じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介の画像

じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介

じゃがいものゆで方や美味しくゆでるコツを動画でご紹介します。

  じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介

「うちのご飯は世界イチ」の番外編、お料理の基本をご紹介するミニレッスンへようこそ。
第120回は、「じゃがいものゆで方」です。さまざまな料理に使われるじゃがいもですが、正しい方法でゆでることでより美味しく食べることができます。今回は基本のじゃがいものゆで方と、人気のレシピをご紹介します。


わ〜!じゃがいも、い〜っぱい!

おばあちゃんからたくさんじゃがいもが送られてきたの。ポテトサラダにじゃがバターに…
コウちゃんの好きなメニューがたくさん作れるね〜

お、うまそうなじゃがいもだな!
そうだ、ミエ!じゃがいもを美味しく食べたいなら、基本のゆで方をおさらいしてみないか?

フラッキー、大丈夫よ。じゃがいもなら私だって、ちゃんとゆでられるよ!
とりあえず火が通ればOKでしょ?

甘いな〜!じゃがいもはゆで方次第でグンと美味しくなるんだ!
じゃがいもが美味しくなる、ゆで方のコツを教えてやるぜ!

How to

基本のじゃがいものゆで方

肉じゃが、カレー、コロッケなど、定番メニューに欠かせない食材・じゃがいも。じゃがいものゆで方には、丸ごとゆでてから皮をむく方法と、先に皮をむき、切ってからゆでる方法があります。
より美味しく食べたい場合は、皮付きでゆでるのがおすすめです。皮付きでゆでると、水っぽさが抑えられて、よりホクホクした食感を楽しめます。短時間で調理したい場合は、皮をむいて、切ってからゆでましょう。短い時間で火が通るので、時短になりますよ。今回は、両方のゆで方をご紹介します!

丸ごと皮付きでゆでる場合の手順

じゃがいもはきれいに水洗いして、芽を取っておきます。|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」
じゃがいもはきれいに水洗いして、芽を取っておきます。

フラッキーのチェック

皮をむきやすくしたい場合は、切れ目を入れておこう!

ゆでたじゃがいもは、皮をむくのが意外と手間だよな。ゆでる前に、じゃがいもの表面に浅い切れ目を入れておくと、皮がむきやすくなるぜ。切れ目は、じゃがいもの真ん中をぐるっと一周するように入れるといいぞ!
鍋にじゃがいもとかぶる程度の水を入れて、中火で熱します。中火で熱して沸騰したら、弱めの中火にして20分程度加熱しましょう。|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」
鍋にじゃがいもとかぶる程度の水を入れて、中火で熱します。
中火で熱して沸騰したら、弱めの中火にして20分程度加熱しましょう。

フラッキーのチェック

じゃがいもを水からゆでる理由は?

じゃがいもは沸騰させたお湯に入れてゆでるのではなく、冷たい水に入れた状態から加熱してゆでるんだ。この理由はズバリ、加熱しすぎてじゃがいもの皮がボロボロにはがれたり、煮崩れしたりするのを防ぐため!沸騰したお湯からゆでると、中心がちょうどいいやわらかさになったころには、外側の皮や実がゆですぎの状態になってしまうんだ。
もっと詳しく説明すると、ボロボロになってしまう原因は、加熱しすぎることによって「ペクチン」という成分の働きが弱くなるから。ペクチンはじゃがいもの細胞と細胞をつなぎ合わせる接着剤のような役割をするんだけど、加熱しすぎると接着力が弱くなって、崩れてしまうんだ!
じゃがいもをきれいにゆでるには、水に入れて加熱するということを忘れずにな!
竹串を刺してスッと通るようになったら、ゆで上がりです。|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」
竹串を刺してスッと通るようになったら、ゆで上がりです。
ざるにあげて、キッチンペーパーに包んだ状態で皮をむきます。|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」
ざるにあげて、キッチンペーパーに包んだ状態で皮をむきます。
完成!|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」
完成!

