リフォーム・リノベーション事例

賃貸共用スペースのリノベーション

  • ①共用スペースへの入口。ガラス扉は既存のものを残しました。

  • ②入口から入り、手前に自動販売機コーナーをまとめ、パネルで空間を仕切りました。

  • ③天井を黒で塗装し、カフェのような雰囲気に。ソファ背面には、雰囲気にあう絵も飾りました。

  • ④ちょっと休憩できるフリースペースを入口側に配置しました。

  • ⑤奥側はスタディコーナー。ちょっとした打合せをするのにも便利です。

  • ⑥奥から自動販売機コーナーを見て。落ち着いた空間にリノベーションされ、利用される入居者様も喜んでくださっているそうです。

  • ⑦間仕切りパネルをつけたスタディコーナーは集中して作業を行うことができます。

  • オーダーでつくったスタディデスクは片側にコロを付けているので、簡単に動かすことができます。

  • リフォーム前の様子

  • リフォーム前の様子

『賃貸物件の共用部分がほとんど使われておらず、有効利用できるように提案してほしい』とのお問い合わせから始まったリフォーム。もともとはランニングマシーンなどが置かれたフィットネススペースでした。

担当者と設計チームで打ち合わせを行い、【住人のコミュニティスペース兼ワークスペース】になるよう提案したところ、気に入って頂き採用となりました。

入口側に自動販売機をまとめ、くつろぐ際に視界に入らないようパーテーションで仕切り、手前は談笑スペース、奥にワークスペースを配置し、住人の方が気軽に立ち寄れるコミュニティスペースとなりました。

~担当店舗~ 東陽町店

形態
マンション
築年数
約16年
リフォーム面積
約75㎡
リフォーム部位
賃貸共用部分

ポイント

A)イメージパースで完成後のイメージを共有

間取り

担当者コメント

ほとんど使用されていないランニングマシーンなどが置かれた賃貸の共用スペースを居住者様にとって使い勝手のよいスペースにしたい、というご要望があったオーナー様。専有部分のリフォームとは異なり、家具をつくったり、配置を考えたり、飾る絵を選んだりと私自身とても楽しくお仕事させていただきました。

完成したスペースは居住者様も楽しみに待たれているということを聞き、嬉しく思っております。