お客さまを生涯にわたってサポートできる企業グループを目指し、長谷工シニアグループは有料老人ホームをはじめとする高齢者住宅や在宅介護サービス事業を展開し、お元気な方から介護が必要な方まで、高齢者の方一人ひとりに寄り添った住まいとサービスを提供します。最期まで自分らしく、住み慣れた地域に住まい続けられるお手伝いをします。

高齢期の住まいと暮らしを提案

長谷工シニアグループの事業会社センチュリーライフと生活科学運営は30年以上にわたって高齢者住宅をつくり運営してきました。ここに横浜・川崎で認知症専門のデイサービスを運営するふるさとが加わり、それぞれの特性を活かしながら、高齢者の方が“自分らしく”暮らすお手伝いをしています。三大都市圏で約100事業所を展開し、有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅など、お元気な方向けの住まいや介護付有料老人ホーム・グループホームなど日常的な生活支援や見守りを必要とする方を対象とした住まい、介護保険の要介護認定もしくは要支援認定をお持ちの方がご自宅で生活しながらサポートを受けられる在宅介護サービスを提供しています。

マンションの老朽化と居住者の高齢化
「2つの老い」に長谷工グループで対応

経年によって生じるマンションの老朽化と居住者の高齢化の「2つの老い」という社会課題に対し、長谷工グループでは総合力で取り組んでいます。建物の老朽化に対しては修繕・バリアフリー改修・再生を提案。高齢の居住者の方には長谷工シニアグループが運営する高齢者住宅への住み替えやサービスの利用をご提案します。グループの連携をさらに深化させ、近年では介護付き有料老人ホームと賃貸マンション、学童保育施設の複合開発による“新しい多世代共住”の提供にも挑戦しています。

サービスの向上と介護職員の
労働環境改善の両立を目指して

入居者・利用者のサービス向上、介護職員の労働環境の改善を目的に、各事業所では自主的に業務改善に取り組み、年に1回その成果を全社大会で共有しています。この大会で発表された取り組みの一つに「にやりほっと」があります。職員がご入居者のプラス面に目を向け、にやりとしたり、ほっとしたりしたことを記録・共有し、その人らしさを尊重するケアに繋げています。また、コミュニケーションロボットを使った介護予防体操のアプリケーション開発や、センサーを使用した次世代型見守りシステムの導入など最先端技術の活用にも積極的に取り組んでいます。

グループ会社