2020年07月01日

長谷工グループは、本年11月1日(日)に開催予定の「秩父宮賜杯 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会」(以下、全日本大学駅伝)に、昨年に引き続き特別協賛します。本日、「長谷工 応援スペシャルサイト」を公開いたしました。(https://www.haseko.co.jp/ekiden/
 本大会は、「東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」「出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)」とともに「学生三大駅伝」のひとつに数えられています。1970年から毎年開催され、今年で52回目を迎える歴史ある大会で、全国8地区の代表17校、シード校8校、オープン参加の2チームの合計27チームが出場する、名実ともに真の「大学駅伝日本一」を競う大会です。昨年の第51大会では、地区選考会から本大会まで、延べ約500人の長谷工社員が応援に参加しました。
 今年の応援テーマは昨年と同じく“選手、がんばる!社員、がんばる!みんなでつくる、手づくり駅伝”とし、長谷工社員が一丸となって盛り上げます。また、昨年出場チームに差し入れし好評をいただいた、長谷工社員による応援メッセージ入りのペットボトルは、デザインを一新するとともに森林保全活動への寄付(※)につながる仕組みを取り入れました。 
特別協賛を通じて、スポーツ振興及び地域社会の発展に貢献するとともに、関東・関西・東海エリアに加え、全国で事業展開を進める企業グループとして、認知度と企業価値の向上に努めてまいります。
(※)弊社が大会ノベルティとして購入したペットボトルの代金の一部が森林保全団体の一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)に寄付されます。

【第52回大会協賛概要】
■長谷工グループ社員が本大会の応援にボランティアで参加し、選手たちに直接エールを送ります。
■オリジナル応援テレビCMを本大会の全国ネット生中継番組で放映し、全日本大学駅伝を盛り上げます。
■地区選考会別、本大会出場校別のデザインで長谷工社員の応援メッセージを印字したオリジナルペットボトルや、長谷工あんしんデリが生産する「たなかみ米」、奈良県明日香村産の野菜、記念タオルなどの記念品を、出場チームに差し入れします。 

[長谷工オリジナル応援ロゴ]
[左:第51回本大会の様子、右:新しいデザインの応援ボトル]

【「秩父宮賜杯 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会」概要】
大会名称:秩父宮賜杯 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会(通称:全日本大学駅伝)
開催日時:2020年11月1日(日)午前8時05分スタート(予定)
コ ー ス:熱田神宮西門前(愛知県名古屋市) → 伊勢神宮内宮宇治橋前(三重県伊勢市) 8区間 計106.8km
出 場 枠:全国8地区(北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国四国、九州)の代表17校、シード校8校(※)、日本学連選抜、東海学連選抜の計27チーム
主  催:公益社団法人日本学生陸上競技連合、朝日新聞社、テレビ朝日、メ~テレ
後  援:スポーツ庁、愛知県、三重県、名古屋市、伊勢市など(予定)
運営協力:東海学生陸上競技連盟、一般財団法人愛知陸上競技協会、一般財団法人三重陸上競技協会
特別協賛:長谷工グループ

■コース 

■地区選考会スケジュール(予定)
■第51回大会 地区選考会・応援の様子
Get ADOBE® READER®
PDFファイルをご覧いただくためには、
Adobe Readerが必要です。