こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法の画像

こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法

こんにゃくを料理に使うときの下ごしらえの方法をご紹介します。

  こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法

「うちのご飯は世界イチ」の番外編、お料理の基本をご紹介するミニレッスンへようこそ。
第78回は、「こんにゃくの下ごしらえ(アク抜き)の方法」です。こんにゃくの臭みを取り、味を染み込みやすくする下ごしらえの方法をご紹介します。


はぁ…

どうしたのパパ、お鍋見ながらため息ついちゃって~
あれっ、これ筑前煮じゃない!もしかして作ってくれたの?

うん…久しぶりに食べたくなって作ってみたんだけど
なんだかこんにゃくの臭いが強くて、美味しくなくてさ…ショック…

マサキ、こんにゃくはちゃんとアク抜きしたかい?
アクが残ったままだと、臭みの原因になるんだぜ!

えっ、そうだったの?全然知らなかった…!
フラッキー、アク抜きのやり方を教えて!

ガッテン承知!早速、イチから教えていくぞ!

よーし!しっかり覚えて、美味しい筑前煮を作れるようになってやる!

How to

こんにゃくのアク抜きの方法

おでんや筑前煮などの煮物から、炒め物や炊き込みご飯まで、幅広い料理に使える食材・こんにゃく。より美味しくこんにゃくを食べるためには、きちんとアク抜きしておくことが必要です。アク抜きすることで、独特の臭みや、えぐみを取り除くことができます。さらに、アク抜きの過程で余分な水分が抜け、味が染み込みやすくなるというメリットも。

今回は、塩もみと下ゆでをして行なう、代表的なアク抜きの方法をご紹介します!

材料

こんにゃく
1枚
大さじ1

塩もみの手順

フラッキーのHow To「こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法」スプーンを使って、こんにゃくを端から押すようにして一口大にちぎります。
スプーンを使って、こんにゃくを端から押すようにして一口大にちぎります。

フラッキーのチェック

包丁を使わず、スプーンでちぎることで、こんにゃくに味が染み込みやすくなるぞ! その理由は、包丁できれいに切るよりも、ちぎった方が断面の面積が広がるから。 しっかり味を付けたいときは、ぜひちぎりこんにゃくを使ってみてくれ!

フラッキーのHow To「こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法」ボウルにこんにゃくを入れます。次に、塩を全体にまぶしてもみ込みましょう。塩もみをすることで、こんにゃくに含まれる余分な水分と臭みを取ることができます。
ボウルにこんにゃくを入れます。次に、塩を全体にまぶしてもみ込みましょう。
塩もみをすることで、こんにゃくに含まれる余分な水分と臭みを取ることができます。
フラッキーのHow To「こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法」サッと水で洗って、全体の塩を落とします。
サッと水で洗って、全体の塩を落とします。

下ゆでの手順

フラッキーのHow To「こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法」鍋に水を入れ、沸騰させます。そこに、塩もみをしたこんにゃくを入れましょう。下ゆですることで、まだ残っているアクや臭みを取ることができますよ。
鍋に水を入れ、沸騰させます。そこに、塩もみをしたこんにゃくを入れましょう。
下ゆですることで、まだ残っているアクや臭みを取ることができますよ。
フラッキーのHow To「こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法」中火で2~3分ゆでます。
中火で2~3分ゆでます。
フラッキーのHow To「こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法」ゆで上がったら、ざるに入れて水気を切りましょう。粗熱が取れたらアク抜きの完了です。
ゆで上がったら、ざるに入れて水気を切りましょう。粗熱が取れたらアク抜きの完了です。

電子レンジでアク抜きする方法は?

「できるだけ簡単にアク抜きを済ませたい!」というときは、電子レンジでアク抜きすることもできますよ。
まず一口大にしたこんにゃくを、耐熱皿に入れます。次に、こんにゃくが被るくらいの水を加えましょう。ラップをかけたら、500wに設定した電子レンジで加熱します。
加熱時間の目安は、こんにゃく100gあたり2分程度。加熱後、ざるに上げて流水で洗い流したら、アク抜き完了です!
よりしっかりアク抜きしたいときは、こんにゃくを塩もみしてから、電子レンジで加熱するようにしましょう。

こんにゃくの保存方法

「開封したけど、こんにゃくが使い切れずに残ってしまった…」という経験がある方もいるのではないでしょうか。そのようなとき、残ったこんにゃくはどのように保存すればよいかご存知ですか?

