正しいそうめんのゆで方とは?失敗しないコツの画像

正しいそうめんのゆで方とは?失敗しないコツ

美味しく仕上がるそうめんのゆで方について動画でご紹介します。

  正しいそうめんのゆで方とは?失敗しないコツ

「うちのご飯は世界イチ」の番外編、お料理の基本をご紹介するミニレッスンへようこそ。
第52回は、伸びずに美味しく仕上がる「そうめんのゆで方」について動画でご紹介します。


ああ、夏は毎日暑いなあ
こんなときは、やっぱりそうめん!だけど…

おっ、どうしたんだい?

フラッキー!僕がそうめんをゆでると、いつもドロドロに伸びちゃうんだよ
ツルっとしたのどごしに仕上げたいのに…

ドロドロ⁉
それは、ゆで方が間違っているのかもしれないな
よーし!今日はそうめんが伸びないゆで方のコツを教えてやるぜ!

How to

美味しいそうめんのゆで方

夏の定番メニューといえば、そうめん。簡単に作れて、暑い日でも食べやすいので重宝しますよね。でも、ゆでたらそうめん同士がくっついたり、伸びてドロドロになったりして悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

こうした失敗は、フライパンや浅い鍋を使っている、何分ゆでればよいか把握していない、お湯の量が少ない…といったことが原因で起こりがち。
正しいゆで方を覚えて、なめらかでコシのあるそうめんに仕上げましょう!

材料(1人分)

そうめん
2束(50g×2)
1L

手順

フラッキーのHow To 「正しいそうめんのゆで方とは?失敗しないコツ」大きな鍋に水を入れ、火にかけて沸騰させます。
大きな鍋に水を入れ、火にかけて沸騰させます。
フラッキーのHow To「正しいそうめんのゆで方とは?失敗しないコツ」沸騰したお湯の中に、束を解いたそうめんを散らすように入れます。※写真は、撮影用に2束よりも多めにそうめんを入れています。
沸騰したお湯の中に、束を解いたそうめんを散らすように入れます。
※写真は、撮影用に2束よりも多めにそうめんを入れています。
フラッキーのHow To「正しいそうめんのゆで方とは?失敗しないコツ」そうめん同士がくっつかないように、素早く菜箸などでかき混ぜます。
そうめん同士がくっつかないように、素早く菜箸などでかき混ぜます。
フラッキーのHow To「正しいそうめんのゆで方とは?失敗しないコツ」お湯が吹きこぼれないように火加減を調節しながら、商品に記載されたゆで時間(約1分半~2分)の通りにゆでます。
お湯が吹きこぼれないように火加減を調節しながら、商品に記載されたゆで時間(約1分半~2分)の通りにゆでます。

フラッキーのチェック

吹きこぼれそうになったとき、差し水をするのは避けよう!お湯の温度が下がってしまい、麺に十分火が通らなくなったり、そうめんのうまみが流れ出たりする可能性があるからな。
吹きこぼれそうなときは、必ず火加減を調節するんだぞ!

フラッキーのHow To「正しいそうめんのゆで方とは?失敗しないコツ」麺をざるに上げ、流水でよくもみ洗いしてぬめりを取ります。
麺をざるに上げ、流水でよくもみ洗いしてぬめりを取ります。
フラッキーのHow To「正しいそうめんのゆで方とは?失敗しないコツ」しっかり水気を切って、皿に盛ってできあがりです。そうめんを盛るときは、一口大に丸めて並べると食べやすくなります。
しっかり水気を切って、皿に盛ってできあがりです。
そうめんを盛るときは、一口大に丸めて並べると食べやすくなります。

梅干し・酢を入れてゆでると美味しくなる⁉

そうめんを美味しくゆでる裏ワザとして、梅干しを入れる方法があります。梅に含まれるクエン酸の力によって、そうめんのでんぷんが溶け出しにくくなり、コシが出るといわれています。

方法は簡単。そうめんをゆでるときに、約1Lの水に対して梅干しを1個、沸騰する直前に入れるだけ。梅干しがないときは、水の量に対して1%ほどの酢(1Lの場合は10ml)を加えるとよいでしょう。

意外と知らない「そうめん」と「ひやむぎ」の違い

夏といえば“そうめん”ですが、同時によく挙げられるのが“ひやむぎ”。この2つにはどのような違いがあるのかご存じですか?
正解は、「麺の太さ」。JAS(日本農林規格)では、機械で製造された乾麺を次のように区別しています。

