第3話 ひき肉とブロッコリーのマカロニグラタンの画像

第3話 ひき肉とブロッコリーのマカロニグラタン

子どもも大好きな「マカロニグラタン」の作り方を動画でご紹介します。マカロニを別ゆでしないで作るので、時間も短く簡単に作ることができます!

うちのご飯は世界イチ うちのご飯は世界イチ

第3話 ひき肉とブロッコリーのマカロニグラタン

最近、仕事にもどった私ミエ。家事効率をアップするためにも、パパと一緒に料理教室で勉強中なんだ!そんな中…次の金曜日に社内の送別会に呼ばれているんだけど…パパ、お夕飯大丈夫かな?


送別会、来週の金曜だろ?
お世話になった人なんだし、気にしないで行ってきなよ!

ありがとう!そう言ってくれると助かる~
じゃぁ、コウちゃん…金曜日はパパにご飯作ってもらいなね

パパのカレー!?

そうだよ、パパのカレー美味しいもんね

…ちょ、ちょっと待った!!
パパだって、ハッピーキッチンに通ってるんだから
そろそろカレーは卒業だ!

おぉ~!パパ、頼もしい~

コウちゃん、パパに何作ってほしい?

グラターン!コウちゃんグラタンたべたい!

グ…グラタンか…なんだか急にハードルが高いような…

グラタン、だめ?

大丈夫!パパに任せとけ!
週末に、マユ先生に教えてもらってくるから!

マユ先生のレシピ

マユ先生

こんにちは、料理教室「ハッピーキッチン」へようこそ。
第3回は、子どもも大好きな「ひき肉とブロッコリーのマカロニグラタン」をご紹介します。マカロニを別ゆでしない簡単レシピなので、ぜひ試してみてくださいね。

ひき肉とブロッコリーのマカロニグラタン

材料(4人分) 調理時間目安:30分

豚ひき肉
200g
小さじ1
こしょう
少々
ナツメグ
あれば少々
たまねぎ
1/2個(約100g)
ブロッコリー
1株(約200g)
ミニトマト
8個
バター
20g
小麦粉(薄力粉)
大さじ3
牛乳
400ml
300ml
マカロニ
100g
4個
ピザ用チーズ
100g

作り方

  1. たまねぎはみじん切りにします。
    ブロッコリーは小房に分け、茎も皮をのぞいてひと口大に切ります。
    ミニトマトは半分に切ります。
  2. フライパンを中火で熱し、バターを入れて半分ほど溶けたところで
    豚ひき肉、塩、こしょう、あればナツメグを加えて炒めます。
  3. 色が変わってきたら、「1」のたまねぎを加えて炒めます。
    しんなりしてきたら、「1」のブロッコリーの茎を加えてさっと炒め、いったん火を止めます。
  4. 小麦粉を加えて全体にからめるように混ぜ、牛乳を少しずつ加えて混ぜます。
    水、マカロニも加えて再び中火にかけます。
    マカロニは別ゆでしないで、そのままフライパンにいれます。
  5. とろみがついてきたら弱火にし、マカロニの表示のゆで時間に合わせて、混ぜながら煮ていきます。
  6. 表示のゆで時間になったら、「1」のブロッコリーを加え、さらに2分ほど煮て、マカロニとブロッコリーに火が通ったら火を止めます。
  7. 「1」のミニトマトを加えてざっと混ぜてグラタン皿に入れ、中央をくぼませて卵を割り入れます。卵のまわりにピザ用チーズをのせ、オーブントースターで8~10分ほどこんがりと色づくまで焼きます。

<早ゆでタイプのマカロニの場合>

ゆで時間が短い、早ゆでタイプのマカロニ(表示のゆで時間3~5分)を使用する場合は、水を200mlにします。

ワンポイント

ひき肉を使うことで切る手間が省け、肉が固くなってしまう心配もありません。
顆粒コンソメは使わず、塩・こしょうとチーズだけでも旨味たっぷりのグラタンができます。冬の時期ならば、ブロッコリーの代わりに、旬の小松菜もおすすめ。4cm長さのざく切りにし、工程「3」でブロッコリーの芯と同様にさっと炒めればOKです。

チーズがとろ~りで、ホワイトソースも美味しい!
これならコウちゃんも喜んでくれるはずです!

ホワイトソースってちょっと難しそうなイメージがありますが
炒めた具材に小麦粉をふる方法なら、ダマになりにくく失敗知らず!
火を止めて作業すれば、落ち着いてできるのでオススメですよ♪

う~~ん…これを1人でできるかなぁ
でも、コウちゃんにパパだってできるとこ見せたいし…

グラタンは一度作り方を覚えると
具材を変えるだけで料理の幅が広がりますよ!

そ…そうですよね!
パパの熱意を見せるためにも、アッツアツのグラタン作るぞぉ!

やけどしないように気を付けてくださいね


カレーばかりのパパが、グラタンを作るなんてビックリ!コウちゃんも喜んでて、早速「また食べたーい」だって。家族が喜ぶ顔を見ると、やる気がでてくるな~♪

レシピ制作 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。