでソースを作ります。余分な油をキッチンペーパーで拭いて、バター以外の材料をすべて入れ、軽く煮詰めます。火を止めてからバターを加えて、全体を混ぜたら完成です。|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」
ハンバーグを焼いた後のフライパンでソースを作ります。余分な油をキッチンペーパーで拭いて、バター以外の材料をすべて入れ、軽く煮詰めます。火を止めてからバターを加えて、全体を混ぜたら完成です。
皿に盛ったハンバーグにソースをかけたら、できあがり!|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」
皿に盛ったハンバーグにソースをかけたら、できあがり!

プラスαでさらに美味しく!

ご紹介した基本の作り方に“ある材料”をプラスすることで、より「ふんわり」「ジューシー」な仕上がりにすることができます!お好みに合わせて、ぜひお試しください。

マヨネーズを入れてふんわり!

肉だねにマヨネーズを少量入れると、よりふんわりした仕上がりになります。これは、マヨネーズに含まれる油の粒子の効果で、肉だねのタンパク質の結合が緩やかになるためです。

パン粉の代わりにお麩を使ってジューシーに!

パン粉の代わりにお麩を使うと、ジューシーに仕上がります。お麩はパン粉に比べて吸水能力が高く、肉汁を閉じ込めやすくするからです。お麩は先に水に浸して戻してから、1cm角にちぎって使いましょう。

ハンバーグの人気アレンジレシピ

手軽にできる、ハンバーグのアレンジレシピをご紹介します。

チーズ入りハンバーグ

alt|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」

とろりとしたチーズが入ったハンバーグ。まず基本の手順通りに肉だねを作ります。成形する際に、折りたたんだスライスチーズを、肉だねの中心に入れ込みましょう。その後、基本の手順と同じように焼き上げれば完成です。簡単にできるアレンジなので、ぜひお試しください!

おろしポン酢ハンバーグ

alt|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」

大根おろしとポン酢を添えるだけで、和風ハンバーグにアレンジできますよ。
基本の手順通りにハンバーグを作ったら、大葉と水気をしぼった大根おろしをのせます。最後にポン酢をかければ完成です。

ハンバーググラタン

alt|フラッキーのHow To「美味しいハンバーグの作り方」

ハンバーグとグラタンを合わせた、ボリューム満点のメニュー!基本のハンバーグを作って耐熱皿に入れ、ホワイトソースを加えます。お好みでプチトマトやゆでたブロッコリーなどの野菜を加えて、表面全体にとろけるチーズをのせましょう。オーブントースターで焼き色が付くまで加熱したら完成です。

パパ!このハンバーグ、ジューシーで本当に美味しい!

おいし~!じゅ〜し〜!

この間食べたお店のハンバーグと同じくらい美味しくできたな~♪

デミグラスソーストマトソースホワイトソースと、ソースを変えるだけでも違った味わいを楽しめるぜ!
どれも電子レンジで作れるから、ぜひ試してみてくれよ!

ありがとう、フラッキー!なんだか料理の自信が湧いてきたよ~

今後ハンバーグは、パパが担当で決まりね!

監修 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。

住まいのプロがお悩み解決!クローゼットのデッドスペースを上手に使いたい! バナー 住まいのプロがお悩み解決!クローゼットのデッドスペースを上手に使いたい! バナー