2020年05月15日

 長谷工コーポレーション(以下「長谷工」)は、Ecoba Vietnam Joint Stock Company(日本語表記:エコバ・ベトナム・ジョイントストックカンパニー、以下「エコバ社」)が行う第三者割当増資(長谷工出資総比率36%)を2回に分けて引き受けることを合意し、2020年3月6日に新株引受契約及び株主間協定(以下総称し「本契約」)を締結しておりました。本日、第一回目の出資を完了いたしましたのでお知らせします。
 長谷工は、日本国内の分譲マンション市場の変化等を見据え、新たな収益機会の可能性を追求すべく、2012年4月に住宅市場の拡大が期待されるベトナム(※1)・ハノイ市に住宅分野を中心に建設事業を展開することを目的に駐在員事務所を開設、市場調査や住まいづくりに関連する情報収集や現地企業との関係構築などを進めてまいりました。また、2017年3月には、第一号プロジェクトとして自社にて開発・施工を行った邦人向けサービスアパートメント「THE AUTHENTIC」(ハノイ市・鉄筋コンクリート造地上18階・地下1階、総戸数:110戸)を開業し、現在運営も行っております。
 今期からスタートする新中期経営計画「HASEKO Next Stage Plan」(略称:NS計画)では、海外事業を成長戦略の一つと位置付けており、東南アジアにおいては不動産投資も活用しながら、集合住宅における設計・施工体制の確立を重点課題とし、事業強化へ向けた現地パートナーを探してまいりました。
 今回、第三者割当増資を引き受けるエコバ社は、ベトナム・ハノイ市に拠点を置く建設会社で、当初は産業用施設の建設を中心に行っておりましたが、現体制となった2013年以降、先進的な施工管理・経営管理体制の構築に注力し、現在は集合住宅建設を主力に事業活動を行っており、近年売上を倍増させるなど成長著しい会社です。有力顧客に現地大手・中堅デベロッパーを持ち、大規模な集合住宅工事において元請・メインコントラクターとして多くの実績を有しております。
 また、同社は「ベトナムで最高水準の技術力を持つ建設会社を目指す」という高い理念を掲げ、海外の技術も積極的に導入する等、品質を重視する姿勢で取り組んでおり、これまでもいくつかの外部表彰を受賞(※2) する等、今後も更なる成長・拡大が期待できる会社です。
 今後、長谷工はエコバ社に取締役1名を含む数名を派遣した上で、戦略的パートナーとして互いのノウハウの共有・取引先の紹介・ジョイントベンチャーでの受注活動等を行い、シナジー効果を最大化することで両社の更なる成長を目指すと共に、アジアの成長市場ベトナムにおいて、安全・安心、快適な住宅の供給に取り組んで参ります。
(※1)ベトナム政府は2011年から都市の集合住宅開発を容積率の緩和等により促進し、外資規制緩和の法改正及び積極的なFTAの締結など、住宅市場の発展を企図した政策を実施。更に、名目GDPは年間6~7%増加し、都市人口は年間3%前後で増加。ハノイ市・ホーチミン市合計の集合住宅販売戸数は2018年に8万戸を超え、更なる住宅市場及び住宅建設市場の拡大が期待されます。
(※2) 「ASHUI AWARDS 2019」受賞(ベトナム業界誌による表彰)、「APEA Asian Business Award(2018年度)」受賞(アジアのビジネス評価団体による表彰)

【「エコバ社」会社概要】 
社 名:Ecoba Vietnam Joint Stock Company(エコバ・ベトナム・ジョイントストックカンパニー)
設 立:2007年(前身のLideco Enterprise No,3として設立。2013年に現名称に変更)
所在地:ベトナム・ハノイ市
代表者役職・氏名:代表取締役社長 Vo Tien Dat
資本金:10.6億円(19年3月末時点)
従業員数:667名(19年10月末時点)
主な事業内容:建設工事、土木工事、設計
関連子会社 :Ecoba Environmental Technology,. Ltd.(100%子会社、プラント工事) 
       Ecoba Mechanical and Electrical Co., Ltd(100%子会社、電気・設備工事) 
       Ecoba Renewable Energy Solution Joint Stock Company(68%子会社、太陽光事業) 
 
 主な施工実績:

Get ADOBE® READER®
PDFファイルをご覧いただくためには、
Adobe Readerが必要です。