ごあいさつ

長谷工グループの総合力を活かし、
不動産仲介における新たな架け橋を目指します。

私たち長谷工グループは、日本におけるマンションの普及に注力し、マンション建設の累計戸数は、おかげさまで2011年に50万戸(2016年12末現在 598,676戸)を突破しました。

一方、「既存住宅の流通」にも早くから着目し、1977年12月より、事業展開してきましたが、近年、「少子高齢化、人口の減少、エネルギー利用の制約、環境の負荷および地球温暖化等の課題解決」に直面している日本の住宅政策は、「既存住宅の流通活性化」を成長戦略の重要分野に位置付けています。

長谷工グループは、その活性化に積極的に取り組むべく、事業再編し、2012年7月、「長谷工リアルエステート」が誕生、総合不動産流通企業として新たな『長谷工の仲介』をスタートさせました。

あらゆる不動産の取引を「お客さま第一」でサポート

私どもは、お客さま個々の多様化したニーズに応えられるよう、今までの様々な場面における「お客さまの声」から培ったノウハウを活かして、あらゆる不動産の取引を「お客さま第一」でサポートしてまいります。
また、マンション建設№1のグループ会社として、「既存マンションの再生」というリノベーション事業を“長谷工の使命”と捉え、積極的に推進しております。私どもが既存マンションを購入し、“今”のニーズに即したリフォーム等を施し、次の住まい手に提供してまいります。

これからも、グループ各社の連携を高め、総合力を発揮し、お客様に最善のサービスが提供できるように、より一層努めてまいります。

株)長谷工リアルエステート代表取締役社長 中田秀樹

株式会社長谷工リアルエステート
代表取締役社長 中田 秀樹

沿革

1979年6月
株式会社 長谷川工務店(現:株式会社 長谷工コーポレーション)の仲介部より、「長谷工販売 株式会社」を設立。
1983年7月
「長谷工仲介販売 株式会社」に社名変更。および、「長谷工関西仲介販売 株式会社」を設立。
1988年7月
不動産仲介・販売に関わるグループ会社を合併し、「株式会社 長谷工アーベスト」を設立。
1994年8月
不動産特定共同事業法の施行に合わせ、「株式会社 長谷工パートナーズ」を設立。
2010年4月
株式会社 長谷工パートナーズを「法人向け不動産仲介専門会社」へ業態変更。
2012年7月
株式会社 長谷工アーベストから流通仲介事業およびリノベーション事業を株式会社 長谷工パートナーズへ統合し、「株式会社 長谷工リアルエステート」へ社名変更。
ページ
トップ