リフォーム・リノベーション事例

思い出のステンドグラスを眺めるリフォーム

  • ①お母さまが趣味で制作されていた思い出のステンドグラスを廊下の壁に埋め込みました。洋室側の光がステンドグラス越しに差し込み、明るく美術館のような廊下となりました。

  • ②白を基調としたリビングは家具や小物で色味を足しています。

  • ③ダイニングとの間仕切り壁は構造上取れませんでしたが、空間をゆるやかに分けられ気に入っているそうです。

  • ④ダイニングはキッチンに収納をたっぷり設けたことでスッキリとした空間に。

  • ⑤壁付キッチンを対面キッチンへ変更しました。配管が通る窓下は奥行の浅いキャビネットを追加することで、収納として使えるようになりました。

  • ⑥ベッドルームは壁紙とリネンの色味を揃えたことで、落ち着いた印象に。サイドテーブルに置かれたランプもお母さまが制作された思い出の品です。

  • ⑦洗面室は淡いトーンでまとめ、清潔感のある空間に。洗濯機上の収納は下にスライドさせて使えるため、楽に取り出せます。

  • ⑧トイレはタンクレスタイプを選択し、同じ広さでも広々使えるようになりました。吊戸は長谷工リフォームオリジナルセミオーダー収納家具の『RASHIKU(ラシク)』をご採用頂きました。(詳しく知りたい方は下に記載のポイントC)をご覧ください。)

  • ⑨お風呂はタイル調のアクセントパネルをお選び頂きました。デザイン性だけでなく、手摺としても使えるシャワーバーにしたりと安全性にも配慮しました。

ご両親が住まわれていたマンションを相続し、リフォームして暮らそうと考えられたK様ご夫妻。お母さまがご趣味で制作されていたステンドグラスをいつでも眺められるよう、壁に埋め込みたいとのご要望をいただきました。リフォーム完成後、実際に見てみると洋室の光が廊下に入って明るい上、デザイン性も上がり、美術館のような空間となりました。

リビングダイニングは当初スケルトンにして広いリビングにしたかったとのことですが、壁構造のマンションだったため、取れない壁が多くありました。いざ住んでみると、『来客時には扉を閉めればキッチンを目隠しできますし、適度に区切られていていいですね。』とメリットを感じておられるそうです。

また、高い位置にある収納を昇降式のものにしたり、段差をなくしたりと将来的にも住みやすいように配慮したことで、これからも安心して暮らせる上質なお住まいとなりました。

 

こちらから室内の様子を360°ご確認いただけます。(図面のもしくは写真の<をクリックすると移動します。写真上をクリックしながら動かすとお部屋の中を360°ご覧いただけます)

 

~担当店舗~ 横浜店

形態
マンション
家族構成
2人
築年数
約31年
工事費用
約1,820万円(税込)
工事期間
約65日
リフォーム面積
約90㎡
リフォーム部位
キッチン、リビングダイニング、洋室、玄関、廊下、水まわり、収納
工事内容
キッチン:TOTO(トートー)
ユニットバス:TOTO(トートー)
洗面化粧台:TOTO(トートー)
トイレ:TOTO(トートー)

ポイント

A)配管スペースを利用したキャビネット収納

キッチンを対面型にするために、窓下に配管を通すことに。配管スペースを有効利用できるよう、奥行の浅いキャビネットをオプションで追加されました。調味料や紅茶の瓶を置いたりと重宝しているそうです。

B)ふきんやキッチンペーパーは収納カウンターへ

出しっぱなしにしておきたい、けれど見せたくない、そんな使用頻度の高い小物は「収納カウンター」へすっきりと収納できます。

C)長谷工リフォームオリジナルセミオーダー収納家具 RASHIKU(ラシク)

トイレの吊戸は長谷工リフォームオリジナルセミオーダー収納家具『RASHIKU(ラシク)』をご採用いただきました。

お好きなデザインを選んでサイズとカラーを選択するだけで空間にピッタリの家具を造り付けできます。

 

RASHIKU(ラシク)を詳しく見る

間取り

担当者コメント

数年前まだお母様がお住まいだった時に、マンションの大規模修繕工事がきっかけで室内リフォームを担当させていただきました。今回もお声がけいただき、K様ご夫妻のセンスの良さはもちろん、お母様の思い出も取り入れた素敵なリフォームとなり、ご協力出来て嬉しいです。ご縁をいただき感謝しております。