リフォーム・リノベーション事例

程良い距離感を保つ姉妹の家

  • ①【妹様の部屋】アクセントクロスを廊下から続けて貼っています。折り上げ天井は既存のままです。左が共用スペースの水回り。

  • ②【妹様の部屋】収納もたっぷり設えています。右奥がキッチン。

  • ③【廊下】アクセントクロスを片側の壁にはり、遊び心をもたせています。玄関から、脱衣室と妹様の部屋への通路になります。

  • ④【玄関・廊下】窓を取り込むことで以前より明るくなった玄関。鏡付の玄関収納を設置しています。

  • ⑤【玄関】亀甲サイズのタイルを床から壁に貼りこむことで、空間の広がりも感じられます。左奥の引き戸を引くとお姉様の部屋に続きます。

  • ⑥【お姉様の部屋】玄関から直接アクセスできるお姉様の部屋。奥に見えるのが妹様の部屋。すべての建具を開けると、家中に風が巡ります。

  • ⑦【お姉様の部屋】妹様の部屋とは違って、カーペット張りにしています。奥に見えるのは洗面コーナー。

  • ⑧【キッチン】普段はキッチン前の小窓を開けていますが、妹様が就寝されるときは、小窓を閉めてお姉様はキッチンを使用されます。

  • ⑨【キッチン】小窓と引き戸を閉めたところ。白でまとめたキッチンは清潔感が感じられます。

  • ⑩【洗面コーナー】お姉様と妹様の部屋をつなぐ通路に設置された洗面コーナー。白を基調としたカウンタータイプで、以前よりも間口が広くなり使い勝手も良くなりました。

  • ⑪【脱衣室】洗剤のストックなど生活必需品を手前の棚に収納しています。奥に見えるのはキッチン。右手がお風呂(ユニットバス)。

  • ⑫【トイレ】手洗い・手すり・吊戸を設置したトイレ。入口も引き戸にしてバリアフリー対策もしています。

 

 1人暮らしだった妹様が、お姉様と56年前に同居を開始。生活スタイルが違うために、暮らしにストレスを感じられ、お二人が独立した生活を送れるような間取りにしたいとのことでした。

 食事も別々に摂られることから、共用スペースである水回りを家の中心に据え、そこから各々の個室にアクセスできるようになっています。

 妹様の部屋はバルコニー側に配置。就寝されるときなどプライバシーを保ちたいときは、キッチンの小窓と入口引戸を閉めると、完全に個室となります。帰りが遅くなった夜には、そっと廊下を通って自室に入られます。一方、お姉様のお部屋は、玄関側に配置。水回りを介して妹様の部屋とつながっています。普段はすべての引き戸を開けて、風通しも兼ねてオープンに過ごします。

 また、各々の所有物が各々の個室に納められるように収納を確保しています。玄関・廊下・水回りは、各室とは異なり、遊び心をもったクロスを貼りました。

 

 ~担当店舗~ 大阪店

形態
マンション
家族構成
2人
築年数
約16年
工事費用
約1,260万円
工事期間
約45日
リフォーム面積
約60㎡
リフォーム部位
キッチン、洗面/浴室/トイレ、寝室、収納、玄関/廊下
工事内容
キッチン:TOTO
お風呂(ユニットバス):TOTO
洗面化粧台:TOTO
トイレ:TOTO
建具:Panasonic(パナソニック)

間取り

担当者コメント

時には一緒に外食したり、お互いの部屋で過ごしたりと仲が良いご姉妹ですが、程良い距離感があればこそのようです。(担当:大阪店)