皮をむいてゆでる場合の手順

じゃがいもは皮をむいて、好みの大きさに切っておきます。|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」
じゃがいもは皮をむいて、好みの大きさに切っておきます。
5分程度水にさらしておきます。|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」
5分程度水にさらしておきます。
鍋にじゃがいもとかぶる程度の水を入れて、中火で熱します。中火で熱して沸騰したら、弱めの中火にして10分程度加熱しましょう。|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」
鍋にじゃがいもとかぶる程度の水を入れて、中火で熱します。
中火で熱して沸騰したら、弱めの中火にして10分程度加熱しましょう。
竹串を刺してスッと通るようになったら、ゆで上がりです。|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」
竹串を刺してスッと通るようになったら、ゆで上がりです。
お湯を捨てて、再び中火にかけて鍋を揺すり、水分を飛ばします。|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」
お湯を捨てて、再び中火にかけて鍋を揺すり、水分を飛ばします。

フラッキーのチェック

水分をしっかり飛ばしたいなら、軽く粉ふきの状態にする!

切ってからゆでたじゃがいもは、どうしても丸ごとゆでたときよりも水っぽくなってしまう。しっかり水分を飛ばしたいなら、お湯を捨てた後さらに加熱して、粉ふきいもの状態にするといいぞ!
完成!|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」
完成!

電子レンジで皮付きのじゃがいもを加熱する場合は?

「皮付きのじゃがいもをとにかく時短で調理したい!」というときは、電子レンジで加熱する方法がおすすめです。少ない個数であれば、電子レンジを使って短時間で加熱することができます。
まず、皮付きのじゃがいもをラップで包み、600Wに設定した電子レンジで1分30秒程度加熱しましょう。裏返して再び1分30秒程度加熱すれば、完了です。2個加熱する際は、表裏合わせて5〜6分程度加熱してください。加熱後はやけどに注意して、粗熱が取れてから皮をむいてくださいね。キッチンペーパーに包んだ状態だとツルッと皮がむけますよ。
大量のじゃがいもを加熱したい場合は、電子レンジだと余計に時間がかかってしまう可能性があるので、鍋でゆでる方法がおすすめです。

ゆでたじゃがいもの保存方法

加熱したじゃがいもは、そのまま冷凍すると食感や風味が変わってしまいます。つぶしてマッシュポテトにしてから冷凍保存しましょう。じゃがいもが完全に冷めたら、ラップで包んで小分けにします。小分けにした状態で何個かファスナー付き保存袋にまとめて、冷凍してください。
保存期間の目安は、約1ヵ月です。

ゆでたじゃがいもを使った人気レシピ

じゃがいもが美味しくゆで上がったら、さっそく人気のレシピを作ってみましょう。小さな子どもから大人まで夢中になる、じゃがいも料理のレシピをご紹介します。

ポテトフライ

ポテトフライ|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」

あらかじめじゃがいもをゆでておけば、ポテトフライも簡単に作れます。まず、皮付きのまま丸ごと水からゆでます。竹串がすっと通るくらいになったら、しっかりと水気を切り、粗熱をとってくし形切りにします。180度の油で4分程度揚げたら、ホクホクのポテトフライの完成です。

ポテトサラダ

ポテトサラダ|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」

ゆでたじゃがいもをボウルに入れ、軽くつぶします。マヨネーズ、プレーンヨーグルト、、粗びきこしょうで味付けすれば、シンプルなポテトサラダのできあがり。お好みでハムやきゅうり、にんじんを入れるのもおすすめです。お弁当や、もう一品おかずが欲しいときに最適なメニューですよ。

じゃがバター

じゃがバター|フラッキーのHow To「じゃがいものゆで方。ゆで時間の目安とコツをご紹介」

バターの塩気がやみつきになるじゃがバターは、お酒のおつまみにもぴったり。ホクホクした食感がポイントなので、じゃがいもは皮付きでゆでましょう。表面を十字に切って、塩とバター、お好みでパセリをかけてください。チーズや明太子をかけるアレンジもおすすめです。

じゃがばたー、おいもがほくほくして、おいしいねー

ポテトサラダも箸が止まらないよ!

じゃがいもって、本当にゆで方次第で美味しさが変わるのね。フラッキー、ありがとう

じゃがいもは色んな料理に使う食材だからな。美味しくゆでられれば、料理のレベルもアップするぜ!

本当ね♪じゃがいものゆで方もマスターしたし、今度はホクホクのコロッケに挑戦しようっと!

■関連記事

●種類別に解説!野菜の冷凍保存方法

●第5話 じゃがいもといんげんのペースト&ハムのケークサレ

●さば缶とじゃがいものトマト煮込み

監修 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。

住まいのプロがお悩み解決!クローゼットのデッドスペースを上手に使いたい! バナー 住まいのプロがお悩み解決!クローゼットのデッドスペースを上手に使いたい! バナー