リフォーム・リノベーション事例

ワインレッドのキッチンへと続く3本道

  • ①【玄関】以前より広くなった玄関。床は光沢のある大判のタイルを貼ることで、上品な印象を受けます。左手の上吊式シースルーの建具を開けるとシュークローゼットで、ここを抜けてウォークインクローゼットに続きます。右手の格子戸の向こうは和室。

  • ②【LDK_1】オープンなLDK。キッチンの背面には家電や食器がすっきりおさまる大容量の収納を備えています。

  • ③【LDK_2】キッチン横の調味料棚はモザイクタイルを貼りこんで作りました。窓面のカーテンボックスに照明をし込み、明るくすっきりとした印象です。

  • ④【LDK_3】リビングにはTVボードを設置し、その上部に調湿タイル(エコカラット)を貼りました。壁のブラケット照明に照らされてタイルの表情がでています。

  • ⑤【LDK_4】床に貼った無垢フローリングは、足ざわりが良いと好評でした。正面左手が廊下に続く上吊引き戸です。

  • ⑥【パソコンコーナー】キッチンの面材と揃えて壁面収納を作りました。壁はキッチンと同じモザイクタイルを貼っています。収納内にはプリンターやルーターなどをおさめ、配線がみえないようになっています。

  • ⑦【ウォークインクローゼット】玄関からも洗面室からもアクセスできるクローゼット。帰宅後のご主人はここで洋服を着替え、洗面で手を洗い、ダイニングに入って来られます。

  • ⑧【奥様のクローゼット】寝室に続く扉のないクローゼット。写真には一部しか写っていませんが、ここに奥様の婚礼箪笥が納まっています。

  • ⑩【寝室】壁には調湿タイル(エコカラット)を貼り、コーブ照明を設置。ベッドで横になったとき照明の光が直接目に入らないようになっています。和室とは上吊式の引戸で仕切っています。

  • ⑪【和室】ブラウンの畳を敷き、壁に調湿タイル(エコカラット)を貼り、内窓を設置しました。右手奥の縦格子の引き戸を引くと玄関に続きます。

  • ⑫【トイレ】新しく手洗いを設置したトイレ。白と黒のコントラストを効かせシャープな印象です。

 築年数を重ね、そろそろリフォームを意識されたK様は、ご友人を通じて当社に相談されました。
 K様のご要望は、①設備機器の更新、②思い入れのある家具等の置き場を確保しつつ収納を充実させる、③風通しの良い間取りで体に良い素材を使用する、ということでした。
 そこで風が通り抜ける3本のルートを持ったプランを提案させて頂きました。1本目は生活動線に沿って部屋を配置したもので、玄関からクローゼットを抜け洗面室からLDKに至ります。帰宅後のご主人はこのルートを通ってオフモードに切り替えられます。2本目は玄関から和室、寝室、奥様のクローゼット、LDKへと続くルート。来客用として使用予定の和室は、普段は買い物をしたものの仮置き場などフレキシブルに活用されています。3本目は玄関から格子のハンガー戸を抜けて直接LDKに入るルートです。
 これら3本のルートを抜けた先には、奥様のこだわりのワインレッドのキッチンがあります。熟慮の末に選ばれたこのワインレッドはこの家の顔にもなり、ブラックのモザイクタイルと相まって、落ち着き感をもたらしてくれるものとなりました。
 また、このほか、結露対策のために、壁に調湿タイル(エコカラット)を貼り、内窓を設置し、外壁面に断熱材を充填。また、脱臭機能のあるナノイー発生機を天井に取付するなど室内環境面への配慮もしています。

形態
マンション
家族構成
2人
築年数
約25年
工事費用
1690万円
工事期間
約50日
リフォーム面積
約87㎡
リフォーム部位
キッチン, リビングダイニング, 収納, 和室, 書斎/子供室/寝室, 洗面/浴室/トイレ, 玄関/廊下

間取り

担当者コメント

K様のご要望をうかがい、当初3案を提出させていただきました。その中で一番大きく間取りを変える案を選ばれたK様は、柔軟で心の広い方だという印象を受けましたし、思い切られたとも思います。そんな思いを受けて、工事を担当した施工者も私たちもK様宅のリフォームを成功させたいとの思いで一丸となって取り組みました。K様ご夫妻がこの家でずっと気持ちよく過ごしていただけることを願っています。(担当:田中/池町)