  • そうめん…直径1.3mm未満
  • ひやむぎ…直径1.3mm以上~1.7mm未満

実は、“そうめん”と“ひやむぎ”は、もともと製法が異なるものでした。ですが、機械で麺を作る現代では、製法工程だけで区別するのが難しくなったため、麺の太さでそれぞれを区別するようになったのです。
ちなみに機械生産ではない手延べ麺の場合は、1本1本の太さにバラつきが出やすいので、1.7mm未満ならどちらの呼び方でもよいことになっているそうです。

そうめんを使った簡単アレンジレシピ

夏の終わりに大量に余ってしまいがちなそうめん。飽きずに最後まで美味しく食べられる、簡単アレンジレシピをご紹介します。

にゅうめん

フラッキーのHow To「正しいそうめんのゆで方とは?失敗しないコツ」夜食や軽食におすすめの、温かいそうめんです。だし汁をしょうゆ・酒で調味したつゆに、ねぎ・ゆで鶏・きのこ・卵など、お好みの具材を加えて煮立てます。そこに、少しかためにゆでて水洗いしたそうめんを加えたらできあがりです。

夜食や軽食におすすめの、温かいそうめんです。
だし汁をしょうゆ・酒で調味したつゆに、ねぎ・ゆで鶏・きのこ・卵など、お好みの具材を加えて煮立てます。そこに、少しかためにゆでて水洗いしたそうめんを加えたらできあがりです。

そうめんチャンプルー

フラッキーのHow To「正しいそうめんのゆで方とは?失敗しないコツ」ゆでたそうめんを具材と一緒に炒めた、おかずになるメニュー。そうめんは少しかためにゆでて、冷水で洗って水気を切っておきます。フライパンでごま油を熱し、一口大に切った豚肉と、千切りにしたにんじん、ピーマン、にらなどの野菜を炒めます。火が通ったらそうめんとめんつゆを加えて、よく混ぜてください。皿に盛って、かつおぶしや白ごまをまぶしたらできあがりです。
ゆでたそうめんを具材と一緒に炒めた、おかずになるメニュー。
そうめんは少しかためにゆでて、冷水で洗って水気を切っておきます。
フライパンでごま油を熱し、一口大に切った豚肉と、千切りにしたにんじん、ピーマン、にらなどの野菜を炒めます。火が通ったらそうめんとめんつゆを加えて、よく混ぜてください。皿に盛って、かつおぶしや白ごまをまぶしたらできあがりです。

添えるだけ!薬味&具材バリエーション

シンプルなそうめんは、薬味や具材で多彩にアレンジできるところも魅力。メニューにそうめんが続きがちなときは、いろいろな組み合わせを試してみましょう!

  • コクを出す…ごまだれ、ごま油、天かす、味噌など
  • さっぱり感をアップ…大葉、だいこんおろし、刻みねぎ、梅干し、みょうがなど
  • ねばねば食感を楽しむ…おくら、なめこ、山芋、納豆など
  • ピリッとアクセント…キムチ、豆板醤、わさび、柚子胡椒、針生姜 など

たっぷりのお湯で、差し水せずに時間を守って…
よし、伸びずにゆでられた!
洗ってぬめりも取ったからツルツルだ♪

やっぱりそうめんはこうでなくっちゃな!
ちなみに一口大に盛るのが難しいときは、
フォークを使って巻くと便利だぜ!

うわ~、涼しげで美味しそう!薬味もいろいろあって迷っちゃうわ
誰でも手早く簡単に作れるからいいね~
今年の夏はパパが作るそうめんが大活躍の予感♪

コウちゃんは、ごまだれ~♪

監修 森崎 繭香 お菓子・料理研究家/フードコーディネーター
【HP】 http://www.mayucafe.com/

森崎 繭香

料理教室講師、パティシエを経て、フレンチ、イタリアンの厨房で経験を積み、独立。
書籍、雑誌やWEBへのレシピ提供、テレビ・ラジオ出演など幅広く活動中。カフェやレストランでの経験を軸に、身近な材料を使った自宅でも作りやすいレシピを心がけている。
「野菜たっぷりマリネ、ピクルス、ナムル」(河出書房新社)、「いつものスープでアレンジレシピ60」「小麦粉なしでつくる たっぷりクリームの魅惑のおやつ」(ともに日東書院本社)、「型がなくても作れるデコレーションケーキ」(グラフィック社)など著書多数。