こんにゃくを保存するときのポイントは、冷凍庫ではなく冷蔵庫に入れること。実はこんにゃくを冷凍すると、水分が抜けて、かたいゴムのような食感になってしまうのです。

中にはあえてこんにゃくを凍らせて、噛み応えのあるヘルシー食材として用いる場合もありますが、こんにゃくならではの食感をキープするには、やはり冷蔵庫保存が適しています。
長持ちする、こんにゃくの正しい冷蔵保存方法をお伝えします!

冷蔵保存の手順

残ったこんにゃくは、水を張った保存容器に入れて、ラップなどをかけて冷蔵庫に入れます。このとき、水道水ではなく、こんにゃくの袋に入っていた封入水を使うようにしましょう!この封入水は殺菌作用があり、水道水を使うよりもこんにゃくの品質を保ちやすくなります。
封入水を捨ててしまった場合は、水道水を入れて、2~3日おきに取り替えながら保存しましょう。

保存期間の目安は、封入水の場合約3週間、水道水の場合は約1週間です。

こんにゃくを使った人気レシピ

しっかりアク抜きをすれば、中まで味が染み込んだこんにゃく料理を作ることができますよ。筑前煮やステーキなど、こんにゃくを使った人気レシピをご紹介します!手軽に作れるので、ぜひお試しください。

筑前煮

フラッキーのHow To「こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法」筑前煮

鶏肉を一口大に切って、油を引いた鍋で加熱します。鶏肉の表面の色が変わったら、適当な大きさに切ったごぼう、にんじん、れんこん、アク抜きしたちぎりこんにゃくを加えてください。全体に油がまわったら、酒、みりん、砂糖、水を入れ、蓋をして煮立たせます。煮立ったら醤油を入れて、落し蓋をして中火で20分程度煮込みましょう。煮汁が少なくなるまで煮込んだら、できあがりです。

こんにゃくのステーキ

フラッキーのHow To「こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法」こんにゃくのステーキ

こんにゃくに包丁を横向きに入れて、半分の厚さになるように切ります。両面に格子状の切り込みを入れたら、サイコロ状に切って、アク抜きをしてください。
フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、中火にかけます。香りが立ってきたら、こんにゃくを入れて、両面こんがりと焼きましょう。最後に醤油と酒を入れて、味付けしたら完成です。

こんにゃくのきんぴら

フラッキーのHow To「こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法」こんにゃくのきんぴら

ごま油を引いたフライパンを熱します。鷹の爪を入れて香りが立ったら、アク抜きしたちぎりこんにゃくを加えてください。醤油、酒、砂糖を入れて、汁気がなくなるまで炒めたらできあがりです!

炊き込みご飯

フラッキーのHow To「こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法」炊き込みご飯

研いだ米を炊飯器に入れて、酒、塩、みりん、醤油を加えます。米の分量に合った水を注いだら、1㎝角に切った鶏肉、にんじん、油揚げ、しめじ、こんにゃくを加えて、軽く混ぜます。そのまま炊飯して、炊きあがったら10分程度蒸らして完成です。

豚汁

フラッキーのHow To「こんにゃくをアク抜きでもっと美味しく!下ごしらえの方法」豚汁

油を引いた鍋に、適当な大きさに切ったこんにゃく、大根、にんじん、ごぼう里芋を入れて軽く炒めます。一口大に切った豚肉を加えて色が変わったら、だし汁を入れましょう。煮立ったら火を弱めて、味噌を加えます。野菜がやわらかくなるまで煮たら、油揚げ、ねぎを加えてひと煮立ちさせてください。器に盛ったらできあがり!

よーし!今日の筑前煮は前回と違ってよい出来だぞ~
しっかりアク抜きしたこんにゃくで作った筑前煮、ご賞味あれ!

うん!雑味がなくて、とっても美味しい!
パパ、名誉挽回ね!

こんにゃく、おいしい~

マサキ、なかなかやるじゃないか!
味もよく染みてるぞ!

やった~!
じゃあ、次はこんにゃくステーキとこんにゃくきんぴらも添えて、
こんにゃくフルコースを作っちゃおうかな?

それはやり過ぎ~!

用語解説

えぐみとは
味覚のひとつ。アクがある苦味のこと。野菜や山菜特有の苦味を表す際によく用いられる。

監修 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。