リフォーム・リノベーション事例

アジアンテイストの広々リビングで将来の介護にも備えるリフォーム

  • ①アジアンリゾートテイストでまとめたリビング。キッチンや家具、小物までY様の『好き』が詰まった空間です。

  • ②アクセントクロスを貼った壁は元の和室部分。将来介護が必要になれば、ここに介護ベッドを置くことを想定しています。

  • ③キッチンの袖壁や吊戸をなくしたことで、開放感のあるLDKとなりました。お料理上手なY様が毎日腕を振るっているそうです。

  • ④リフォームをする前からLIXILのキッチンに決めていました、とY様。セラミックの天板は、高温のフライパンや鍋を直接置いても変色や変形がないので、よくお料理をされるY様にぴったりです。

  • ⑤洗面化粧台はオーダーで造作し、下台の高さも既製品より高めにしました。鏡裏の壁にはエコカラットを貼り、洗面室の湿気を調整します。

  • ⑥マンションでは大きめの1620サイズのユニットバス。肩湯と腰湯のオプションをつけ、ゆったりと贅沢な入浴時間を過ごすことができます。

  • ⑦トイレの壁紙はY様が気に入られた品番が廃盤すると聞き、工事前に先に取り寄せておきました。アジアンシックな雰囲気がお気に入りです。

  • ⑧リビングのドアを移動し、廊下が短くなるため、Y様のアイデアで玄関収納側まで天井の壁紙を貼り、廊下を長く見せられるようにしました。玄関のインテリア小物もアジアンリゾートの雰囲気に合わせてY様がディスプレイされています。

  • ⑨Y様の寝室は壁紙で遊び心を入れました。柄×柄でも同じグレーの色味なのでしっくりまとまっています。

  • ⑩ご主人様のお部屋には一枚板のカウンターテーブルを設置しました。壁一面の大判エコカラットとも相性がよく、落ち着く空間となりました。

ご子息様の独立を機にリフォームを考えられたY様。ご子息様が長谷工施工の新築マンションを購入したのをきっかけにお問い合わせいただきました。他にも大手リフォーム会社数社で悩まれていたとのことですが、『同じ予算内でリクエストに応えてくれた』と最終的に長谷工リフォームをお選びいただきました。

ご両親の介護を経験したY様は、将来ご夫婦のどちらかが介護になったときのため、リビングに介護ベッドを置いて一緒にご飯を食べたり、TVを見たりできるようにと和室を取り込み、リビングを広げました。また、温泉好きのご主人様のために、ご自宅でも入浴を楽しめるよう肩と腰まわりにお湯が流れるタイプのユニットバスを採用されました。

 

アジアに駐在されていたこともあるY様ご夫婦のお手持ちの家具に合わせ、全体のテイストはアジアンリゾートの雰囲気でまとめました。将来を見据えたリフォームを終え、安心して日々の暮らしを楽しんで頂ければと思います。

 

こちらから室内の様子を360°ご確認いただけます。(図面のもしくは写真の<をクリックすると移動します。写真上をクリックしながら動かすとお部屋の中を360°ご覧いただけます)

 

担当店舗:千葉店

形態
マンション
家族構成
2人
築年数
約18年
工事費用
約1150万円
工事期間
約75日
リフォーム面積
約105㎡
リフォーム部位
キッチン、リビングダイニング、洋室、和室、玄関、水まわり、収納
工事内容
キッチン:LIXIL(リクシル)
ユニットバス:TOTO(トートー)
洗面化粧台:オーダー洗面(クリナップ)
トイレ:TOTO(トートー)
フローリング:朝日ウッドテック
リビング建具:EIDAI(永大産業)

ポイント

遮光もレースもこれひとつでOKなブラインド

ハンターダグラスのブラインドは遮光したり、光や風を通すレースにしたりと多機能のブラインドです。

間取り

担当者コメント

ご契約から工事着工まで約1年、じっくりと時間をかけてのお打合わせ。

ショールーム巡りから内装打ち合わせまで、奥様のセンスの良さに刺激を受けながら、私も楽しみながらお仕事させていただきました。

新旧の家具との調和も完璧で、私にとっても忘れられないリフォームの1つです。

細部にまでこだわられたお気に入りの空間で、ご満足いただきながら過ごされることを願っております。