リフォーム・リノベーション事例

大好きなネイビー!

  • 【LD1】ネイビーのタイルを貼ったキッチンが半分のぞかせています。キッチンの左横は巾に合わせてカウンターをオーダーして取付、電話台兼飾り棚としています。和室は縁のない琉球風畳を敷き、すっきりとした印象になっています。

  • 【LD2】ちょうどキッチンと反対面になる壁にもネイビーのアクセントクロスを貼り、バランスをとっています。和室とは障子で仕切り、夜には行燈のような雰囲気になります。

  • 【キッチン1】梁型をうまくかわして、吊戸を取付。お料理好きのA様はガスコンベクションも設置し、レンジフードはお手入れのしやすいものにされました。シンク下は足元スペース付で、椅子に座りながら長時間の調理も可能になりました。A様は椅子に座り、窓から木々や山々を眺めながら、楽しんで大好きなお料理をされています。

  • 【キッチン2】右側はお手持ちの思い入れのあるオーダーの食器棚で、リビングからの目隠しにもなっています。正面は洗面室に繋がっています。

  • 【洗面室】お客様のご希望によりコンパクトでデザイン性ある洗面台を設置し、こちらもキッチンと同じ大好きなネイビーのタイルを貼りました。ミラーの裏は収納になっています。

  • 【寝室】お手持ちのカーテンにこげ茶の別布を付けたし、この窓に合うように縫製し直しました。こげ茶が落ち着いた雰囲気へ誘引しています。

  • 【玄関】玄関は洋室②を取り込んで、窓のある戸建感覚の玄関に。床には大判の白色タイルを思い切って貼りました。腰高の収納を設置してすっきりと明るい家の顔となっています。右上にみえる壁上部の開口は、ウォークインクローゼットの通気と採光を確保するためです。

 快適な一人暮らしを実現するためにリフォームを前提に中古マンションを購入されたA様。すべての設備機器の取替、内装材の更新を希望されていました。
 まず、以前からお手持ちで思い入れのあるオーダーの食器棚を置きたいというご要望により、キッチンをL型の対面からI型にレイアウトを変更しました。こうすることで、ダイニングテーブルが近くなって動線も良くなった上、食器棚の背面の壁がキッチンへの目隠しにもなっています。真っ白な扉に大好きなネイビーのタイルを合わせてコントラストを効かせたキッチンが、リビングダイニングに少しだけ顔をのぞかせています。客間として使用予定の和室は6帖から4.5帖へとコンパクトにして、その分リビングを広げました。襖から障子に変更することで、リビングからの光が透過し明るい和室となっています。また、夜は和室が行燈のように見えてリビングの雰囲気も良くなっています。
 洋室②は一部を玄関にし、残りをウォークインクローゼットとしました。入口は外開き戸で開け放すことができなかったため、引き戸に変更。さらに通風を確保するために玄関につながる壁の上部をオープンにしています。
 今回、冬は寒く夏は暑い地域性を考慮して、窓はすべて断熱ガラスに取り替えています。

~担当店舗~ 京都店

形態
マンション
家族構成
1人
築年数
26年
工事費用
約775万円
工事期間
約14日
リフォーム面積
約66.6㎡
リフォーム部位
キッチン, リビングダイニング, 和室, 書斎/子供室/寝室, 洗面/浴室/トイレ, 玄関/廊下

間取り

担当者コメント

マンション購入前よりご相談を承り、物件のセレクトからお手伝いさせて頂きました。キッチンや和室、玄関など必要なところを重点的にリフォームし、使用できる分は表面材のみきれいにしています。動線の改善や断熱性の向上といったハードな部分だけでなく、カラーにもこだわって、A様が心身とも快適に暮らせる家を目指しました。(担当:宅間)