リフォーム・リノベーション事例

断熱性を高め、永く住まえる家に

  • 【キッチン】新しく取り替えた引出しタイプのキッチン。床材と色を合わせて落ち着いた雰囲気になっています。手前の食器棚はキッチンに合わせてT様ご自身がご用意されました。

  • 【LD1】各室の入り口は開け放てる引き戸を採用。正面にウォークインクローゼットと洋室①が見えています。

  • 【LD2】全体をミディアム色の木目調でまとめて落ち着いた雰囲気になっています。ダウンライトを採用して天井面もすっきり。

  • 【リビング&寝室コーナー】右手が将来夫婦の寝室となる寝室コーナー。カーテンで仕切れるようにワイヤーレールを設置しています。

  • 【洗面室】レイアウトを変更した洗面室。室内干し用金物を設置していますが、結露の発生源ともなるため、T様には使用時に換気をお願いしています。

  • 【玄関】5人分の収納を考えて壁一面に設置した玄関収納。手前は廊下の物入れで圧迫感をなくすために壁面と同じホワイトの折戸としました。

  • 【洋室①】将来2室に分割予定の子供室。正面にウォークインクローゼットを通して寝室コーナーが見えています。

 T様は9年前に全面的にリフォームされていましたが、結露とカビがひどく、設備機器の排水にも問題があって悩んでおられ、再リフォームされることになりました。
 まず、結露を防ぐために、外壁に面する3面にウレタン発泡材を吹き付けて家全体の断熱性能をアップ。建具は開け放しやすい引戸を採用し、各室の壁にも換気グリルを設置し、室内の空気がめぐりやすいようにしました。ウォークインクローゼットは洋室①からも寝室コーナーからも出入りでき、風も人も通り抜けるようになっています。
  さらに永く住める家にするために、この機会に部屋割りを変更。リフォーム直後は、まだお子さんが小さいこともあって洋室①にて全員で就寝されていますが、お子さんが成長すれば洋室②に女の子、洋室①に男の子2人、カーテンで仕切ってリビングの一角で夫婦が就寝する予定です。また、専有部内の給排水管とすべての設備機器は取替えました。
 「まだ、冬を経験していないので結露がどうなるかわかりませんが、風も通り抜けて気持ち良く、排水も気にすることもなくなり快適です」とT様の談。

~担当店舗~ 京都店

形態
マンション
家族構成
5人
築年数
約37年
工事期間
約38日
リフォーム面積
約69.3㎡
リフォーム部位
キッチン, リビングダイニング, 収納, 書斎/子供室/寝室, 洗面/浴室/トイレ, 玄関/廊下

間取り

担当者コメント

ご依頼頂いた時は、「湿度が高く、冬は寒い」という立地条件のためか本当に結露がひどかったです。リフォームに際し、壁の断熱や空気の通り道の確保等できる限りのことを施しました。こういった見えない部分のリフォームにコストがかかっていますが、長い目で見ると、気持ちよく住むために必要不可欠なものではないかと思います。先日も、サッシを開けて家中に風を通し、お花を飾られて生活を楽しまれている様子を見て、とても嬉しく思いました。(担当:京都店)