リフォーム・リノベーション事例

白が映える明るい家

  • リビングダイニング。バルコニー側の和室をリビングに取り込みました。ソファでくつろぎながらテレビを見ることができます。キッチンの吊戸をなくすことで、リビングからもキッチンからも開放感を感じることができます。取り払うことができなかった縦管の配管スペースは最小限にし、キッチンからのパノラマの視界を確保しました。本を多数所有されているご主人の希望で窓の形状にあわせた壁面収納を取付けました。この窓の網戸は内開きからロールタイプに変更しています。

  • お嬢さんの里帰り時に備えて和室を設えました。床上げ部分が収納スペースとなっています。リビング側からは引出しで、他の部分は畳をあげて、出し入れします。床上げした分、高さが低くなった腰窓には、障子の向こうにステンレスパイプを設置し安全性を確保しました。畳を上げ下げし易いように半畳の縁無し畳にしました。

  • 入り口は圧迫感を感じないように天井までの高さのものになっています。掃除し易い縦桟障子のデザインを採用し、小さいお孫さんが障子を破らないようにワーロン紙貼りの障子となっています。奥に見える床の間風のところには神棚をおさめています。

  • リビングと同じく白でまとめたキッチン。ワンサイズ大きいカップボードを設置するために、壁に配管されていたガス管を天井に移設しました。洗面室への入り口があった壁はふさぎ、最大限に壁面を利用しています。取替えたシステムキッチンは、シンクの掃除がしやすいシャワー水栓を選び、ビルトインタイプの食器洗い乾燥機を新たに取付けています。

  • 引出し収納で、かつ三面鏡の背面が収納になっている洗面化粧台はM様に大変ご好評を頂きました。右手はユニットバスの入り口。ユニットバスは取替えて、手摺を2箇所取付けています。また、写真には見えていませんが、今回のリフォームを機に洗濯機用の水栓を緊急止水弁付のものに取替えています。

  • 節水型の便器に取替。今後のことを考えて手すりも取付けました。お好みに合った質感を求めて、床には硬質タイルを貼っています。

  • 壁面いっぱいに取付けた下足収納。ハンコをいれる引出しがあり、傘も収納できるようになっています。

家族構成が変わり、定年を間近に控えたM様は、明るくて、開放感があり、ゆったりとくつろげる家にしたいという希望をお持ちでした。そこで、4LDKの間取りを3LDK+ウォークインクローゼットにし、リビングを広く確保。床上和室も障子を開ければリビングの一部となり、開放感を生むしかけとなっています。すべての建具を濃いオーク色からバーチ色に取替え、全体はこれに合わせたインテリアカラーとなっています。

形態
マンション
家族構成
2人
築年数
15年
工事費用
約830万円
リフォーム面積
約72.3㎡
リフォーム部位
キッチン, リビングダイニング, 収納, 和室, 玄関/廊下

間取り