2019年09月06日

 長谷工コーポレーションは、多摩市に開設している長谷工マンションミュージアム(※1)にて、9月7日(土)より“マンションの防災”への知恵やノウハウを紹介する企画展示(展示名称;「マンション防災展」)を開始します。
 「マンション防災展」では、これまでに起きた地震災害と災害の対応としてのマンションの構造や設備の変化、居住者の実体験の声などを通して、地震に備える知恵やノウハウ、防災のために必要な設備や備品などについて学ぶことができます。また、お住まいのマンションでの防災に役立ててもらうべく、ご見学いただいた方にはオリジナルのマンション防災マニュアル(無料)をお渡しいたします。
 当社では、今後も安全・安心、快適な住まいを提供するとともに、長谷工マンションミュージアムにて、集合住宅に関連する企画展示やイベントなどを実施し、情報発信拠点として充実を図ってまいります。
(※1)「長谷工マンションミュージアム」・・・長谷工グループの80周年事業の一環として開設し、2019年1月から一般向けに公開。集合住宅の歴史、企画・設計段階から建物ができるまでの過程、間取りプランの変遷、リフォームや建て替え事例、未来の住まいなどを網羅し、マンションのことを“見て、触れて、感じて、学べる”施設。

【 「マンション防災展」の概要 】
■開始日
・2019年9月7日(土)~
※「長谷工マンションミュージアム」の見学コースに含まれております。「マンション防災展」のみの見学は予定しておりません。ご了承ください。
■場所
・長谷工マンションミュージアム内
■内容
・地震災害の歴史とマンションの進化
・構造の進化
・防災備蓄倉庫&防災グッズ
・コミュニティの備え
・震災時のライフライン
・マンション未来の防災

[「マンション防災展」の展示(震災時のライフライン)]

【長谷工マンションミュージアムの概要】
■開始日
■場  所:東京都多摩市鶴牧3-1-1 長谷工テクニカルセンター 本館2階
■アクセス:京王相模原線「京王多摩センター駅」・小田急多摩線「小田急多摩センター駅」(徒歩約12分)、多摩モノレール「多摩センター駅」(徒歩約10分)
■開館日:月~金曜日、第1・3・5土曜日
■休館日:第2・4土曜日、日曜・祝祭日、夏季休暇、年末年始休暇
■開館時間:10時00分~17時00分
■見学時間:10時/11時/13時/14時/15時(1日5回)
■見学人数:1回8名様まで(4名未満グループの場合は、他グループと合同見学となる場合があります)
■入館料:無料
■対象年齢:小学校5年生以上
■駐車場:あり
■見学方法:事前予約制(予約受付専用フリーダイヤル:0120-808-385)
※ご見学はスタッフがご案内いたします。注意事項等の詳細はホームページをご覧ください。
■ホームページ:http://www.haseko.co.jp/hmm/guide/

[長谷工マンションミュージアムの展示(左:「はじまりの物語」(360°シアター)、右:「まるごとマンションづくり」)]
Get ADOBE® READER®
PDFファイルをご覧いただくためには、
Adobe Readerが必要です。