リフォーム・リノベーション事例

お気に入りのインテリアに囲まれて

  • ① ゆったりくつろげるリビング。木や石の素材感、窓からの柔らかな日差しが心地よく、グリーンが映える空間です。

  • ② 趣のあるウッドシャッター。羽の向きで光や風、視線を調整可。操作性もよく、機能面でも満足されています。

  • ③ 淡いグレーの壁が家具や照明を引き立たせ、奥様好みの”シャビーな感じ”に仕上がりました。

  • ④ ダイニングの一角に置かれたデスク。キッチンにも近く、家事の合間のちょっとした時間にも使えて便利です。

  • ⑤ ホワイトとグレーでまとめたキッチン。ガスもIHも両方使える最新ハイブリッドコンロを備えています。

  • ⑥ 洗面室が下階のため、奥様の希望で、メイクコーナーとして設けた洗面台。スロップシンクから大変身を遂げました。

  • ⑦ 上階のトイレはブラックが効いたコーディネート。モザイクタイルの他、消臭機能のあるタイルを背面にさりげなく。

  • ⑧ 洗練された和洋折衷のインテリアが印象的な玄関ホール。床のブラックタイルにはこだわりました。

  • ⑨ ホテルライクな造りを活かしてリフレッシュした下階のサニタリースペース。清潔感あふれる空間です。

  • ⑩ フォルムが美しいスタンドタイプの洗面台。決めることがたくさんあった中でもこだわって選ばれた一品です。

  • ⑪ グレイッシュなカラーでまとめたご夫妻の寝室。天井の木目が目に優しい、心安らぐ空間となっています。

  • ⑫ さわやかなカラーリングの子供部屋。向かって左手の壁にはカラフルなお花と小鳥が描かれた壁紙を選ばれました。

  • ⑬ ご主人様の仕事部屋は落ち着いたトーンの男の隠れ家風。個性的な壁紙とレトロな雰囲気のドアがポイントです。

  • 感度の高い小物が散りばめられたA様邸。細部にまでこだわりが感じられます。

理想の住まいを実現できそう!と奥様が見つけてこられたメゾネットタイプの中古マンションを購入されたA様ご一家。インテリアが大好きな奥様が日頃からインスタグラムなどでピックアップされていた海外インテリアの写真でイメージを共有いただき、リフォームが始まりました。

まずリビングは明るい木目調の床材にし、壁は淡いグレーに。窓にはウッドシャッターを合わせ、今回スペースに余裕ができ晴れて購入されたアメリカンサイズの長椅子をはじめ、お気に入りのインポート家具が似合う空間へと様変わりしました。ダイニングの一角には書類棚も備え付けたパソコンスペースを設けた他、洗濯機の近くにあったスロップシンクを洗面台に変えて奥様専用のメイクコーナーに。LDK回りで身支度やPC作業などもできるようにしました。玄関ホールと廊下は、光沢あるタイルの床でラグジュアリーな雰囲気を演出。刀箪笥に脚をつけてもらったというお手持ちのコンソールテーブルもよく映えます。洗面室は床の色を明るくし、こだわって選ばれたスタンドタイプの洗面台を合わせて海外のホテルのような装いに再生。各個室もそれぞれの好みを反映して内装を変え、お好きなインテリアに囲まれながら気持ちよく過ごせる住まいを叶えられました。

細部に渡りこだわりの詰まった空間で、日々の生活を楽しまれています。

~担当店舗~ 横浜店

形態
マンション
家族構成
3人
築年数
約28年
工事費用
約1,945万円
工事期間
約50日
リフォーム面積
約192㎡
リフォーム部位
リビングダイニング、キッチン、洋室、浴室、洗面室、トイレ、玄関・廊下、収納
工事内容
キッチン:cleanup(クリナップ)
洗面台:KOHLER(コーラー)
トイレ:Panasonic(パナソニック)
フローリング:Panasonic(パナソニック)
建具:LIXIL(リクシル)
シャッター、ブラインド:NORMAN(ノーマン)
タイル:LIXIL(リクシル)、ADVAN(アドヴァン)

ポイント

◆ インテリアを満喫するリフォーム

A様ご一家がお住まいのマンションは「壁式構造」で、屋外や隣戸との境の壁だけでなく、間仕切りの壁もコンクリート。建物を支える重要な役割を果たしているため、壁の撤去を伴う間取り変更は出来ません。A様は活かせるものは活かし、壁や床の仕上げ材、設備機器などの変更可能な部分をリフォームすることで理想の住まいを実現されました。

当初から明確なイメージをお持ちで、仕様決めは心が弾む反面、思うようなものが見つからなかったり、費用との兼ね合いがあったり、かなり悩まれたそうです。そうして仕上がった空間はさらに、吟味された家具、照明、アートやグリーン、インテリア小物で彩られ、輝きを増しています。

担当者コメント

ご夫妻ともにお好きな雰囲気や理想のイメージがはっきりされていて、センスの良さが映えるお住まいとなりました。奥様が写真に書き込んでくださったイメージを私がパースにしてすり合わせをさせていただいたり、今まで採用したことのないメーカーや素材を選定したり、私自身とても勉強になり、お打合せはとても楽しい時間でした。

お引渡しは花火大会の日で、完了確認書にサインを頂いた瞬間にタイミング良く花火が上がり、ご夫妻と一緒にバルコニーで花火を見ながら言っていただいた「末松さんが頑張ったご褒美だね。」の言葉は今でも大切な宝物です。

(担当:末松)