野菜の冷凍保存方法の画像

野菜の冷凍保存方法

すぐに使えて便利な野菜の冷凍保存方法を動画でご紹介します。

今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~ 今更聞けない 料理のアレコレ ~うちのご飯は世界イチ番外編~

第33回 野菜の冷凍保存方法

「うちのご飯は世界イチ」の番外編、お料理の基本をご紹介するミニレッスンへようこそ。
第33回は「野菜の冷凍保存方法」です。さっと使えて、時短にもなる野菜の冷凍保存方法をご紹介します。


マユ先生、ちょっと相談なんですけど
私たち共働きで、平日に夜ご飯を作るのが大変で…
帰ってきてすぐに、ささっとご飯を作りたいんですが
何か良い方法はありますか?

あ、それなら野菜の冷凍保存がオススメですよ!
週末に野菜をまとめて切って、冷凍しておけば、
作るときの手間が省けますよ♪

でも、野菜を冷凍保存したら
美味しくなくなっちゃうんじゃないですか?

そんなことないですよ!
正しい冷凍保存を行なえば、美味しく食べることができます

お肉と魚の冷凍保存方法」は、さっそく活用しているんですけど
野菜は冷凍保存をしたことがないので、ぜひ教えてほしいです!

冷凍保存は調理の時間短縮ができる他に、常温や冷蔵で保存するよりも
栄養価を高いまま保てると言われているんですよ
ぜひ、一緒に活用していきましょうね!

マユ先生のHow to

マユ先生のHow To 「野菜の冷凍保存方法」野菜は新鮮なうちに適した方法で冷凍することで、味や食感の変化を防ぐことができます。
野菜は新鮮なうちに適した方法で冷凍することで、味や食感の変化を防ぐことができます。
小分けにして保存すると、そのまま調理ができるので時短になります。
マユ先生のHow To「野菜の冷凍保存方法」玉ねぎは、みじん切りや薄切りにします。
玉ねぎは、みじん切りや薄切りにします。
マユ先生のHow To「野菜の冷凍保存方法」使いやすい分量に小分けにして、ラップで包みます。
使いやすい分量に小分けにして、ラップで包みます。
マユ先生のHow To「野菜の冷凍保存方法」にんじんは、みじん切りにします。
にんじんは、みじん切りにします。
手間がかかるみじん切りを冷凍しておくことにより、すぐに調理ができるため、時短になります。
マユ先生のHow To「野菜の冷凍保存方法」使いやすい分量に小分けにして、ラップで包みます。
使いやすい分量に小分けにして、ラップで包みます。
マユ先生のHow To
大根は、すりおろしてから軽く水気を切ります。
すりおろした大根は、冷凍しても変化が少なく、そのまま使うこともできるので使い勝手が良く、時短にもなります。
マユ先生のHow To
使いやすい分量に小分けにして、ラップで包みます。
マユ先生のHow To
ほうれん草は、少し固めに茹でます。
マユ先生のHow To
根元が気になる方は切り落とし、4~5cmに切り分けてからラップで包みます。
マユ先生のHow To
トマトはヘタを取り除いたあと、丸ごと保存やざく切りにします。
マユ先生のHow To
ざく切りにしたトマトは、ラップで包みます。
マユ先生のHow To
丸ごとトマトは、ラップには包みません。
マユ先生のHow To
上記の野菜は、すべてファスナー付きの保存袋に入れて、密閉して冷凍保存します。
保存期間の目安は、約2週間です。

野菜の冷凍って、下茹でをしなきゃいけないのかと思っていましたが、
生のまま冷凍できるものもあるんですね!

アクが強いほうれん草やたけのこは、
しっかり下茹でをしてから冷凍してくださいね!
野菜を冷凍保存する際のポイントは、洗ったら水気をよく拭いて、
保存袋の空気はしっかりと抜くことです!

野菜を冷凍保存するだけで、料理の手間が省けるのは嬉しい♪
これからは、野菜の冷凍保存を賢く活用しよう!

監修 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。